FC2ブログ
「目」から読み取る心理、性格
2014年02月28日 (金) | 編集 |
「目は口ほどにものを言う」という諺にもあるように、目つきにはその人の気持ちが表れているものです。
人の目つきで、どの様なことが分かるのか調べてみました。

*目の瞳孔が開く
 人間は興味のあるものを見ると瞳孔が開く傾向にあります。
 話題によって、相手が何に興味があるのかが分かりますね。

*長くゆっくりとしたまばたきをする
  これは反論と否定の表れであることがあります。話している相手がこのようなまばたきをしていたら
  目を合わせたくないと思っているかもしれません。

*しきりにまばたきする
  まばたきのペースは、普通3秒に1回くらいのものですが、人は弱気になっていたり緊張状態になると
  無意識にまばたきの回数が多くなります。  
  なので、普段はあまりまばたきが気にならない人が、しきりにまばたきをするようになったら
  相当緊張しているとみて間違いありません。

*目と口が同時に笑い始める
目と口が同時に笑い始めるのは作り笑いの可能性が高いです。
人は、本当におかしい時は、口から笑うのが普通のようです。

*目が右上を向いている
  これは、過去の体験を思い出している時に出る目の動きだそうです。

*目が左上を向いている
  これは、見慣れない、聞き慣れないものを想像している時に出る目の動きです。
全く知らないことや体験していないことを『それってどういうことかな?』
と自分なりに解釈しようとする時には左上を見るそうです。

*目が右下を向いている
  これは、聴覚に関するイメージを持っている時に出る目の動きです。
お店やカラオケ等で偶然聞いた音楽などに、聞き覚えがあるけれど 
何の曲だったか思い出せない、といった時に右下を見るそうです。

*目をそらす
  話をする時にチラチラ見るのは好きの証拠、目を横にそらすのは嫌いの証拠と言われています。

*相手を上目使いで見る
  上目使いの視線は、相手に甘えたいという気持ちの表れ。
一般的に視線の上下の方向で、相手がどういう上下関係を望んでいるのが分かります。
見上げるような視線は、相手に敬意を示しているか、甘えたがっている時に表れる視線です。

*会話中に目を大きく見開く
  相手の話を理解しようとして目をクリクリさせているわけではなく、
自分をよく理解して欲しくて目をクリクリさせてしまう癖がついているようです。
自分が相手にどう思われているのかが心配で仕方なくなると、
人は相手を見るとき目が見開くようなびっくり表情をしてしまいます。

いかがでしたか?
いくつか思い当たる仕草がありましたでしょうか?
コミュニケーションの参考にしてみて下さいね!(ゆ)


近視・遠視・弱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。