FC2ブログ
あさりを使ったレシピ
2014年03月07日 (金) | 編集 |
あさりのタンパク質は、魚肉の半量程度しかなく脂質量も低いことから、一般的には栄養価は低いように見られがちであるが、あさりには貧血と関係の深い鉄分・ビタミンB12が豊富に含まれ、貧血気味の人や低血圧の人、妊産婦には最適な食材と言える。

あさりは佃煮だと鉄分の量が生より3倍以上に増し100g中25mgにもなる。
その他あさりにはカルシウム・カリウム・亜鉛・銅・クロムなどのミネラル、ビタミン、タウリンなどが多く含まれている。

近年注目されているアミノ酸の一種であるタウリンには、血圧を正常に保つ働きの他、心臓強化、貧血の予防、血中コレステロールを減少させ血液をサラサラにする、肝臓機能の促進、アルコール障害の改善、糖尿病の防止など多くの効用が認められている。
また、神経伝達物質の働きを調節し、中でも網膜に多量に含まれ網膜神経組織の発育・安定化に重要な役割を果たす。 


 あさりと新玉ねぎのお吸い物 

c579be93847f92e05970edaaf29119b1.jpg
■材料(4杯分)■

あさり 200~250gくらい(お玉で2杯くらい)

新玉ねぎ 1個

飾りの葉(みつば・ねぎ・かいわれ等) 適量

◎白だし 大さじ2

◎酒 小さじ0.5

◎顆粒だしの素 小さじ0.5

水 600cc(カップ3)

■作り方■

1.砂抜きしたあさりと水を鍋に入れ火にかける。あくがでたらとる。


2.玉ねぎの皮をむき輪切りに4分割する。耐熱容器に入れ、ゆるくラップし、600Wで6分レンジで加熱する。


3.1の鍋が沸騰し、あさりが開いたら◎の調味料を加え火を止める。


4.汁椀等に2のレンチンした玉ねぎを1カットづつ入れる。煮汁もあればスプーンで加える。



5.4に3のあさり汁をそそぎ入れていく。三つ葉などを飾って出来上がり♪


簡単あさりのレシピ是非作ってみてください。(小)

近視・遠視・弱視でお悩みの方、東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。">近視・遠視・弱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。