目から火花
2014年06月27日 (金) | 編集 |
よく、頭をゴツンとぶつけたときなどに「目から火花が出た」などといい、実際、

パッと目の前が明るくなったような感じがしますよね。

この症状は光視症といわれるものです。

目の中で閃光を感ずるもので,視野の一部にキラキラしたものが見えたりします。

網膜剥離などでも起こりますが,片頭痛を伴う場合は脳の血管が一時的にけいれんして

起こる閃輝暗点というものです。

若い人に多く,症状は数分から数十分で消えますが,その後片頭痛,悪心,嘔吐が

起こってきます。

脳の血管の病気が原因となっていることもありますが,特に異常のないこともあります。

この場合,過労や睡眠不足などによるとされています。

これも光視症のひとつでしょう。

これは,衝撃が網膜の視細胞を刺激し,光として感じてしまうために起こるのです。
(タマ)


c494afd51a045bdc12c36eb338972834.jpg


近視・遠視・弱視でお悩みの方
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。



この時期の空模様
2014年06月25日 (水) | 編集 |
 梅雨に入り、じめじめした毎日が続いています。ゲリラ豪雨なども有り、憂鬱な時期もありますが、 ひとつ良いこともあります。

yjimage_201406251343284d1.jpg

一般に雨が降った後は雨が大気中のゴミやチリを全て吸収し降下する為、視界が良いとされています。

雨が降った翌日が晴天の場合に夜景を見に行くと綺麗にスッキリと見える事が多いと言われています。

夏の場合は、前日に降った雨が蒸発して大気の湿度が高くなる場合が有りますので、
真夏の場合は晴天が続く日か、雨の直後数時間が夜景のベストタイムだそうです。

yjimage2.jpg

夜景も花火もクッキリ・ハッキリ見える様に視力の維持に励みましょう

(小)

近視・遠視・弱視でお悩みの方
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。


視力が低下しても子供には分からない
2014年06月20日 (金) | 編集 |
視力低下は病気とは違い、痛みや出血などの症状がないため、
特に小さな子供に視力低下を自覚させるのは不可能です。
視力が1.0なくとも、0.5程度の視力があれば日常生活に支障がないため、
保護者に訴えることも少ないようです。
また、幼児や低学年の児童は、はっきりと意思表示が出来ないため、
一般的な視力検査をしても、正確な結果が出るとは限りませんし、結果が悪くても、
「小さいし検査がうまく出来なかったのかも」「たまたま体調が悪かったのかも知れない」と
軽く片付けられてしまうこともあるようです。
どんな小さな変化にも気付いてあげられるよう子供の生活を注意深く観察してみてください。

●よく転んだり、ぶつかったりする ●目を見開いたり、細めたり、眉をひそめてものを見る 
●テレビに近づいていく ●目が充血していたり、痛がったりする 
●よく涙目になる ●顔を動かしたり、斜めにものを見る
●飽きっぽく、イライラしたり疲れやすい ●光に対してまぶしがる
●ものを見たりするときに目をこする 
 
など、「おかしいな?」と思ったら、カレンダーの文字や時計などを見せて読ませてみたり、
看板の文字を読ませてみたりしてみてください。
この時、読めたことを確認するだけでなく、どんな目つきで見ているのかをチェックしてみてください。
幼児の場合、離れた位置から絵本などの絵を見せてもいいでしょう。
視力検査表があれば理想的ですが、ご家庭にあるものや窓から見える景色など、
対象物を決め早期発見に努めましょう。(井)

me.jpg

近視・遠視・弱視でお悩みの方
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。


虹彩と照明
2014年06月17日 (火) | 編集 |
日本人は比較的メラニン色素が多く、虹彩色は黒やこげ茶と濃い色のため、
余り眩しさを感じませんが、白人はメラニン色素が少なく、虹彩色は緑や青と
薄い色のため、瞳孔での光の調節が上手くいかず、眩しさを感じます。

日照時間が長く、紫外線が多い季節、屋外ではサングラスで目を保護でき
ますが、室内ではどのようなことに気をつければいいでしょうか。

照度は細かい作業をする時ほど必要ですが、虹彩色によって照明の調節を
した方がよいと思います。例えば同じ日本人でも虹彩がこげ茶の人と、薄茶の
人と分かれますので、後者の場合少し照度を落とした方が目に優しく、眼精
疲労も少なくて済みます。

いま一度、照明の見直しをされてはいかがですか。(植)

130px-Menschliches_Auge.jpg

200px-Blueye.jpg

近視・遠視・弱視でお悩みの方
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。

様々な目の検査
2014年06月13日 (金) | 編集 |
私事ですが、先日2年ぶりに人間ドックに行ってきました。
その際に視力検査と眼底、眼圧検査をしてきました。
視力検査は皆さんにも馴染み深いですが、眼底、眼圧検査は健康診断や眼科等に行かないと調べる機会はないですよね。
今日はそれらの検査も含め、様々な目の検査についてお話したいと思います。

1、 視力検査

アルファベットの「C」のようなマークでおなじみの検査です。
このマークはランドルト環と呼ばれ、 マークの隙間がどのくらいのサイズまで見えるかどうかで視力を判定しています。
「ランドルト」というのは人の名前で、フランスのランドルトという眼科医が考えた検査方法です。
日本ではランドルト環が広く用いられていますが、スネレン、ETDRSという視標や、小さなお子さん向けの絵などの指標もあります。

2、 眼圧検査

眼圧とは、目をボールにたとえると、ボールの空気の入り具合のことです。
眼球に一定のはりを与え、眼球の大きさや形を保っています。
眼圧は眼圧計(トノメーター)という、目に向かって“シュッ”と空気が出てくる装置で測ることができます。
目の表面に空気を当てて測る非接触式は、麻酔が不要なので、定期健診や人間ドックなどでよく使われています。
眼圧の変動は目の異常を知る重要な手がかりです。眼圧の高さで、高眼圧症(視神経や視野には障害はないが、眼圧が慢性的に高い)や、緑内障(視野に欠損がみられる)、網膜剥離、虹彩毛様体炎などの目の病気にかかっているかどうかを調べることができます。

3、. 眼底検査

瞳孔の奥にある眼底を、眼底カメラや眼底鏡という器具を用い、レンズを通して観察し、眼底の血管、網膜、視神経を調べる検査です。
網膜剥離や眼底出血、緑内障などの目の病気を調べるときに行ないます。
なかでも、緑内障が疑われる人の発見に重要な検査です。
日本人の場合は、眼圧が正常範囲内でも視神経障害が起こる「正常眼圧緑内障」が多いので、この病気を早期発見するためには、眼底検査における視神経乳頭の所見が決め手となります。
また、眼底の血管は人間の体の中で唯一直接に血管を観察できる部位のため、そこを観察すると動脈硬化、脳腫瘍、高血圧などの全身の病気が推察でき、生活習慣病の検査としても有効です。

4、レッドグリーンテスト

皆さんは赤地と緑地の上に二重丸や数字が書かれているものを見たことはありますか?
これは「レッドグリーンテスト」とよばれる検査です。 メガネレンズ度数が強すぎないか、弱すぎないかどうかの確認をするときに行われます。
この「レッドグリーンテスト」は「目の色収差」という光の波長(色)によって像の位置や大きさが異なる現象の特性を利用して検査しています。
「レッドグリーンテスト」は「赤緑テスト」、「二色テスト」とよばれることもあります。
大事なのは「赤と緑」の色が判別できるだけでなく、「中の黒の二重丸」がわかるということ。これがはっきり分からないと、ただ度数設定だけで解決しない何らかの問題が眼の中にある可能性が少なくない、ということになります。

5、 視野検査

ストレスや疾患により、しだいに視野が狭くなることがあります。 視野が欠けてきたら、自分で気づきそうに思えますが、進行が遅いため目が慣れてしまうことや、ものを両目で見ているため、気づかないことが多くあります。
自分で視野チェックしたり、眼科で器械を使って検査をすることができます。

それぞれの検査の意味を知って、日々の目の健康管理に役立てたいですね。(ゆ)

近視・遠視・弱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。








星座で視力検査
2014年06月10日 (火) | 編集 |
6月に入り梅雨の季節になりましたね。
蒸し暑さで寝苦しい夜も増えてくる、そんな6月の星座の1つに
北の空にほぼ1年見られる「おおくま座」があげられます。

北の空で有名なのが柄杓型の北斗七星ですが、おおくま座はその北斗七星を含んだ大きな星座になります。

おおくま座を形成する星の集まりのうち、
ミザールとアルコアは肉眼で観察できる「肉眼二重星(連星)」とも言われ、
古代ギリシャやローマ、アラビアなどで兵士を徴兵する際の視力検査として用いられていたとの記録が残っています。

☆ミザール☆
 北斗七星の2番目の星で2等星。
★アルコア★
 ミザールの左ななめ上にある星で4等星。

この2つの星を見分けられるか、というのが検査内容のようですがおおよそ1.0程度あれば簡単に見つけることができるようです。
ただ、北の空には最大に輝く1等星がなく、広範囲に暗めの光度を持つ星が点在しているため都会の場合はおおくま座の全ての星を見つけるのは難しいかもしれません。

もし肉眼で観察したい方は北斗七星を目印にしてみましょう!
北向きに立ったとき、中天で光輝き目立っている星の集まりが北斗七星です。
1等星でないものの、同じような光度を持つ2等星が列をなしているため比較的見つけやすいと言われています。

この他にも、数多くの星が集まってできる星団のうちいくつ星が見えるかで視力検査を行った人々もいたようです。

星座それぞれが持つストーリーや歴史的背景を知ったうえで天体観察するとまた違った見え方がしてくるかもしれません。季節に応じて家族や友達と比べながら楽しく自分の視力を測ってみるのも良いですね(石)

近視・遠視・弱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。








目に関する豆知識
2014年06月06日 (金) | 編集 |
私たちが毎日何気なく使っている目。
色んな機能が備わっていることはご存じだと思いますが、
改めて読んでみると面白いかもしれません。




1. 人間とサメの角膜はよく似ているため、サメの角膜は人間の目に
  移植されていたことがある。

2. 互いの目を見ることでコミュニケーションをとる動物は人間と犬だけである。
  犬も人間相手にしかこれを行わない。

3. 目を開いたままクシャミをすることは不可能である。

4. 瞳孔は好意を持っている人を見る時に最大45%も大きくなる。

5. 世界で一番人口が多い目の色は茶色である。

6. 人間は赤、青、緑の色しか見ることができない。
  他の色は、全てこの3色が混ざって見えているだけである。

7. 人体は部位によっては、休んでいる時間があったり、機能するのに時間が掛かる
  部位があるが、目はどんな時でも休むことなく機能している。

8. 身体の全筋肉の中で、一番動かしている筋肉は目が使う筋肉である。

9. 網膜の後ろには盲点と呼ばれる部分があるが、右目と左目が互いに
  見えていない領域をカバーしあうことにって、「普段見えていない部分がある」
  ということを意識出来ない。

10. 平均的に、人間は一生の間に、2400万の映像を目に映している。

11. 目は200万もの部分が動くことで、初めてきちんと機能する。

12. 瞬きを行う筋肉は、身体の中で一番早く動く筋肉である。
  1秒間に5回の瞬きをすることが出来る。

13. パソコンから文字を読む場合、紙から読む時より大体25%スピードが落ちる。

14. 目は1秒間に50のものポイントに焦点を合わせている。

15. 目の回復力は早く、角膜の傷は48時間で完治する。

16. 目は1分間に17回も瞬きをする。
  つまり、1日に1万4280回、そして1年では520万回している計算になる。

17. 目のレンズはどんなカメラよりも速く機能する。

18. 目は受胎してから、たった2週間で作られはじめる。

19. 初対面の人と出会った時、お互いの目を見る最良の時間は4秒間と言われている。

20. 目は脳の65%の力を使う。身体の他のどの部位よりも脳のエネルギーを
  使っている。

21. 脳に送られている情報は上下左右反転したものである。

22. 人は落ち込むとコントラストが下がって見え、世界が暗く見える。(masu)




近視・遠視・弱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。



ブログランキング参加中!クリックしてね!



FC2ブログランキング

にほんブログ村 健康ブログ 視力・レーシックへ


人気ブログランキングへ

目にいい温泉
2014年06月03日 (火) | 編集 |
今回は眼にいい温泉で知られている、新潟県の貝掛温泉をご紹介いたします。

眼の温泉(日本三大眼の温泉の一つ)

「眼の温泉」として広く知られるようになったのは江戸時代から。
「第一眼病に善」と文献にもある。 無色透明で無臭の貝掛の湯はメタホウ酸を多く含み、
(ホウ酸は眼科に行くと最初に眼を洗う際に使います)長湯して体中につく泡の正体である炭酸により、
体に吸収しやすくする働きがあるようです。
白内障と眼底出血の方が一ヶ月程湯治におこしになり、また最近は、
パソコンで目を酷使する方、ドライアイの方にも愛される湯のようです。
貝掛温泉(源泉名)を一軒で使用しており、
湯量も全国屈指の450ℓ〜650ℓ毎分なので湯船も清らか学者方の研究で
新第三紀深成岩(越後湯沢温泉の成因)と新第三紀火山岩(瀬波・松之山温泉の成因)の両方
合わさっ た泉質が、珍しい「眼の温泉」を生み出して いるようです。


温泉はなぜ体にいいのか

温泉は体の機能を正常な状態に戻そうとします。
温泉には、失調状態にある体の機能を、なんとか正常な状態に戻そうとする働きがあります。
これを温泉の正常化作用といいます。
温泉に入ると、温度や水圧はもちろん、鉄分など各種の無機塩類の含有成分が体を刺激します。
この刺激により、調子の悪い体の機能は混乱し、あわてて元に戻ろうとするそうです。
ただ、この時、体はついさっきまでの状態に戻ろうとするのではなく、
本来の平衡状態や機能のあるべき正常な姿に戻ろうとするそうです。
つまり、温泉が体の自然治癒力を喚起するわけです。
また、ぬるめの温泉は、体温に近いほど刺激が少なく
エネルギーも消耗しません。ぬるめの湯にじっくりつかり、
温泉の成分を体一杯で吸いこみ、リラックスして入浴することで副交感神経が優位になり、
精神的にもくつろげます。42℃以上の温泉は、交感神経が緊張して、
一時的に血圧が上昇してしまします。目安は20〜30分「ぬる湯の長湯」です。

効能
浮力、水圧、温泉質効果
白内障、眼底出血、ドライアイ、眼精疲労、火傷、切り傷、神経痛、腰痛、冷え性、五十肩、病後回復
(むら)

www.t近視・遠視・弱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。