FC2ブログ
日進月歩
2014年02月19日 (水) | 編集 |
コンタクトレンズが、糖尿病患者の日々の健康を監視し、危険な状態を認識するようになるのだそうです。

装着者の涙から自動的に血糖値を測定し、血糖値が上下した場合は警告を出すことができる、コンタクトレンズの.

といってもまだまだ実用化はされていませんが、近い将来、糖尿病治療の役に立つことは間違いないでしょう。

技術の進歩により、治療にもますますITが取り入れられることでしょう。

そのうち、視力回復にもIT技術が取り入れられるのは間違いないでしょうか?(森)

近視・遠視・弱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。