FC2ブログ
虹彩と照明
2014年06月17日 (火) | 編集 |
日本人は比較的メラニン色素が多く、虹彩色は黒やこげ茶と濃い色のため、
余り眩しさを感じませんが、白人はメラニン色素が少なく、虹彩色は緑や青と
薄い色のため、瞳孔での光の調節が上手くいかず、眩しさを感じます。

日照時間が長く、紫外線が多い季節、屋外ではサングラスで目を保護でき
ますが、室内ではどのようなことに気をつければいいでしょうか。

照度は細かい作業をする時ほど必要ですが、虹彩色によって照明の調節を
した方がよいと思います。例えば同じ日本人でも虹彩がこげ茶の人と、薄茶の
人と分かれますので、後者の場合少し照度を落とした方が目に優しく、眼精
疲労も少なくて済みます。

いま一度、照明の見直しをされてはいかがですか。(植)

130px-Menschliches_Auge.jpg

200px-Blueye.jpg

近視・遠視・弱視でお悩みの方
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。