めとみみ
2014年07月29日 (火) | 編集 |
現代社会において、目や耳の病気が日常的に増えてきていると感じます。
日常的に起きる症状が多いのも特徴の一つです。
例えば、耳鳴りやめまいなどがあります。
最近どの年代においてもよく起きる症状です。
このような症状が長く続くと日常生活にも支障がきたします。


目と鼻、耳と口、口と鼻などそれぞれがつながっていて、
様々な症状が連鎖することがあります。
耳と目は直接つながってません。
なので一見、何も関係がないように思えます。
しかし、目と耳も深い関係があるといえます。


例えば、耳には三半規管があります。
この三半規管は、回転動作を感知する機能があります。
なのでこの三半規管が正常に働かない場合、
回転動作のバランスが崩れ、めまいという症状が出ます。


めまいは、眼からうつる景色がぐるぐる回っている状態なので、
目の病気ととらえがちです。
もちろん目の疲れからくるめまいもありますが、
耳の神経によっても引き起こされます。
なので直接つながっていないとはいえ、
症状に大きな影響を与えていることは間違いありません。


また耳には、視力回復につながるツボが存在します。
それは耳の横にある聴宮というツボです。
このツボは耳たぶの上にボコっと出っぱている部分のすぐ横になります。
もみあげに近い部分になります。
この部分を押すことで、目の疲れや視力低下の改善に効果があるとされています。
聴宮を押すと、痛みを感じる人が多いです。


このマッサージは、場所を問わずどこでもおこなうことができます。
なので、目に疲れを感じたり、長時間一点を見続けたりしたときには、
ツボをおして刺激しておきましょう。
またこのマッサージと一緒にあごのを左右に動かしたり、
上下に動かすとより効果が出ます。
お風呂などで下半身欲をしながら、リラックスした時に一緒に行うといいでしょう。

耳と目は一見あまり関係がないように思いがちですが、
神経の伝達を通じて様々な症状を与えています。
なので目の疲れは、目の病気だけとしてとらえないようにしましょう。
他の体への影響も考えながら、目のケアをおこなっていくことがおすすめです。
(むら)
近視・遠視・弱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。


プール熱
2014年07月25日 (金) | 編集 |
医学用語では[咽頭結膜熱]といいます。アデノウイルスという微生物が、接触感染によって人の体に寄生し、ノドの痛み、結膜炎、高熱を発します。プールを介して感染し、流行することが多いので[プール熱]と呼ばれます。感染から発症までの潜伏期間は、約5~6日といわれます。
昔、プールは「夏・屋外」が当たり前でしたが、最近では屋内プールを持つ学校も増えています。
季節に関係なく水泳が出来るようになり、そのためか1年中プール熱が発生しているようです。

プール熱の症状は?
[高熱]・・・38~40度の高熱が4~7日間続きます。熱はなかなか下がらず、元気もなくなります。
[ノドの痛み]・・・ノドが赤く腫れ、4~5日間痛みます。咳が出て、扁桃腺炎を伴うことも多くなります。
[結膜炎]・・・目が赤く充血し、痛み、目やにが出て、目を開けているのがつらくなります。
 このほかに頭痛、寒気、食欲不振、吐き気、下痢、鼻水などの一般的なカゼの症状が出ることもあります。

プール熱の予防法は?
[プールから上がったら]・・・・・よく目や手を洗う。よくうがいをする。シャワーでプールの水をよく流す。
[家では]・・・・・タオル、洗面器、食器などを家族と共用しない。大人の家族も手洗いをこまめにする。
感染するのは、プールに限らない。手や指をひんぱんに石けんや流水で洗う。
※症状が消えてからも2日間くらいは外出を控えましょう。(森)

近視・遠視・弱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。

教育水準の高さと近視の関係
2014年07月22日 (火) | 編集 |
最近、米国眼科学会(AAO)が、教育水準の高さと学校で過ごす時間の長さが、近視の有病率と重症度の増大に関連していることを示した研究を紹介しました。
近視の原因が遺伝要因より、環境要因が上回る可能性を示す初めての集団ベース研究だとか。

視覚障害の主な原因である【近視】は、【網膜剥離】【近視性黄斑変性】【白内障】および【緑内障】の早期発症リスク増大にも関連します。
近年、世界中【近視】は増加しており、世界的な健康、経済問題となっています!

米国では国民の約42%が【近視】だそうで・・
なんとアジア先進国では、80%にまで増加しているのです!

某大学医療センターが【白内障】または【屈折矯正手術】を受けた人を除いた、35~74歳のドイツ人4658人を対象に、【近視の進行】と【教育の関連性】を調査したところ・・

その結果、高校やその他の教育訓練を受けていない人で24%。
高校および専門学校を卒業した人で35%。
大卒で53%が、【近視】だったのです!

教育水準が高く、学校で過ごす時間が多いほど【近視】が増加していたのです・・

さらに、45個の遺伝子マーカーの【近視】の程度と比較すると、その影響は教育水準の影響に比べて非常に小さいということも明らかになりました。

ここ数年、デンマークと、アジアの青少年における調査では、屋外で遊ぶ時間、日光に当たる時間が多いほど、【近視】にならないことが分かっています。

研究者は【近眼増加に歯止めをかけるには、屋外に出る機会を増やすことを推奨する】と述べているそうです。

学校ではなかなか遠くを見つめる機会が作れません・・

天気が良い日は紫外線に気を付けながら、積極的に外に出て、元気に遊べるといいですね!!(安)


近視・遠視・弱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。

ウルトラマンレオの視力
2014年07月18日 (金) | 編集 |
ネットで面白いものをみつけました。


それは「ウルトラマンレオは100Km先のマッチ棒が見える」というもの。
(ソースはこちら:Wikipediaより)

これは0.1とか0.2とか、視力でいうとどのくらいなのでしょう!?


くだらない内容ですみません。


まず、一般的なマッチ棒のサイズを調べてみました。


マッチ棒にもJIS規格があるそうで、軸木の先に頭薬がついた軸木マッチは


長さ48.5~51.5mmとのこと。この長さと視力検査で使うランドルト環の直径で


一番近そうなのが0.15でした。これが5m離れたところから見えると


視力0.15となります。


※本当はランドルト環の幅の規定もありますが、少しややこしくなるので割愛。


ただ、ウルトラマンレオは100km(100,000m)離れた所から見えるそうなので、


5mの20,000倍、つまり視力は0.15の20,000倍で


なんと3,000!!


かなりザックリした計算ですが、視力が3,000って!!


逆に近くは見えてないような気もしますが・・・・。それにしてもすごいですね!!()


90a71349-s.jpg


近視・遠視・弱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。



ブログランキング参加中!クリックしてね!



FC2ブログランキング

にほんブログ村 健康ブログ 視力・レーシックへ


人気ブログランキングへ
紫外線対策にサングラスは必要??
2014年07月15日 (火) | 編集 |
長時間、屋外に出るときは紫外線に備え、サングラスを着用する人が増えています。
新しいサングラスを買いに出かけて、「色の濃いレンズを買えばいいのかな。どう選ぶべきかな」と迷うでしょう。
今回はそのポイントを紹介します。


●そもそも紫外線は目に悪い?

もともと、目には紫外線を防ぐ力が備わっています。
ですので、例えば通勤時間など日常生活で多少の紫外線を浴びる分には、目の機能には問題ありません。
ただ、長時間、強い紫外線を浴びると白内障や黄斑変性(おうはんへんせい)症という、視界がゆがんだり目が見えなくなったりする病気を引き起こす可能性があります。また、角膜炎(かくまくえん)になるリスクもあります。
それらを防ぐために、スポーツ時や登山や海水浴などアウトドアでのレジャー、畑仕事など、日中の大半を強い紫外線の中で過ごすときには、サングラスを着用することをお勧めします。


●「紫外線カットを目的としたサングラス」を選ぶポイントは?

色が濃いレンズの方が紫外線をカットできると勘違いすることが多いようですが、色と紫外線カットの性能は関係がありません。
紫外線カットのサングラスには、「紫外線透過率」が数字で表示されています。
これはそのレンズがどれだけ紫外線を透過するかを示す数字なので、低いほどレンズの性能が優れているということになります。
例えば、「紫外線透過率1.0%以下」という表示のレンズは、紫外線を99%以上カットすることができると言われます。

「紫外線カット率」と表記しているサングラスもありますが、その場合は数値が高い方が性能の良いレンズということになります。
どのくらいの時間、屋外で紫外線を浴びる可能性があるのかによって選ぶ数値を考慮するとよいでしょう。


●色の濃いサングラスをかけるときは必ず「紫外線カット」のレンズを

当然ですが、紫外線を透過させない機能のあるレンズを選んでください。
その機能がないのに濃い色のレンズのサングラスを使用すると、目に悪い影響を与える可能性があります。

なぜなら、目は暗いところでは瞳孔が開き、より多くの光を取り込むようにできています。
一方、明るいところでは瞳孔は小さくなり、光を取り込む量を減らすという調節をしています。
ですから、紫外線カット機能のない濃い色のレンズで強い光を多く浴びると、瞳孔が開いた状態になって多くの紫外線を目に取り込んでしまいます。

正しい知識を持ち、用途と紫外線透過率をチェックした上で、適切なサングラスを選びましょう。 (7)

近視・遠視・弱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。





視力回復!
2014年07月11日 (金) | 編集 |
先日、会員さんの月1回の視力検査を行いました。
中学1年生の男の子(A君とします) 3ヶ月前、入会時の視力は右0.2 左0.3でした。
眼科では、メガネを勧められましたが、何もせず即メガネということには抵抗があり、回復させたいと入会されました。
それから3ヶ月・・・・センターには毎週1回通いながら、それ以外の日は自宅で毎日訓練を続けています。
その結果、今回の検査で右0.5 左0.6  両目で0.7まで回復しました。
『生活の中で見えてきた実感は?『』と聞くと
(もともと生活の中では、あまり不自由を感じていなかったようですが)『テニスのコーチからここ数ヶ月ですごく上達したと言われたとのこと。お母様から見ていても、動きが速くなり上達しているのが明らか』とのことでした。
A君自身も『確かに球の動きが追いやすくなった』と喜んでいました。
もちろんA君が、テニスの練習を頑張った結果は大きいですし、またそこに視力回復がプラスになったことも、間違いないでしょう
お母様からは、『あの時諦めなくてよかった』と喜びの声を頂き、私も嬉しく思いました。
A君の頑張りとお母様の協力なしには、できないことです。ほんとに頭が下がります。

A君と同じ喜びを、ひとりでも多くの方に体験していただけるよう、センター所員一同、これからも頑張ってまいります。
皆様の視力回復・低下予防そして健康な目でいられますようにと心より願っております。(久)

近視・遠視・弱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。



ブログランキング参加中!クリックしてね!



FC2ブログランキング

にほんブログ村 健康ブログ 視力・レーシックへ


人気ブログランキングへ



カラーコンタクト
2014年07月08日 (火) | 編集 |
カラーコンタクトレンズ(カラコン)を
メイク感覚で使用している方も多いのではないでしょうか。
日本コンタクトレンズ学会が全国の眼科医に行った調査によると、
カラコンに起因する眼障害の事例が、
調査を行った3ヶ月間で少なくとも395件あったとのことです。

そこで今回は、同学会の調査を参考に、カラコンのリスクについてご紹介します。

●酸素透過性の低いレンズの使用が眼障害の原因に。
カラコンによって眼の障害が引き起こされたケースのうち、97.7%が女性でした。
また、全体の86.5%が15歳から29歳の年代で起こっています。
眼障害を起こしたカラコンについては、
約90%が酸素の透過性が低い素材だったそうです。
この素材は韓国や台湾で製造されるカラコンに多く、
現在は通常、目の矯正で使うコンタクトレンズには、ほぼ使用されていないものです。
酸素透過性は、コンタクトレンズを見ただけでは分かりません。
だからこそ、被害も拡大しているようです。
では、なぜ酸素透過性が低いレンズが目に良くないのでしょうか。

●ドライアイや角膜潰瘍、角膜剥離を引き起こす危険性も。
酸素透過性が低いと目に酸素が行き渡らず、細胞の元気が無くなってしまいます。
さらに、目は乾燥しやすくなりドライアイを引き起こす可能性も高いそうです。
そうすると眼球にはほこりやゴミ、細菌が付着しやすくなりますし、
傷つきやすくなります。
目に傷がついて細菌が入ると、眼球が充血して角膜潰瘍や角膜剥離を引き起こしたり、
様々な目の病気の原因になったりします。
中には、最初からレンズに傷がついていたことに気付かず、
使い続けて角膜を壊してしまった事例もあります。更には視力低下が進んだり、
失明してしまったりする可能性もあるので注意が必要です。

●違法カラコンにご注意。
こういった事故の報告を受けて、
厚生労働省は2009年11月4日から、
おしゃれ用カラコンを薬事法の規制対象としました。
視力補正を目的としないカラコンは、
高度管理医療機器として薬事法で規制され、製造や輸入、
販売に当たっては国や都道府県の承認や許可が必要なものになったのです。

そのため、承認や許可がないところで販売されているものは違法ということになります。
健康被害を起こす恐れが高いので、
購入の際はこの点をしっかりと確認するといいですね。

以上が、カラコンのリスクについてご紹介です。
安さだけで選んだり乱雑に厚かったりしてると、
失明の危険性があるので十分な注意が必要です。
またカラコンを扱う際には、目の周りは薄化粧にする、清潔な手でレンズの着脱を行う、
使う前と後に必ずこすり洗いをする、8時間以上は使わない、
つけたままで夜間の運転はしないなど
少しでも異常を感じたら眼科へ行くなどに気をつけながら、
カラコンを安全に使いましょう。(池)



近視・遠視・弱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。



ブログランキング参加中!クリックしてね!



FC2ブログランキング

にほんブログ村 健康ブログ 視力・レーシックへ


人気ブログランキングへ

☆視力低下でのあるある☆
2014年07月04日 (金) | 編集 |
視力低下でのあるある

テレビ見るときいつの間にかすごい近くにいた

目が悪過ぎてメガネが見つけられない

目つき悪いっていわれる

遠くにいる子が誰か、
動きで何と無く分かるようになった(笑)

メガネを外して一日過ごすと、友達に気づかれなかった

視力検査が憂鬱

友達「見て見て何アレ!」
自分「え?ん?何アレっ!(本当は見えない)」

なぜかあんま悪いって思われたくない

笑顔で話したい。
だが、相手の顔が見えないから
強張った笑顔で話してしまうww

温泉とかなにも見えなくて一人じゃ行けない

学校の視力検査で皆に見られながら検査するから、恥ずかしい

免許に眼鏡等って書かれる

視力検査の下の方はだいたい勘

ジェットコースター景色見えねぇぇぇぇ

たまに自分の視力が悪いことをうまく利用する

メガネ(コンタクト)かけた時この世の美しさに感動する

視力をこれ以上下げない方法を知りたい

遠くから友達が「○○ちゃんバイバーイ」
誰・・・?!?!
とりあえず手だけ振っとく

もう域を超えて細めても見えない(三)

近視・遠視・弱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。



ブログランキング参加中!クリックしてね!



FC2ブログランキング

にほんブログ村 健康ブログ 視力・レーシックへ


人気ブログランキングへ


大人も子供も要注意!「夏に流行る感染症」
2014年07月02日 (水) | 編集 |
■待望の夏休み!■
暑さから食欲不振になったり、休み中は生活習慣が乱れ、栄養バランスが欠けた食事や夜更かしが続いて、何かと体調を崩しがち。そんな私たちを狙っているのが感染症です。
感染症とは、ウイルスや細菌、真菌、微生物などが皮膚や粘膜などから体内に侵入して増殖し、様々な症状を起こす病気のことです。
夏場に流行る感染症といえば食中毒が代表的ですが、今回は手足口病、プール熱、ヘルパンギーナなど、ウイルスが原因の感染症について考えてみましょう。

夏のウイルス性感染症の発症時期は5月から8月といわれ、主な症状は胃腸が不調になること。体全体の免疫力がダウンするため、長引くことも多いそうです。
この季節、ウイルスは独特の方法で私たちの体に侵入してきます。
「咽頭結膜熱」は通称プール熱といい、特に児童が感染しやすく病気の元である「アデノウイルス」は便や唾液を通じて感染しますが、特にプールの水から感染する確率が高いとされています。
プールの後よく体を洗わないことや、タオルの貸し借りなどの機会を通じて、人から人へと感染者を増やすのが夏場のウイルスの特徴です。

■感染症名 主な原因ウイルス 症状など
●手足口病
原因であるウイルスは10種類以上ある 手足の水疱と口内炎ができる夏風邪の一種。
胃腸風邪ウイルスからくる少々の下痢の症状を伴う。
初日から2日目に熱が出るが、それ以後熱は出ず、5日ほどで症状は回復する。
髄膜炎になることもあり注意が必要。
●リンゴ病
咳、鼻汁、微熱など軽い風邪の症状が出る。
その後赤い発疹がほおの辺りに出て、その後手足にまで広がる。
接種で予防ができず、不明な部分が多い病気。
●ヘルパンギーナ
原因ウイルスは多数あるといわれているが、主にコクサッキーA群だと考えられている。
高熱が長く続き、のどの奥に口内炎ができる特徴がある。
予防接種はないので、毎年発症する子どももいる。
●風疹
初春から夏の終わりにかけて多発。発疹が胸と顔から広がり、リンパ腺が腫れるのが特徴。
多少の熱が伴うが、4~5日で症状はひいていき2週間ほどで感染期間が終わる。
症状がひくまでは幼稚園・学校を休ませるようにする。
また妊娠中に風疹にかかると障害をもった子どもが生まれる確率が高いとされているので十分な注意が必要。

■プールで感染しやすい病気■
●プール熱
正式には「咽頭結膜熱」といい、7月から9月のプールに入る時期に流行ることから通称プール熱と呼ばれている。
高熱を伴い、のどと目の両方に炎症を起こす。
死亡例も報告されており、重症化する可能性が大きい病気。治った後もウイルスが咽頭や便から移るケースが多い。
●流行性結膜炎
目やにが出て、結膜が充血する。感染力が強く、乳児がかかると風邪の症状を伴うことが多く見受けられる。
その症状は発熱やリンパ節の腫れなど。
年中気をつけなければいけない病気ではあるが、特に夏はプールなどで人と接触しやすい季節なので気をつけることが大切。
●水イボ
良性イボ 「伝染性軟属腫」といい、そのほとんどは自然に治る。一度かかると免疫ができるので次に発症することはない。ピンセットでつまんで取り去る方法など治療方法はいろいろある。
また、伝染性と呼ばれているが、肌を露出した人と接触さえしなければ、移ることはない。

■感染症を予防するには、毎日の心がけが肝心■
外出先から帰ったときや食事前の手洗いを習慣づけるだけでも、随分と予防につながります。
泥汚れとは違い、目に見えない汚れが多いので、爪の間などしっかりと丁寧に洗いましょう。
濡れたままの手で、髪の毛を触らないことも大切です。
また、夏休みにはアウトドアなど楽しむ機会が多くなりますが、外での食事の支度時は、念入りに手や食材を洗う、食材に十分に火を通すなど衛生管理に勤めるようにしましょう。

体全体の免疫力を高めておくことも予防のポイントです。休養を十分にとり、栄養バランスがとれた食事を心がけましょう。特に粘膜の材料となるたんぱく質や、免疫細胞を強化するビタミンA・C・E、腸を元気にする乳酸菌や食物繊維などを意識して摂りたいもの。日焼けをして肌が乾燥すると免疫力の低下につながることも覚えておきましょう。
下痢が続く、高熱が続くなどの症状が見られた場合は、直ちに専門医の診断を受けましょう。
もし感染症を発症したら、他人に感染しないように注意することが大切です。

■手洗いするときの注意点 ■
●食事の前、トイレに入った後、外出先から帰宅したら手を洗うように習慣づける
●洗うときは手首まで洗うこと
●洗った後は清潔なタオルや布で拭くように心がける

感染症にかからないよう十分に気をつけて、楽しい夏休みを過ごしましょう。(ま)yjimageCAY947LW.jpg


近視・遠視・弱視でお悩みの方
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。