FC2ブログ
カテキンで目を守る!?
2014年02月17日 (月) | 編集 |
皆さんは緑茶、お好きですか?
緑茶には『カテキン』という誰もが耳にしたことのある成分が含まれていますよね!

血圧上昇抑制作用、血中コレステロール調節作用、血糖値調節作用、抗酸化作用、抗アレルギー作用・・
こういったさまざまな生理効果ですっかり有名になりました。
健康のために、緑茶を積極的に飲むよう習慣づけているという人も多いのではないでしょうか。

その茶カテキンが、緑内障などの目の病気の予防にも効果的である可能性が高いことが、香港の眼科医らの研究により明らかになりました。

この研究は、経口摂取された緑茶のカテキンが消化器を通じて目の組織にも達する!!
・・ということを示した、初めてのものだそうです。

カテキンはビタミンCやビタミンE、網膜に含まれるルテインやゼアキサンチンと同じく『抗酸化作用』を持つ物質です。
もし毎日飲む緑茶に含まれるカテキンが、目にも届いているとすれば・・

酸化的ストレスから目を守る効果がある!!というわけです。

医師と博士らは、経口摂取したカテキンが目に到達するのかどうかを調べるため、さまざまな期間緑茶抽出物を与えたラットの目の各組織に含まれるカテキン量を検査しました。

その結果、角膜・水晶体・網膜・強膜・脈絡膜・硝子体・房水のそれぞれが、個々のカテキンを相当量吸収していたことを発見しました。
例を挙げると、ガロカテキンを最も吸収したのは網膜で、房水ではエピガロカテキンが多く吸収されたとのこと。

また、目のカテキン濃度が最も高くなる時間は摂取後0.5~12.2時間と様々。
酸化的ストレスに対する防御効果は、摂取後最大20時間も持続したそうです。


ラットで確認されたこの効果が人間でも表れるかどうか、まだ詳しくは明らかになっていないそうですが、医師・博士らによれば十分効果は期待できるとのこと!

積極的に摂取するようにしてみて損はないかもしれませんね(安)


近視・遠視・弱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。