雪目
2013年12月30日 (月) | 編集 |
寒い日が続いていて、今後、スキーやスノーボードに行かれる方も多いのではないでしょうか 
楽しんで滑る為にも、気をつけてほしい事があります
 
それは雪目(雪眼炎)になってほしくないという事です
 
 スキーや雪山登山をする際にゴーグルやサングラスをかけていないと、雪面による太陽光の反射により“角膜”という黒目の部分に炎症を起こします
この病気は紫外線が原因であり、長時間強い日射しの中で過ごした後や電気溶接作業をした後にも同様の症状が起こります 
 
 その結果、目が痛い、充血する、まぶしい、涙が止まらないといった症状になります。スキーをしている時は症状がなく、夜になって急に目が痛み出し、目が開けられなくなるので、あわててしまうことが多いのです

 雪目にならない為には、目にも紫外線対策が必要になります。帽子をかぶり、UVカット加工したゴーグルやサングラスを必ずかけるように心がけましょう。また、太陽光、溶接の火花、殺菌灯を直視しないように気をつけましょう




近視・遠視・弱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。

だるまの目
2013年12月27日 (金) | 編集 |
IMGだるま
もうすぐ、お正月ですね

お正月の神社等でみられるだるまの目の入れ方についてお話し致します

「だるま(達磨)」は、仏教の一派である禅宗開祖の達磨の坐禅姿を模した置物

または玩具で、現在では禅宗のみならず宗教、宗派を越え縁起物として広く

親しまれています

多くは張子(はりこ)で製作されていて、目の部分は書き入れずに空白のままに残し

そして何らかの祈願を行い、祈願が叶うと目を書き入れるという習慣があります

だるまはご祈願いただく際に、片目をいれ、「開眼」させるのがならわしとなっています

だるまの左目(向かって右)より目を入れ、願い事が成就したら、右目(向かって左)描き入れてください

目は大きく入れますが、黒目の中央は白く少し残して、生き目とします

願い事がかなったら、感謝を込めて右目(向かって左目)を入れます

だるまの有効期限は1年です。1年の間に両目が入れられたら

翌年には今までのだるまより大きなだるまにして年々大きなだるまに

なっていけば幸福になると言われています

両目が入れられなかった場合は、1年が経てば納め

同じ大きさのだるまを新たに買って成就を願うのです

叶わなかった場合、目を入れる、入れないは、所により異なるようです

だるまは、買ったところの「だるま納め所」に納めますので、

その際にお尋ねになるのが一番良いです

【豆知識】

だるまを飾る方位も関係し、南向きが最適といわれています

玉座(王様や殿様の座る場所)は太陽の南中にあわせて南に向き

太陽は東から出て西に沈むので南に向って東は左側になり左目(向って右目)から入れます (三)

近視・遠視・弱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。


高校生の65%、視力1.0未満 ゲームやスマホ影響?
2013年12月23日 (月) | 編集 |
20131213-00000039-asahi-000-1-view.jpg


子どもたちの視力の低下がとまらない。

文部科学省が13日付で発表した今年度の学校保健統計調査によると、

裸眼視力1・0未満の割合は、高校生で65・8%と初めて65%を突破し、

現在の形で調査するようになった1979年以来最多となった。

学校保健統計調査-平成25年度はここから見れます!

中学生(52・8%)、小学生(30・5%)はいずれも、過去最多だった

昨年度に次いで2番目の多さだった。

文科省は「科学的に立証されているわけではないが、ゲームやスマートフォンなどの

影響が考えられる。

周囲との明暗差が大きい小さな画面を長時間見て目に負担がかかっているのでは

ないか」としている。

調査は毎年、満5歳~17歳を対象に実施。全国の幼稚園、小中高校で4~6月に

実施した健康診断の結果から抽出して集計した。


何事も早期発見、早期対応は大切です。

少しでも視力低下が気になりだしたら、先ずは視力回復見込みチェック

受けてみては?

初期の近視であれば回復も早いですよ~!(たま)



近視・遠視・弱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。




目の乾燥に気を付けて
2013年12月18日 (水) | 編集 |
寒さがだいぶ厳しさを増してきました。

自宅や職場で暖房をしているとき、冬の空気は

乾燥しています。

ですから温度が上がると、より湿度が低くなり

空気の乾燥が増してしまいます。

コンタクトレンズを装用している人は、

特に注意が必要です。

空気が乾燥した職場でパソコン作業を長時間

すると、瞬きの回数が減ることにより涙の循環が

行われなくなくなるうえ、空気の乾燥により目の乾燥

度が増します。

するとコンタクトがゴロゴロしたり、目に貼り付いた

感じになったり、最悪目にキズを付ける可能性も

あります。

解消法として、加湿器を設置したり、30分に一度は

休憩を入れて目を休ませたり、涙に近い目薬をこまめ

に点眼すると良いでしょう。(井)
動物のドライアイ
2013年12月16日 (月) | 編集 |
人間のドライアイについてはご存知と思いますが、動物にもドライアイが
起きるのを知っていますか。

人間のドライアイの場合、多くはPCの作業や、ゲーム等による目の酷使により
涙をつくり出す動作である“瞬き”が少なくなってしまい起きます。
しかし動物はPCも、ゲームも当然しませんので、人間のドライアイとは性質が
違ってきます。

動物といっても主に犬や猫のドライアイのことですが、涙を分泌する涙腺の分泌細胞の
機能そのものが低下してしまう病気です。一番根本となる涙の分泌量が色々な原因により
減少してしまう病気ですので、瞬きの回数を増やしても改善することのない、やっかいな
ものなのです。
猫よりも犬での発生が多く、シーズー、パグ、ペキニーズは他の犬種よりも発生率が高い
ようです。


ドライアイの種類をあげてみますと

・免疫介在性疾患:免疫システムの異常で、免疫細胞が自己の涙腺の細胞を非自己(異物)と
 間違って認識してしまい、自分の涙腺細胞を破壊してしまうことにより、起こるドライアイ。
 犬のドライアイの中で、一番多い原因です。

・全身性疾患:例えばジステンパーウィルスに犬が感染するとドライアイが起きる事が
 あります。ジステンパーウィルスが全身に感染したうちの1つとして涙腺細胞に感染
 すると、涙腺の分泌機能が低下してしまいます。ジステンパーの回復に伴い、涙腺分泌
 機能が回復するケースがあります。

・神経性障害:涙の分泌に関係する神経細胞が冒されたり、あるいは瞬きをするための
 神経(顔面神経)が冒されたりすると、ドライアイが起こることがあります。

・慢性眼瞼結膜炎:眼瞼炎(まぶたの炎症)や結膜炎等を慢性化させてしまうと、涙腺
 組織にも炎症が広がり、涙腺の分泌細胞の機能が低下してしまうこともあります。



犬 01a


以上、
マスダ動物病院さんの、「知って得する動物の病気の豆知識」を参考にさせていただきました。(植)



近視・遠視・弱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。

飛蚊症
2013年12月13日 (金) | 編集 |
皆さんは飛蚊症という目の症状についてご存知ですか?


具体的な症状としては、目の前に小さな浮遊物が飛んでいるように見えます。
形状は、糸状のもの、小さな粒、丸い輪のようなものが一般的で、色は黒や白、
半透明のものもあります。
特に明るい場所ではっきりと見え、視線を変えても浮遊物は一緒に移動してきます。
目をこすっても変化がなく、消えることがないので、気になって仕方がない方もいるでしょう。


このような症状が気になる方は、まず眼科を受診し、生理的なものか病的なものかの診断を受けましょう。
生理的な飛蚊症の場合は、特に治療法はなく、老化やストレス、目の酷使が主な原因となります。


目は光を受け、その光を通して網膜に映像を結びます。このときに浴びる有害な紫外線が目の中に入ると、
硝子隊の中に活性酸素が発生し、組織中のタンパク質や脂質が酸化されます。
その酸化物が組織内に蓄積し、硝子体が変形して水垢のようなものがたまって目が濁り、ゴミのような浮遊物がちらつくのです。
若い時や体の免疫機能が正常の時は、活性酸素を分解する酵素が分泌されて酸化を防いでいますが、老化やストレスなどにより酵素の分泌量が減少すると、このような症状が起こります。


対策として、外出時には日光による紫外線から目を守るために、UVカットのサングラスの着用をお勧めします。
サングラスはなるべく色の薄い方が、瞳孔が開かないので良いかと思います。
また、紫外線を発するテレビやパソコン画面の利用時間を減らしましょう。



食生活を見直し、必要とされる栄養素を積極的に摂取することも重要です。
ビタミンやルテイン等を多く含む緑黄色野菜、アントシアニンを含むブルーベリー、大豆レシチン等を
積極的に摂るよう心がけましょう。


生理的飛蚊症は毎日の心がけ次第で予防も改善も出来ますので、
皆さんの大切な目を守るために、気を配ってみて下さいね。(ゆ)
消費者庁より レーシック手術の注意情報
2013年12月11日 (水) | 編集 |
平成25年12月4日
消費者庁独立行政法人国民生活センターは、レーシック手術について下記の注意を呼びかけています

レーシック手術を安易に受けることは避け、リスクの説明を十分受けましょう!

-希望した視力を得られないだけでなく、重大な危害が発生したケースもあります-


内容 (消費者庁HPより抜粋)

事故情報データバンク1には、レーシック手術2を受けて危害が発生したという情報が
80 件寄せられています(平成25 年11 月8日までの登録分)。発生している症状は、
過矯正による遠視が最も多く、それに伴う頭痛や吐き気等の体調不良により日常生活
に支障を来しているケースがみられます。また、乱視、光をまぶしく感じる、
ドライアイ、目の痛みなどの症状が発生しているケースもあります。

レーシック手術については、ハロー・グレア3や不正乱視4、ドライアイなど、手術後
に様々な合併症が起こり得ることが知られていますが、手術による様々なリスクに
ついて医療機関から十分に説明を受けていないおそれのある消費者もみられます。
また、消費者がレーシック手術を受けるきっかけとなった情報の約4割は医療機関
がインターネットで発信する情報(医療機関のウェブサイト及びインターネット広告)
でしたが、これらの情報の一部には、関係法令に抵触するおそれがあるものもみられ
ました。
レーシック手術を検討する際は、安易に手術を受けることは避け、インターネット
等から得られる情報を十分に吟味しましょう。また、手術を受ける際は、リスクに
ついて医療機関から十分な説明を受けて理解した上で、本当に手術が必要かどうか、
よく検討する必要があります。


これに対して本眼科学会では、平成22年に、手術をする医師向けに
「屈折矯正手術のガイドライン」を作成しました。
このガイドラインを中心に、消費者の方々への注意点を解説しています

ガイドライン

(1)手術を行う術者について

ガイドラインでは、術者は眼科専門医で、日本眼科学会が指定する屈折矯正手術講
習会を、5年に一回は受講する必要があるとしています。

(2)患者さんの手術適応

屈折矯正手術が検討の対象となるのは、
屈折異常(近視や遠視、乱視)があり、眼鏡やコンタクトレンズの装用が
困難な場合又は何らかの特別な理由がある場合に限ります。
屈折矯正手術の長期的な予後についてはまだ不確定な部分があり、また正常な
目を切開して削る手術であることから、適応の判断は慎重に行う必要があります。
特に、眼鏡やコンタクトレンズでの矯正でそれほど不便を感じていない場合には、
くれぐれも慎重に適応を考えるべきです


(3)年齢と矯正量

18 歳以上が適応となります。なお、未成年者は親権者の同意を必要とします。
近視の矯正量は原則として6Dを限度とします。ただし、何らかの医学的根拠を
理由としてこの基準を超える場合は、十分なインフォームド・コンセントのもと、
10Dまでの範囲で実施することとします。
ただし、近視が強いほど角膜を削る量も大きくなりますので、術後の視機能を
考えた場合、一般に強い近視に対する手術は勧められません。
遠視と乱視の矯正については、矯正量の限度は6Dとなっています。

(4)過矯正を避けること

矯正量が多過ぎると、術後に様々な問題が生じる可能性があります。特に近視の
場合、矯正し過ぎて術後に遠視になってしまうと、眼精疲労や近見障害などが問題に
なることがあります。矯正の目標として、裸眼視力1.2 や1.5 を目指すのではなく、
やや控えめの視力目標を設定した方が、こういった問題を避けることができます。
特に40 歳代以上の方は調節力が衰えてきていますので、
御自分で思われている以上に、術後に眼精疲労や近見障害の症状が強く出ることが
あります。

(5)実施が禁忌とされる場合

①円錐角膜、②活動性の外眼部炎症、③白内障(核性近視)、④ぶどう膜炎や強膜
炎など活動性の炎症、⑤重症の糖尿病やアトピー背疾患、免疫不全疾患、
⑥妊娠中又は授乳中、⑦円錐角膜疑い

(6)実施に慎重を要するもの

①緑内障、②結合組織疾患、③ドライアイ、④向精神薬の服用、⑤角膜ヘルペスの
既往、⑥屈折矯正手術の既往

(7)術前検査

屈折矯正手術の適応であるか否かについて評価するために、術前に様々な検査を行
います。特に、角膜が薄い場合(角膜厚が小さい)は、レーシックの適応にならない
こともありますので、注意が必要です。

(8)術後合併症とインフォームド・コンセントについて

ハロー・グレア、不正乱視、ステロイド緑内障、ドライアイなどの術後合併症が
知られています。手術前に、可能性のある合併症と問題点について十分に説明を受け、
理解・同意しておく必要があります。ハロー・グレアや、ドライアイは、術後長期間
持続することもあります。
また、眼鏡やコンタクトレンズといった既に確立した安全な矯正方法があること、
軽度の近視は老視になったときに有利であること、レーシックによって削った角膜は
元に戻らないことなど、レーシックのデメリット面も理解しておく必要があります。


当センターの視力回復トレーニングは安全です
レーシック手術を考える前に是非、当センターの視力回復見込みチェックにお越しください☆
(ち)


近視・遠視・弱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。

感謝祭と視力回復
2013年12月09日 (月) | 編集 |
 12月に入り、寒さもどんどん増してきましたね。
イベントも多いこの時期1大イベントであるクリスマスを前に今からワクワクしている方も
多いのではないでしょうか
 そんな中、先月11/28日の木曜日にアメリカで行われたとある行事を
ご存知でしょうか?
 その行事は後に、視力回復方法の1つとして多くの方に知られることとなるある術式
生み出すきっかけになります。

☆感謝際(Thanksgiving Day)☆
 毎年11月の第4木曜日に催されるこの行事は、イギリスからアメリカの植民地に
移住したピルグリム達が、新たな土地での初めての収穫を神に感謝したことが
由来とか。
 現在は各家庭でメインディッシュにロースト・ターキー(七面鳥)を食べるのが風習と
なっており、1981年の感謝祭ではこの食べ残しである七面鳥を用いてある実験を行った
学者達がいました。

☆その実験とは・・・☆
 エキシマレーザーと呼ばれる、それまで半導体の基板加工などの工業的な用途に
のみ使用されていた、熱を発生させないレーザーを用いて生物である七面鳥の肉や骨、
軟骨などに照射するというもの。
 結果は、照射した部位以外の細胞に損傷を与えることなく目標部位のみきれいに
切りとることに成功。
 刃物を使用しなくても、切り取りが可能となるレーザー技術の可能性が見つかった
瞬間でした。

 もうお気付きの方もいるかもしれませんが、これが後に広く普及することになる
「LASIK(レーシック)」
の始まりだったのです。
  
 日本でも2000年から普及しているレーシック。
快適さを求めて施術を受ける方も年々増えていますが、目を手術することには変わり
ない為、そこにはメリットデメリットが存在します。
ネットやニュースなどで術後の後遺症を耳にしたことがある方も
いるのではないでしょうか。
 レーシックを受けようかと考えている場合は、メリットばかりに目を向けるのではなく、信頼できる医師・病院を見つけ、それによりもたらされる合併症などのデメリット部分も予め認識しておく必要があります。

 数多くある視力回復方法の中から自分自身にあったものを見極め、
最後には納得のいく選択ができると良いですね(石)

近視・遠視・弱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。

ICT教育
2013年12月06日 (金) | 編集 |
2011年度の調査では、公立学校のコンピューター1台当たりの児童生徒数は
6.6人。電子黒板は、前年度比約2割増の7万3377台が導入されています。
政府は2019年度までに、全ての児童生徒に情報端末を配備する計画を
打ち出しています。

1人1台ずつ配布されたタブレット端末に、教師が問題を無線LANで一斉送信。
児童生徒が端末に書き込んだ答えは、壁一面に大きく映し出すことが出来たり、
授業の内容に応じて動画を配信したり、カリキュラムを進めていくなど
まさに【未来の教室】です。

義務教育段階からICTを活用することで、授業が分かり易くなり、
学習への興味、関心を高められるという点では良いのかもしれませんが、
身体や眼、コミュニケーション能力への影響が懸念されるところです。
果たして、成長期の子供の身体に対し、長期的にタブレット端末や
パソコン等を用いて、影響が無いと言い切れるのでしょうか…。


様々な意見や見解はあるのでしょうが、
私個人の意見は、健康面や成長面に於ける安全面が保証されるまでは
導入に『待った』をかけたいところです。(増)

近視・遠視・弱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。

冬の目の病気
2013年12月04日 (水) | 編集 |
皆さんスキ-・スノボシ-ズンがやってきましたね!
今回はスキ-場での紫外線対策をのせたいとおもいます。

雪眼炎という目の病気があるのをご存知でしょうか?
この病気は目の表面が紫外線によって傷つけられ起こるもので
別名雪目ともいわれます。

≪意外と知らない?対処法≫

★夏よりも冬に注意が必要!
夏の海水浴の方が日光が強く紫外線量が多いと思われがちですが
冬のスキ-の方が雪面からの反射の影響で約2.5倍も目に浴びる
紫外線の量が多いといわれています。
標高の高いスキ-場はより紫外線が強いので特に注意が必要です。


★紫外線の影響で目の手術!?
雪眼炎は通常数日で回復する病気ですが、目に繰り返し紫外線を浴びると
白目が黒目に被ってくる翼状片という病気になることがあります。
目に異物感を感じたり、悪化すると視力に影響したりします。
手術をしても再発を繰り返すことがあり、病気にならないよう
予防する事が大切です。


★帽子では目に浴びる紫外線を防止できない!?
雪面から反射する紫外線を帽子では防ぐ事はできません。
サングラスをかける必要があります。
ただしレンズが小さく、顔との隙間ができてしまうものは
効果が十分ではありませんので、必ずゴ-グルを使用してください。
(むら)


近視・遠視・弱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。



正しい視力って???
2013年12月02日 (月) | 編集 |
視力は測り方ひとつで結果が異なります。
学校、眼科、メガネ店など・・・・

これはたまたま見かけた論文だが、ある市の幼稚園・保育園での視力検査では5mの距離で0.1の指標を4方向見せ、3方向以上答えられたら、0.3に。同様に3方向以上答えられたら、0.7 → 1.0へと進んでいく。

測り方にケチをつける訳ではないが、大きいのから小さいのへ進むと目が指標に慣れてきてしまい、見やすくなってしまう懸念がある。
もうひとつ、1段の指標大きさがかなり違い、正確な視力がわかりにくいと思う。

しかも、A(1.0以上)・B(0.7以上)・C(0.3以上)・D(0.2以下)で結果が伝えられる。
果たしてそれでいいのだろうか。
私が小学生だったときのように、0.5、0.8など具体的に結果を出してあげることで、親たちの視力に対する危機感の持ち方がかわるのではないか。

正しい視力って、いったい何だろうか。(森)

近視・遠視・弱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。