FC2ブログ
まだ続くまつ毛エクステの健康被害!
2014年05月27日 (火) | 編集 |
若い女性に人気が高いまつ毛エクステンション(まつ毛エクステ)の健康被害は今も後を絶ちません。
厚生労働省研究班が調査した抽出調査を行った医師だけで、3か月間に1600人以上の患者が異常を訴えて受診していたことが分かりました。

まつ毛エクステが原因とみられる患者の全国的な実態が明らかになるのは初めてです!

調査は2012年9~12月、全国から抽出された眼科医と皮膚科医計3500人を対象に行い、2355人から有効回答を得ました。
眼科については専門の学会に所属する全国の開業医のうち約10分の1を調査対象にしました。

調査時から過去3か月間にまつ毛エクステが原因とみられる症状の患者を診察した医師は467人で、患者数は計1621人。
年代別に見ると20代が857人と最も多く、30代が321人、10代が259人。

主な症状は【角膜炎】251人、黒目の表面がはがれてしまう【角膜びらん】176人など。
視力障害が残るおそれのある【角膜潰瘍】の例も13人。
まぶたの皮膚炎(558人)などの症状もありました。

人工毛をまつ毛に貼る接着剤などの有害物質の影響。
そして人工毛で目を傷つけるなど施術の未熟さが原因と見られています。

08年に施術には美容師資格が義務付けられましたが、無資格業者が後を絶ちません。
また、美容師にも技術が十分に浸透していないそうです・・・

研究班日本眼科医会副会長は「実際の患者はこの10倍くらいいる可能性がある」とのこと。

厚労省の指導で美容師の教育課程にまつ毛エクステが組み込まれたので技術教育は進むと思われますが・・
接着剤の成分規制など、安全性に関するルールづくりはまだ十分ではないとか。

目元を華やかにする美容法で目を傷つけたりすることが少しでも減ると良いのですが・・・(安)


近視・遠視・弱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。