FC2ブログ
姿勢のおはなし
2014年04月29日 (火) | 編集 |
新学期を迎え、1ヶ月がたとうとしています。
そろそろ学校検診が終わったところもあるのでは?
視力をよりよく回復させていく為にも、普段の姿勢を見直し良くしていくことも大切です。
毎日のトレーニングと生活改善が視力回復の最大のポイントです。
特に姿勢が崩れやすい近業時【勉強、読書、お絵かき等】には、次の3つに注意したいものです。

1、見るものとの距離を近づけすぎない事  
必ず30cm以上離して見てください。勉強用メガネや近業用のメガネを持っている人は
忘れずに使いましょう。どんなに気をつけていても、熱中すると近づきすぎたり、疲れて
くると姿勢が悪くなりますので、適度な休憩を入れましょう。

2、首の向きに注意    
首の向きに注意しましょう。目線を上げて見るようにします。
例えば、本は立てて読みます。書見台をお持ちの方は必ず使用しましょう。

3、遠くを見る事          
休憩時間には、視力表を使って遠方凝視をするようにしましょう。
また、さらにリフレッシュする為に次のことを試してください。
まず、両手を腰にあて、肩をそらして胸を張ります(胸を張っただけで、背筋が
真直ぐになります)。
この時、顔を少し上に向けてください。そして、大きく息を吸い、少しづつ息を
吐きながら、元に戻していきます(横から見て肩と首が前に来てたらもう一回)。
時間をかけて、ゆっくり行ないましょう。

姿勢が悪いと、視力低下の原因になるだけでなく、内臓を圧迫している状態になるため、
血液の循環が悪くなり健康にも影響がでます。
また、姿勢の悪さが習慣になるとうつむきがちで猫背になり、気分も落ち込みやすく
なるので、精神的にも良くはありません。
今年も良い姿勢でトレーニングに励み、回復目標に向かって頑張っていきましょう。
(なか)


近視・遠視・弱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。