FC2ブログ
消費者庁より レーシック手術の注意情報
2013年12月11日 (水) | 編集 |
平成25年12月4日
消費者庁独立行政法人国民生活センターは、レーシック手術について下記の注意を呼びかけています

レーシック手術を安易に受けることは避け、リスクの説明を十分受けましょう!

-希望した視力を得られないだけでなく、重大な危害が発生したケースもあります-


内容 (消費者庁HPより抜粋)

事故情報データバンク1には、レーシック手術2を受けて危害が発生したという情報が
80 件寄せられています(平成25 年11 月8日までの登録分)。発生している症状は、
過矯正による遠視が最も多く、それに伴う頭痛や吐き気等の体調不良により日常生活
に支障を来しているケースがみられます。また、乱視、光をまぶしく感じる、
ドライアイ、目の痛みなどの症状が発生しているケースもあります。

レーシック手術については、ハロー・グレア3や不正乱視4、ドライアイなど、手術後
に様々な合併症が起こり得ることが知られていますが、手術による様々なリスクに
ついて医療機関から十分に説明を受けていないおそれのある消費者もみられます。
また、消費者がレーシック手術を受けるきっかけとなった情報の約4割は医療機関
がインターネットで発信する情報(医療機関のウェブサイト及びインターネット広告)
でしたが、これらの情報の一部には、関係法令に抵触するおそれがあるものもみられ
ました。
レーシック手術を検討する際は、安易に手術を受けることは避け、インターネット
等から得られる情報を十分に吟味しましょう。また、手術を受ける際は、リスクに
ついて医療機関から十分な説明を受けて理解した上で、本当に手術が必要かどうか、
よく検討する必要があります。


これに対して本眼科学会では、平成22年に、手術をする医師向けに
「屈折矯正手術のガイドライン」を作成しました。
このガイドラインを中心に、消費者の方々への注意点を解説しています

ガイドライン

(1)手術を行う術者について

ガイドラインでは、術者は眼科専門医で、日本眼科学会が指定する屈折矯正手術講
習会を、5年に一回は受講する必要があるとしています。

(2)患者さんの手術適応

屈折矯正手術が検討の対象となるのは、
屈折異常(近視や遠視、乱視)があり、眼鏡やコンタクトレンズの装用が
困難な場合又は何らかの特別な理由がある場合に限ります。
屈折矯正手術の長期的な予後についてはまだ不確定な部分があり、また正常な
目を切開して削る手術であることから、適応の判断は慎重に行う必要があります。
特に、眼鏡やコンタクトレンズでの矯正でそれほど不便を感じていない場合には、
くれぐれも慎重に適応を考えるべきです


(3)年齢と矯正量

18 歳以上が適応となります。なお、未成年者は親権者の同意を必要とします。
近視の矯正量は原則として6Dを限度とします。ただし、何らかの医学的根拠を
理由としてこの基準を超える場合は、十分なインフォームド・コンセントのもと、
10Dまでの範囲で実施することとします。
ただし、近視が強いほど角膜を削る量も大きくなりますので、術後の視機能を
考えた場合、一般に強い近視に対する手術は勧められません。
遠視と乱視の矯正については、矯正量の限度は6Dとなっています。

(4)過矯正を避けること

矯正量が多過ぎると、術後に様々な問題が生じる可能性があります。特に近視の
場合、矯正し過ぎて術後に遠視になってしまうと、眼精疲労や近見障害などが問題に
なることがあります。矯正の目標として、裸眼視力1.2 や1.5 を目指すのではなく、
やや控えめの視力目標を設定した方が、こういった問題を避けることができます。
特に40 歳代以上の方は調節力が衰えてきていますので、
御自分で思われている以上に、術後に眼精疲労や近見障害の症状が強く出ることが
あります。

(5)実施が禁忌とされる場合

①円錐角膜、②活動性の外眼部炎症、③白内障(核性近視)、④ぶどう膜炎や強膜
炎など活動性の炎症、⑤重症の糖尿病やアトピー背疾患、免疫不全疾患、
⑥妊娠中又は授乳中、⑦円錐角膜疑い

(6)実施に慎重を要するもの

①緑内障、②結合組織疾患、③ドライアイ、④向精神薬の服用、⑤角膜ヘルペスの
既往、⑥屈折矯正手術の既往

(7)術前検査

屈折矯正手術の適応であるか否かについて評価するために、術前に様々な検査を行
います。特に、角膜が薄い場合(角膜厚が小さい)は、レーシックの適応にならない
こともありますので、注意が必要です。

(8)術後合併症とインフォームド・コンセントについて

ハロー・グレア、不正乱視、ステロイド緑内障、ドライアイなどの術後合併症が
知られています。手術前に、可能性のある合併症と問題点について十分に説明を受け、
理解・同意しておく必要があります。ハロー・グレアや、ドライアイは、術後長期間
持続することもあります。
また、眼鏡やコンタクトレンズといった既に確立した安全な矯正方法があること、
軽度の近視は老視になったときに有利であること、レーシックによって削った角膜は
元に戻らないことなど、レーシックのデメリット面も理解しておく必要があります。


当センターの視力回復トレーニングは安全です
レーシック手術を考える前に是非、当センターの視力回復見込みチェックにお越しください☆
(ち)


近視・遠視・弱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。