良いウンチしてますか~?
2014年08月29日 (金) | 編集 |
ウンチは手っ取り早くわかる健康のバロメーター。
しっかり観察しましょう。

食べ物は胃、小腸、大腸など体内の幾つかの部屋を通った後、出口である肛門から排出されます。
ウンチとは食べ物の残りカス。
必要な栄養はすでに吸収されているので、出て行っていただかなくてはいけません。
良いウンチをするには食事と生活が決め手です。


q_pict_00.gif

色が黒くなるほど腸内環境が悪い可能性大。
良いウンチは力まなくてもスルッと出て、形はバナナ型、量は2本分くらいが理想です。

●硬い、太い、短い → 水分不足。便秘に注意
●量が少ない → ダイエット中、肉ばかりの食事
●気になるほど臭い → 悪玉菌に占拠されてるかも・・・
●黒っぽい →食べすぎや飲みすぎ

★リズムのある生活を
排便にはリズムが大切。朝は、前日の食事の残りカス(ウンチ)が大腸にスタンバイしています。
起きたら先ず口をゆすぎ、水を飲んで腸を目覚めさせ、朝食をとって腸を動かしましょう。
そして、もよおしたら即行トイレへ。
ガマンをすると便意を感じなくなり便秘へとつながりますから、毎朝ちょっと早めに起床してトイレタイムを確保したいですね。

★腸内環境を整える
腸内では日々、善玉菌と悪玉菌の熾烈な抗争が繰り広げられています。
善玉菌が多い時は腸内環境は正常ですが、悪玉菌に占拠されると大変です。
ウンチの色が黒くなったり臭くなったり、便秘にもなりやすくなります。
ちなみに悪玉菌はお肉好きなので食物繊維を積極的に摂りましょう。

★食物繊維でお掃除
消化されずに体外に排出される食物繊維は腸内のお掃除役です。
食物繊維が豊富な食材を食べるほどウンチの量が増えやすくなるのでモリモリ食べましょう!
善玉菌は食物繊維が大好きです。

★腹筋やマッサージも必要
腹筋は良いウンチをするためにも必須。腹筋がないと便を押し出せなくなってしまいます。
またマッサージも効果的です。手のひらをお腹にあて、時計回りに撫でるようにマッサージし、腸を優しく刺激しましょう。

★ストレスも大敵
便意はとってもデリケートです。
大きなストレスはもちろん旅行など生活リズムが変わるだけで便秘になることもあります。
せめて不規則な生活や乱れた食生活は改善したいですね。(ま)


近視・遠視・弱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。




視力が低下しても子供には分からない
2014年08月27日 (水) | 編集 |
視力低下は病気とは違い、痛みや出血などの症状がないため、
特に小さな子供に視力低下を自覚させるのは不可能です。
視力が1.0なくとも、0.5程度の視力があれば日常生活に支障がないため、
保護者に訴えることも少ないようです。
また、幼児や低学年の児童は、はっきりと意思表示が出来ないため、
一般的な視力検査をしても、正確な結果が出るとは限りませんし、結果が悪くても、
「小さいし検査がうまく出来なかったのかも」「たまたま体調が悪かったのかも知れない」と軽く片付けられてしまうこともあるようです。
どんな小さな変化にも気付いてあげられるよう子供の生活を注意深く観察してみてください。

●よく転んだり、ぶつかったりする ●目を見開いたり、細めたり、眉をひそめて
ものを見る ●テレビに近づいていく ●目が充血していたり、痛がったりする 
●よく涙目になる ●顔を動かしたり、斜めにものを見る
●飽きっぽく、イライラしたり疲れやすい ●光に対してまぶしがる
●ものを見たりするときに目をこする 
 
など、「おかしいな?」と思ったら、カレンダーの文字や時計などを見せて読ませて
みたり、看板の文字を読ませてみたりしてみてください。
この時、読めたことを確認するだけでなく、どんな目つきで見ているのかをチェックしてみてください。
幼児の場合、離れた位置から絵本などの絵を見せてもいいでしょう。
視力検査表があれば理想的ですが、ご家庭にあるものや窓から見える景色など、
対象物を決め早期発見に努めましょう。(たま)


img02.jpg


近視・遠視・弱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。


 生姜で夏バテ防止!!
2014年08月22日 (金) | 編集 |
syouga.jpg

残暑が厳しい毎日ですが、夏バテ防止に 「生姜パワー」
様々なお料理や、調味料に重宝されている 生姜 ですが、最近私は「はちみつ&生姜」でフルーツやジュースに取り入れ、夏バテ防止と、クーラーで冷えた身体を温めています。

皆さんも是非お試しください!!


しょうがの栄養素(食材100g当たり)

・カロチンが5μg
・ビタミンB1が0.03mg
・ビタミンB2が0.02mg
・ビタミンCが2.0mg
・カルシウムが12mg
・鉄が0.5mg
・カリウムが270mg

しょうがの健康効果

しょうが(生姜)は、様々な効能があることで知られる食材である。しょうがの栄養成分は、それほど多くはないが、しょうが独特の辛み成分や香り成分に薬効がある。

しょうがの辛み成分ジンゲロール・ショウガオール・ジンゲロンには血行を促進する作用や、体を温める働きがあるほか、新陳代謝を活発にし、発汗作用を高める働きがある。 また、強い殺菌力があるのもこれら辛み成分の特徴である。しょうがの香り成分では、食欲増進の働きを持つシネオールが含まれており、疲労回復・夏バテ解消に役立ち、健胃・解毒・消炎作用もあります。
(小)

近視・遠視・弱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。




目に効くレシピ
2014年08月19日 (火) | 編集 |
今回は、目に効くレシピをご紹介します。

『ブルーベリーラッシー』

ラッシーとはインドの飲み物で、良くカレー店で見かけますね。

rassi1.jpg


材料(1人分)

ヨーグルト 125g

牛乳     50g

冷たい水  50g

はちみつ(もしくは砂糖) 大さじ1杯

ブルーベリーグッド 1包

作り方

① ヨーグルト、牛乳、冷たい水、はちみつ、ブルーベリーグッドを
  ミキサーにかけ混ぜ合わせ、、よく泡立てます。

② コップにいれて出来上がり!

ブルーベリーに含まれるアントシアニンという成分が目にいいとされています。

ちなみに、このブルーベリーグッドは、楽天ショップなどで販売していますので、

ぜひお試し頂きたいと思います。

rasi1.jpg


ちなみにこれはラッシーはラッシーでも

「名犬ラッシー」でした…。(井)

近視・遠視・弱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。


森林浴の効果
2014年08月08日 (金) | 編集 |
森に入ると空気が澄んでいるような感覚を覚え、さわやかなリラックスした気持ちになります。その効果の源はマイナスイオンや、「フィトンチッド」などではないかと言われて
います。「フィトンチッド」とは森林から発散されている成分で、森独特のにおいの正体
です。フィトンチッドにより、精神が落ち着き、リラックスしてくると言われています。

最近の研究では、ガン細胞を防ぐNK(ナチュラルキラー)細胞が増えるという結果が実証
されてきています。実際の実験として、ストレス状態にある東京都内大手企業に勤める
37~55才の12名男性社員に、長野県飯山市の森林散歩道で3日間滞在してもらい、
森林浴の前後にNK細胞の機能が活性化するかを調べたものです。結果、1日目26.5%、
2日目52.6%もの活性化が見られ、NK活性が増強されたという報告がありました。

“遠くの緑を見ると目に良い” だけでなく、身体全体にも良いことがわかりました。

(森林浴の効果 ウォーキングでいこう!  を参考にさせていただきました。)
(植)


近視・遠視・弱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。

[READ MORE...]
メガネの歴史
2014年08月05日 (火) | 編集 |
視力を補うことを目的として使用されるメガネ。
最近では度の入っていないファッション用のものもあり、その用途はさまざま。
今では身近な存在ですが、一体いつ頃から普及したのでしょうか。

発明者不明
実はレンズ自体は古代からにすでに使用されていたことがわかっていますが、
メガネに関しては13世紀イタリアで発明されたとする説が有力ではあるものの、諸説あり発明者は不明とされています。

メガネが使用され始めた当初、使用するのは文字の読める限られた人、
いわゆるエリートとみなされる人々でした。
そのためかなかなか世間には広まらず、メガネは高級品とされていたようです。

印刷機の登場
そんな状況の中で世間に広まるきっかけとなったのが
新たな印刷機の発明だとする説があります。
それまで活字を読む機会が無かった人々の間で『活字文化』が急速に進み、
目を酷使する時間が増えたことでメガネを使用する人も増えたというわけです。

優れた印刷技術は、後に文化の発展をもたらし人々の生活にもプラスの影響を与えることになりますが、その一方で視力低下で悩む人々を増やしてしまう等マイナスの側面も生じさせており、それは現代にも繋がっていきます。
事実、教育水準・文化水準の高さに比例するかのようにメガネの装用率も高くなる傾向があり、目を酷使する環境が増え続ける現代では、自分自身で生活スタイルを見直してみる必要があるかもしれません。

ただこれらの出来事がメガネの機能を向上させ、時代と共にデザイン性を磨いてきたこともまた事実。今後もどんなメガネが出てくるのか楽しみですね。(石)

近視・遠視・弱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。




 

 
安易にコンタクト…本当に適していますか?
2014年08月01日 (金) | 編集 |
近年、『メガネより見た目が良いから…』『お洒落の一環で…』という理由で
初期の近視の状態でも、コンタクトを使用するケースが多く、更に近視を進行させて
しまう事も少なくありません。
メガネでもそうですが、コンタクトも誤った使用法や目にとって合っていない状態の
人が使用することで、更なる低下を招いてしまうことがあります。
では、どのような目の状態の人に適しているのでしょうか?

本来コンタクトの使用が適しているケース
○左右の視力の差が大きい人
片眼が正常視力で、もう片眼が強度近視・または遠視などで、左右の視力が極端に
異なる場合、メガネで矯正すると両眼視(両方の目で1つのモノを見ること)し辛く
違和感を生じ、眼精疲労の原因となってしまいます。
コンタクトであれば、視力が低下している方にだけ装着すれば良いので、
違和感なく両眼視することが出来ます。

○強い角膜乱視や不正乱視の人
角膜の湾曲が一定方向に特に強い『角膜乱視』や、角膜の湾曲が一定方向に
定まっていない『不正乱視』の場合、メガネでの矯正が困難です。
コンタクトの場合、レンズを目の表面に装着することで、角膜の湾曲に涙が入り
形状を変え、矯正力を高めてくれます。

○強度近視や強度遠視の人
屈折度数が強くなればなるほど、メガネのレンズは厚くて重くなり、レンズの中心部と
周辺部の厚さに差が出てきます。
そうすると、中心から外れたところでは良い視力が得られなくなります。
目に直接装着出来るコンタクトの方が、視野が広くなり矯正力が優れていると
言えます。
また、メガネで矯正した場合、近視の度数が強くなるほど見えているモノが
実物よりも小さく見えます。(逆に遠視の場合は大きく見えます。)

しかし、実状は上記の状態以外の人で使用している場合が多く、
その結果、視力を低下させてしまうのです。
初期の近視は、遠方視力が悪く、近距離視力は正常です。
近くのモノは見えるわけですから、遠くのモノを見る時にだけ矯正すれば良い事に
なります。ところが、安易にコンタクトを使用すると、簡単に取り外しが出来ない為
近くのモノを見る時にも矯正を強いられているというわけです。
コンタクトを着けて、長時間『読書・勉強・パソコン』等を行うと、裸眼で近くを
見ている時より、調節筋は緊張状態になってしますのです。
その結果、自分の力でモノを見るという事をしなくなり、近視は更に進行してしまうのです。

今一度、本当に自分の目がコンタクトが必要な状態なのか??
見直してみましょう。(masu)

近視・遠視・弱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。