FC2ブログ

視力0.1以下の選手が裸眼でサッカーに挑戦する「U-0.1選手権」

サッカーのテクニックと視力には一体どれくらい関連性があるのでしょう? 
視力0.1以下の選手にあえて裸眼でプレイしてもらう「U0.1選手権」という
動画が公開されています。
試合前には普段の華麗なプレイ映像とともに「フットボールは感覚でプレイ
するもんだろ」「俺を誰だと思ってるんだ?」と自信満々の選手たちですが……。

続きを読む

テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

利き目とは?

「利き手」や「利き足」のように、目には「利き目」というのがあります。

これは簡単に知ることができます。


利き目とは手や足と同じように、よく使う側を利き目といいます。

人は、利き目を軸とし、もう片方の目で利き目を補いながら立体的に物を見ています。

利き目は、普段は意識せずに使っていますが、スポーツなどで意識的に使う場合もあるそうです。


利き目はよく使う側なので、見ることに慣れています。

たとえば、野球でバッターボックスに立つ場合、利き目をピッチャー側に向けてボールを見ると、

ボールの動きが追いやすいそうです。

フィギュアスケートでは、利き目側に回転するとよいそうです。

他にも、ダーツなどものを狙って見るときには、 利き目で見ると良いといわれています。
      


利き目の調べかたは下記の通りです。

1. 数メートルほど離れた物(時計など)を、よく見てください。

2. 見続けながら、見ているものを指さしてみてましょう。
(指には焦点が合っていませんので、2本にぼやけて見えるはずです。)

3. この状態で、片目ずつ交互に閉じたり開けたりしてみましょう。

片方の目は、しっかり見ているものを指さしていて、

もう片方の目は少しずれた方向を指さしていますね。

しっかり指さしているほうの目が“利き目”です。       


ではなぜ、利き目があるのでしょう?

これは、人類の進化と脳が関係しているのではないかという仮説が考えられています。

考古学のデータから推察すると、5000年前の人間は、右利きが9割だったようです。

時代をさかのぼり、 200~250万年前の原人類では、石器の作りから推察すると、

右利きが59%なのだそうです。

人類の進化をもっとさかのぼるために サル・チンパンジーを研究すると、

50%が右利きで、50%が左利きだそうです。

人類が進化するなかで、なぜ、右利きが多くなったのでしょうか。

次のような説が考えられています。

私たちがものを見たり、 手を動かしたりするとき、動かすほうの反対の脳が指令を出します。

たとえば、右手を動かすときは、左脳から指示がでます。

しかし、言葉をつかさどる「言語野」は、脳の左半球にあります。

進化のなかで、人類は、言葉を話すことを覚えました。

また、使う道具も進化し、洞くつに住む生活から、家を建てたり、

ピラミッドのような大きな建造物を作るようになりました。

複雑な道具を使い、協力して作業をするには、頭の中で考え、

仲間に伝えるために言葉にする必要がありました。

この、言葉と道具の発達により、言語野のある左脳が強化された結果、

右手の運動能力が高まったのではないかと考えられています。

そして、目も、手と同じ理由で、右のほうが利き目となる割合が

高くなったのではないかと考えられています。


では、左目が利き目だったり、左手が利き手の人はどうなのでしょうか。

右脳は、空間的、音楽的、情緒的情報処理にすぐれているといわれています。

左利きの天才は、芸術分野に多いといわれていますので、

芸術的な才能がある方が多いのかもしれませんね。(井)


※参考文献:「左右学への招待」 西山賢一著、風濤社


近視・遠視・弱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。

動物は悲しいと涙を流すのか?

結論から言えば「猫や犬、動物は悲しくて涙を流すことは無い」という事らしいです。

人間が涙を流す場合、まずは涙と感情との関係では、<感情が関係がある>場合と
<関係ない>ものがあります。
また涙の種類には、
<基礎分泌による涙>=目を保護し、栄養分と酸素を供給する涙
<刺激による涙>=ゴミなどから目を保護するための涙
<感情による涙>=嬉しい時や悲しい時などに出る涙
が挙げられ、
そして涙が出るメカニズムは、目の玉の上の方の外側に、涙を作る涙腺というものがあり、
この涙腺には自律神経があり脳とつながっており、自律神経に脳から命令があると、涙が
出てくる仕組みになっています。

上記で書いたように涙には<基礎分泌><刺激><感情>による3つの種類があり、
感情により流す涙は「情動分泌」と呼ばれ、大脳辺縁系に発生した「情動反応」が自律神経を
伝わって涙の分泌を促します。
また<基礎分泌>と<刺激>の成分と、<感情>による涙の成分には違いがあり、感情の涙には
ストレス反応により分泌されるホルモンの一種である副腎皮質刺激ホルモンが含まれています。

すなわち感情により涙を流す行為は、「感情の昂りにより体内に生じたストレス物質を排出する
ため」と言えます。
感情による涙を流したあと気分が良くなるのは、ストレス物質が涙の中に溶けだし流れ出るからで
人間は泣いて涙を流すことでストレスを発散しているのです。
(なお、笑うことでも涙が出ますが、これはストレスとは関係がなく、単に笑うときの表情が
涙腺を圧迫するためで、あくびをした時に出る涙も同様です。)

そして動物(哺乳類)は人間と同じように大脳辺縁系が非常に発達しているので、豊かな感情を
持ちますが、この感情が涙と繋がっているのは人間だけで、感情によって涙を流す=「情動分泌」
という生理反応は、現在までに人間以外の動物ではひとつも確認されていません。
つまり、動物の中で「感情の涙」を流すことのできるのは我々人間だけという訳です。 (植)



近視・遠視・弱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。

犬の目

 私事ですが、最近柴犬を飼いはじめ、その愛くるしいしぐさや、つぶらな瞳に癒されています。

「犬は、動物の中で唯一人間と目を合わせることができる動物である。」

と何かで読んだことがありますが、確かに目と目が合うと、心が通じ合っているかのように感じます。

・・・いや、本当にそうなのかしら?? そう思っているのは人間だけ?

という疑問が湧いたので、調べてみました。

 まず、視力ですが、犬種によって異なるようです。

例えば、アフガンハウンド、グレーハウンド、ボルゾイなどの視覚猟獣犬は、

遠くまで見渡せる正視眼を持っていると言われています。

それ以外の一般的な犬種は、ほとんどが近視で、人の視力で表すと0.2~0.3程度だそうです。

というのは、眼球のレンズの役目をしている水晶体の厚さが、人間は約4㎜に対して

犬は8㎜もある上に、ピントを合わせる力が弱いので、レンズの調節が上手くできないからです。

その代わり、動きのある物を見る動体視力に優れ、動くものには敏感に反応します。

よく、犬は逃げると追いかけてくるというのは、そういった理由からなのですね。


 次に視野についてですが、犬は目が離れて頭の左右についているので、

片目ずつで見られる範囲が広く、約250~290度もあります。

ただ、目が離れているのと鼻先が邪魔をするので、両目で見られる視界が狭いため、

奥行や距離感を正確に捉えて立体的に物を認識するのが苦手のようです。

 さらに、近年の研究で、青、紫、黄色は見えていることが分かり、赤は認識できないとされているようです。

実際にどのような色で見えているのかは正確には解明されていませんが、

私達が見ている世界とは大分異なっているようですね。


 以上のことを考え合わせると、至近距離で私を見つめるあのつぶらな瞳には、私のことは、はっきりとは

移っていなかったという結論に達し、しばらく落ち込みましたが、視覚よりも数段優れた聴覚と嗅覚に

よって、必ずや私を認識してくれていると思います!

皆さんも他の動物の目について調べてみると、何か新しい発見があって面白いかもしれませんね。(ゆ)



近視・遠視・弱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。






昔の人々の予防法

 視力回復や疲れ目など目の悩みは人それぞれ。
その悩みにこたえるかの様に、現在では様々な医療技術が発展し存在しています。
 それでは、まだそんなに目に関する医療が発展していなかった時代の人々はどうしていたのでしょうか。薬?それとも他に何か方法が??

 現代に比べ、日本には目に関する悩みを持つ人がはるかに多かったそうです。
これは度重なる栄養失調や不衛生な環境など原因は様々。
そんな中、江戸時代以前から民間療法の1つとして、全国的に知られていたとある植物があります。その植物の樹皮や葉を煎じてできた汁で目を洗う事が眼病に効くと言われていたのです。

 ☆メグスリの木☆
 その名の通り目の病に良いとされ、かすみ目が改善し千里先まではっきり見えたという逸話から別名「千里眼の木」「長者の木」とも呼ばれています。
カエデ科の落葉樹で、驚く事に日本だけに生育する唯一の木なのだそうです。
効能は、疲れ目/かすみ目/視力回復/目のかゆみなど。
毎日この煎じ汁での洗眼やお茶代わりに飲む事で昔の人々は眼をケアしていたんですね。

西洋医学の発展と共に、その存在が薄れてきた面もありますが、今もなお飴や健康茶、サプリメントなど数多く商品化され親しまれています。肝臓にも良いとされるメグスリの木。興味がある方は是非1度探されてみてはどうでしょうか。(石)


近視・遠視・弱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。

浮島現象

ukishima1.jpg

冷え込みが厳しくなってきた今日この頃、
日本各地で岩礁が海面から浮いて見える「浮島現象」が起きています。

浮島現象は蜃気楼(しんきろう)の一種で、冷たい大気と温かい海水が接する辺りで、
光が強く屈折して起きる自然現象です。(島浮きや浮景とも呼ばれます)


この時期海に行った際、が良ければ
光の屈折が生んだ不思議な現象が見られるかもしれませんね。(増)


近視・遠視・弱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。



それはファンヒ-タ-に原因!?

冬はハウスダストでアレルギ-性結膜炎を起こす人が多い時期です。


ファンヒータ―でアレルギ-を起こす!?

病名はアレルギ-性結膜炎。
原因は花粉ではなくハウスダストなのです。
エアコンやヒータ―の温風により床のほこりが舞い上がり
冬は寒くて喚起もしませんので、ほこりが目や鼻に入るのです。

さらにエアコンやヒータ―の温風にあたるところにはダニが
繁殖しやすくなるので、その繁殖したダニも温風により
ほこりとともに舞い上がり目や鼻の中に入ってしまいます。




対策として

★ファンヒ-タ-の周りにはカ-ペットなどを敷かない。

★温風のあたるカ-テンには布ではなくロ-ルカ-テンにする。

★布団で寝るよりもベッドでねるようにする。

★空気清浄器を24時間つけておく。(とくに寝室)



毎年、冬になり暖房を入れ始めてから目がかゆくなったり
鼻水が出るような人は、ヒータ―などの暖房機器によるものかもしれません!
なのでもう一度暖房機器周辺の環境を見直してみて下さい。(むら)



近視・遠視・弱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。

テーマ : 健康生活:病気・治療法
ジャンル : ヘルス・ダイエット

乾燥に注意!!

冬 になると、「お肌の乾燥が気になる!」という人は多いですよね。ただし、乾燥しているのはお肌だけではありません。目も乾いているのです。

冬 は、乾燥がさらに進んでしまい目の疲れを自覚しやすくなります。乾燥が長時間続いてしまうと、角膜が傷ついて視力の低下を伴うことに。

冬 の乾燥を防ぐためには、定番ですがやはり加湿器が必須。暖房だけをがんがん効かした部屋は湿度が低下してしまいます。目にとっても、お肌や健康管理上もよい状態ではありません。

オフィスに置くのはちょっと……という方におすすめなのが、机の上に置けるタイプの小さな加湿器。ペットボトルが使えるのでかんたんです。小さくても目や肌の乾燥 は断然に減ります!

次に必要なのが目薬。乾燥して少なくなった涙液を点眼薬で補給しましょう。

このとき、薬局の薬剤師さんに相談して、防腐剤の入っていないタイプの目薬を選びましょう。

外出時や、仕事中など、上手に目薬を使って乾燥を防いで、目 の疲れを予防してくださいね!(森)

近視・遠視・弱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。

黄斑変性症

皆さんは『黄斑変性症』という眼病のことをご存知ですか?

黄斑変性症は、見ようとするものが歪んで見えたり、 中心部がぼやけて視界が狭くなる眼病です。
網膜にある毛細血管が目詰まりすると血液が流れなくなるため、 網膜細胞は酸素と栄養が不足し、新しい血管を作ります。
これが『新生血管』 と呼ばれ、黄斑変性症の原因となっているのです。

両目で見ていると気にならないことがあるので、検査の際は必ず片目ずつ確認します。
網膜から出血が多い場合は見え辛くなる範囲が大きくなり、 更に進行すると徐々に視力が低下してしまいます。
この『新生血管』という血管は生体反応で、正常の血管とは違い、 血管の壁がとても薄くすぐに破れて出血します。
出血した血液が網膜の中へ漏れると、網膜は『浮腫(ふしゅ)』という状態になり、視力が低下してしまうのです。

この『黄斑変性症』の治療にはレーザー治療などが主でしたが、あまり知られていない手段の1つとして『アバスチン注射』というものがあります。

『アバスチン (Avastin)』は商品名で、一般名は『ベバシズマブ(Bevacizumab)』といいます。
抗がん剤として作られ、がん組織に栄養や酸素を与える血管網の成長を妨げる薬です。
アバスチンはガン以外に、眼科領域で加齢性黄斑変性や糖尿病性網膜症の治療薬としても期待されているものです。
アバスチンを目の硝子体内に注射することで『新生血管』の発育を阻げ、黄斑浮腫を改善します。

目に注射するアバスチンは少量なので、大きな副作用は起きにくいとされていますが、全くゼロではないようです。

・白目にゼリー状のものができた(結膜浮腫)
・網膜色素上皮裂孔
・視力が急激に低下した
・血圧があがった
・数か月無月経になった

これらの症状がごくまれに副作用として確認されており、特に妊娠の可能性のある若い女性は要注意です。

今後、更に医療技術が向上し、眼病に悩める人たちが笑顔になれる日が来ますように(安)


近視・遠視・弱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。

目の錯覚

目は結構騙されやすいもの。



そんな錯覚や不思議な画像をご覧頂きましょう。(



元ネタはこちらのサイトです。



●上なのか下なのか?
d442d8bf.jpg



●馬は何頭いるでしょう?
dc56c6f4.jpg



●顔がいっぱい有ります。
063c93de.jpg



●数字?アルファベット?
704b7cb4.jpg



近視・遠視・弱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。



ブログランキング参加中!クリックしてね!



FC2ブログランキング

にほんブログ村 健康ブログ 視力・レーシックへ


人気ブログランキングへ

コンタクトレンズで目が充血

コンタクトレンズを装用していて目が充血するのはよくあることですが、実は単純な原因ではなさそうです。
いろんな原因の可能性を探りながら対策を見つけ、悩ましいその充血を緩和したいものですね。

外さずにつけっぱなしにすることを繰り返すと慢性充血に進展してしまう可能性があります。


コンタクト自体が原因のケース

(1)コンタクトレンズが汚れているため
使い捨てではないコンタクトを利用している場合洗浄は十分にしていますか?
また、洗浄の際には、必ず手指をよく洗い、コンタクトに汚れをつけないようにしましょう。
 
(2)コンタクトレンズの経年変化による劣化
コンタクトも長期間使えば機能が低下します。目にとってダメージが大きいのは酸素透過性が悪くなってしまうことです。
いつも新鮮な酸素を必要とする角膜をふさいでしまうことになります。
製品の質が変化してしまったら、買い替えをするしかありません。

(3)コンタクトレンズの経年変化による変形
長期間同じコンタクトを使い続けると、そのうちに形状が悪くなったり一部に欠けが生じてしまうことがありえます。
そうすると、目に負担がかかり目の充血をまねきます。その場合にはできるだけ早く買い替えをしましょう。


コンタクトの使い方による目の充血


(4)コンタクトを長時間装用しすぎた
夕方になると目が充血する、という方もよくいることでしょう。
やはりこの場合も目のヘルプのサイン。目に酸素や栄養が足りない証拠ですから、できるだけコンタクトをはずし、メガネなどを使いましょう。

(5)ドライアイを発症している、ないしは発症し始めた
比較的、コンタクトの利用者には目が乾きがちの人が多いように思われます。
そして、それがすでにドライアイという病気のレベルにまで進行している場合があります。
この場合は、眼科医の診断と治療にしたがいましょう。

(6)環境による悪影響に起因
コンタクト利用者が乾燥した室内に長くいて目が乾いた、エアコンの風に当たり続けて目が乾いた、紫外線にあたって目が焼けた、など、生活の場やレジャーにより、目に悪影響を与えた場合、目が充血します。

(7)目に感染が起こってしまった
なんらかの理由で目の表面に傷がついたり、細菌がはいったりして目に感染がおこった場合、目が充血します。


上記のような原因で目が充血するときはコンタクトを装用しないことが第一ですが、それでも充血がひかないときはできるだけ速やかに眼科で受診しましょう。(7)

近視・遠視・弱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。

眼の検査 種類と内容

★視力測定★
視力測定は、眼のものを見る能力を調べる最も基本的な検査です。
視力検査は誰もが学校や会社の健康診断、また免許証を取得するときなどに何度か体験していると思います。
測定の方法は、標準照度200ルクスの明るさの下で、
輪に切れ目を入れた「ランドルト環」と呼ばれる大小の絵図を5メートル離れた距離から見て、
輪の切れ目の位置を正しく答えられるかどうかで視力の能力を判定します。

視力には裸眼視力(眼鏡をかけない視力)と矯正視力(眼鏡をかけた視力)の2種類がありますが、
検査ではまず最初に裸眼で左右の目を交互に調べ、視力が1.0以上であれば正常と診断します。
1.0に満たないときはレンズを段階的に用いて矯正し、最終的に正常値を調べます。

視力検査を受ける前は、あまり眼を酷使しないことが大切です。特に徹夜明けなどの場合は、眼がかなり疲労し、生理的にも視力が落ちていることが考えられるので、正しい視力検査ができない恐れがあります。

★細隙灯顕微鏡検査★
細隙灯(さいげきとう)顕微鏡という装置によって眼球を観察する生体検査で、
眼科の検査の中では、視力、眼圧、眼底とともに、基本的かつ重要な検査です。

検査は、細隙灯というスリットランプからの細い光で眼球の各部を照らし、それを顕微鏡で拡大して見ます。結膜、涙点から角膜、前房、虹彩、瞳孔、水晶体、硝子体などの組織を観察し、肉眼ではわからない眼球内の異常を見つけ出します。
コンタクトレンズのフィッティング状態を調べるときにも使用することがあります。


★視野検査★
視野検査は物を見る範囲が正常に働いているかどうかを調べる検査です。網膜や視神経などの機能を正確に知ることができるので、視野の異常が考えられる網膜剥離や緑内障を診断する上で欠かせない検査です。

★眼底検査★
網膜疾患、視神経疾患などの眼の単独検査はもちろん、糖尿病、高血圧、高脂血症、脳内血流動態異常など全身疾患の合併症の病状までも把握することができます。眼底は全身のコンディションを敏感に反映するため、最近では人間ドックや健診の必須項目として取り入れられるようになっています。


★眼圧検査★
眼圧とは、眼の中の圧力のことです。眼圧検査は、眼球を外から押してみて、その押す力に対して眼球から押し返す力(内圧)を調べるものです。
最も普及しているのは、ゴールドマン眼圧計と呼ばれる角膜に接触するタイプですが、人間ドックなどでは、非接触タイプの空気眼圧計が用いられることが多いです。

★シルマーテスト★
シルマーテストは、涙の量を測定する、ドライアイを診断するために欠かせない代表的な検査法です。ドライアイは、涙の量が不足して起こる病気で、診断には涙液が正常に分泌されているかどうかを調べることが重要になります。

その他に…
★網膜電図(ERG)★
白内障の術前検査などに用いられます。

★神経線維層厚測定★
緑内障の変化を極めて初期の段階から診断することができます。(神)


近視・遠視・弱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。


動体視力を鍛えると日常にどんなメリットが?

動体視力を鍛える方法
毎日の生活の中で手軽に出来るトレーニングとしては、具体的には通勤や通学などで電車を利用している人であれば、対抗列車の窓の数を数えるとか、走っている車のナンバーを次々に見て覚えるなど、日常の中で少し工夫すれば実践可能です。
ちなみにイチロー選手は中学生の頃、動体視力を鍛えるために走る車のナンバーを見て、なおかつナンバーの数を足していくといったことをしていたそうです。

家の中でもできる動体視力の鍛え方としては、速読を習得するという方法もあります。速読が上達することでスムーズな視点移動ができるようになり、視点移動の加速につながることで動体視力の強化にもなるというわけです。速読を習得するには、訓練するやり方や上達するコツに関するノウハウ本などが豊富に市販されているので、参考にされてみてはいかがでしょうか?

動体視力の向上と反射神経動体視力を訓練して向上するとそれに応じて、さまざまな場面で反射神経がよくなった事が実感できるのですが、これは動体視力や周辺視野、瞬間視といった視力機能の向上により、それに伴って反射神経や瞬発力が良くなったということです。人間は外部からの情報の約8割を目から取り込んで、脳で処理しているとされており、視界から得られた情報をもとに状況を判断して行動してるので、視力機能が向上することで反射神経や瞬発力も高くなるわけです。

動体視力を訓練する利点
反射神経や瞬発力といった動作もスピードアップすることに繋がり、日常生活の中でも何かのアクションに対して素早く判断し、かつ正確に反応する能力が養われます。スポーツをしていてもなかなか上達せず伸び悩んでいる人や、車の運転が苦手でもう一つ自信が持てない人などは、動体視力を訓練することで現状より能力が向上する可能性がありますよ。

「能力が高ければ、急な飛び出しにいち早く気付いたり、走行中でも難なく道路標識を読めたりします。あるいはトレーニングするなかで、深視力が低いと分かれば車間距離に気をつけるなど、自分の注意すべき点が見えてくるのも大きなメリットですね」(久)

近視・遠視・弱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。


新年あけましておめでとうございます

今年も一人でも多くの皆様の視力低下予防・視力回復のお手伝いをさせて頂きたいと思います。

どうぞ、宜しくお願い致します。


年始のお休み

1月4日(土)までは全センターお休みです。

〇渋谷センター・池袋センター・立川センター・横浜都筑センター・藤沢センター・福岡天神センターは1/5(日)より受付開始

〇新宿センター・横浜センター・相模大野センター・船橋センター・大宮センター・福岡西新センターは1/7(火)より受付開始
プロフィール

コルシカル

Author:コルシカル
トレーニング機器です。
医療機器ですよ!

視力回復見込みチェック、
好評実施中!!
ご希望の方はお近くの
センターまで!
お電話お待ちしてます!


===================

ケーブルテレビで放映されました!


画像をクリックすると
大きな画像で見れます!

※うまく表示されない場合は
最新のFlash Playerを入手下さい。

ランキング参加中!!

FC2Blog Ranking
にほんブログ村 健康ブログ 視力・レーシックへ 人気ブログランキングへ

Facebook始めました!
よかった「いいね!」お願いします。
カテゴリ
東京視力回復センター発行書籍
これで視力がグングン回復する
これで視力がグングン回復する
↑ ご希望の方はここから

当センター理事長著最新版。
公式の治療実験で効果が実証された本物の視力回復法。
小さな子供から大人まで、自宅でできる本格的なトレーニングを わかりやすく紹介。




医者いらずの視力回復メソッド
医者いらずの視力回復メソッド
↑ ご希望の方はここから

"東京視力回復センター監修の書籍「医者いらずの視力回復メソッド 」、書店、 コンビニ、アマゾン等で好評発売中!


超音波治療器ソニマック
眼精疲労を取り除き、
視力の低下予防と
視力回復の効果を高めます。
東京視力回復センター関連サイト
携帯サイトこちらから!
QR
携帯からの資料請求はこちら
QR
最近の記事
バックナンバー

2020年 09月 【3件】
2020年 08月 【3件】
2020年 07月 【2件】
2020年 06月 【5件】
2020年 04月 【2件】
2020年 03月 【5件】
2020年 02月 【3件】
2020年 01月 【4件】
2019年 12月 【2件】
2019年 11月 【5件】
2019年 10月 【5件】
2019年 09月 【3件】
2019年 08月 【3件】
2019年 07月 【2件】
2019年 06月 【4件】
2019年 05月 【4件】
2019年 04月 【6件】
2019年 03月 【3件】
2019年 02月 【4件】
2019年 01月 【4件】
2018年 12月 【4件】
2018年 11月 【3件】
2018年 10月 【2件】
2018年 08月 【1件】
2018年 07月 【4件】
2018年 06月 【2件】
2018年 05月 【4件】
2018年 04月 【4件】
2018年 03月 【4件】
2018年 02月 【4件】
2018年 01月 【4件】
2017年 12月 【3件】
2017年 11月 【2件】
2017年 10月 【4件】
2017年 09月 【4件】
2017年 08月 【3件】
2017年 07月 【5件】
2017年 06月 【4件】
2017年 05月 【5件】
2017年 04月 【4件】
2017年 03月 【4件】
2017年 02月 【4件】
2017年 01月 【4件】
2016年 12月 【4件】
2016年 11月 【5件】
2016年 10月 【4件】
2016年 09月 【4件】
2016年 08月 【5件】
2016年 07月 【4件】
2016年 06月 【4件】
2016年 05月 【5件】
2016年 04月 【4件】
2016年 03月 【5件】
2016年 02月 【4件】
2016年 01月 【5件】
2015年 12月 【8件】
2015年 11月 【7件】
2015年 10月 【8件】
2015年 09月 【8件】
2015年 08月 【6件】
2015年 07月 【8件】
2015年 06月 【8件】
2015年 05月 【8件】
2015年 04月 【8件】
2015年 03月 【8件】
2015年 02月 【8件】
2015年 01月 【8件】
2014年 12月 【9件】
2014年 11月 【8件】
2014年 10月 【8件】
2014年 09月 【9件】
2014年 08月 【7件】
2014年 07月 【9件】
2014年 06月 【8件】
2014年 05月 【10件】
2014年 04月 【7件】
2014年 03月 【13件】
2014年 02月 【12件】
2014年 01月 【14件】
2013年 12月 【11件】
2013年 11月 【12件】
2013年 10月 【13件】
2013年 09月 【13件】
2013年 08月 【12件】
2013年 07月 【14件】
2013年 06月 【13件】
2013年 05月 【14件】
2013年 04月 【13件】
2013年 03月 【12件】
2013年 02月 【12件】
2013年 01月 【12件】
2012年 12月 【13件】
2012年 11月 【13件】
2012年 10月 【15件】
2012年 09月 【12件】
2012年 08月 【13件】
2012年 07月 【13件】
2012年 06月 【12件】
2012年 05月 【12件】
2012年 04月 【12件】
2012年 03月 【13件】
2012年 02月 【12件】
2012年 01月 【12件】
2011年 12月 【13件】
2011年 11月 【13件】
2011年 10月 【13件】
2011年 09月 【12件】
2011年 08月 【14件】
2011年 07月 【12件】
2011年 06月 【13件】
2011年 05月 【13件】
2011年 04月 【13件】
2011年 03月 【11件】
2011年 02月 【4件】
2011年 01月 【5件】
2010年 12月 【4件】
2010年 11月 【4件】
2010年 10月 【4件】
2010年 09月 【5件】
2010年 08月 【3件】
2010年 07月 【5件】
2010年 06月 【4件】
2010年 05月 【5件】
2010年 04月 【5件】
2010年 03月 【4件】
2010年 02月 【4件】
2010年 01月 【5件】
2009年 12月 【6件】
2009年 11月 【4件】
2009年 10月 【6件】
2009年 09月 【4件】
2009年 08月 【5件】
2009年 07月 【6件】
2009年 06月 【3件】
2009年 05月 【4件】
2009年 04月 【3件】
2009年 03月 【4件】
2009年 02月 【3件】
2009年 01月 【4件】
2008年 12月 【3件】
2008年 11月 【4件】
2008年 10月 【5件】
2008年 09月 【4件】
2008年 08月 【4件】
2008年 07月 【3件】
2008年 06月 【4件】
2008年 05月 【5件】
2008年 04月 【4件】
2008年 03月 【4件】
2008年 02月 【4件】
2008年 01月 【4件】
2007年 12月 【4件】
2007年 11月 【4件】
2007年 10月 【4件】
2007年 09月 【3件】
2007年 08月 【6件】
2007年 07月 【3件】
2007年 06月 【3件】
2007年 05月 【2件】
2007年 04月 【4件】
2007年 03月 【5件】
2007年 02月 【5件】

最近のトラックバック
ご訪問有難うございます!!
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示