FC2ブログ
紫外線対策にサングラスは必要??
2014年07月15日 (火) | 編集 |
長時間、屋外に出るときは紫外線に備え、サングラスを着用する人が増えています。
新しいサングラスを買いに出かけて、「色の濃いレンズを買えばいいのかな。どう選ぶべきかな」と迷うでしょう。
今回はそのポイントを紹介します。


●そもそも紫外線は目に悪い?

もともと、目には紫外線を防ぐ力が備わっています。
ですので、例えば通勤時間など日常生活で多少の紫外線を浴びる分には、目の機能には問題ありません。
ただ、長時間、強い紫外線を浴びると白内障や黄斑変性(おうはんへんせい)症という、視界がゆがんだり目が見えなくなったりする病気を引き起こす可能性があります。また、角膜炎(かくまくえん)になるリスクもあります。
それらを防ぐために、スポーツ時や登山や海水浴などアウトドアでのレジャー、畑仕事など、日中の大半を強い紫外線の中で過ごすときには、サングラスを着用することをお勧めします。


●「紫外線カットを目的としたサングラス」を選ぶポイントは?

色が濃いレンズの方が紫外線をカットできると勘違いすることが多いようですが、色と紫外線カットの性能は関係がありません。
紫外線カットのサングラスには、「紫外線透過率」が数字で表示されています。
これはそのレンズがどれだけ紫外線を透過するかを示す数字なので、低いほどレンズの性能が優れているということになります。
例えば、「紫外線透過率1.0%以下」という表示のレンズは、紫外線を99%以上カットすることができると言われます。

「紫外線カット率」と表記しているサングラスもありますが、その場合は数値が高い方が性能の良いレンズということになります。
どのくらいの時間、屋外で紫外線を浴びる可能性があるのかによって選ぶ数値を考慮するとよいでしょう。


●色の濃いサングラスをかけるときは必ず「紫外線カット」のレンズを

当然ですが、紫外線を透過させない機能のあるレンズを選んでください。
その機能がないのに濃い色のレンズのサングラスを使用すると、目に悪い影響を与える可能性があります。

なぜなら、目は暗いところでは瞳孔が開き、より多くの光を取り込むようにできています。
一方、明るいところでは瞳孔は小さくなり、光を取り込む量を減らすという調節をしています。
ですから、紫外線カット機能のない濃い色のレンズで強い光を多く浴びると、瞳孔が開いた状態になって多くの紫外線を目に取り込んでしまいます。

正しい知識を持ち、用途と紫外線透過率をチェックした上で、適切なサングラスを選びましょう。 (7)

近視・遠視・弱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。