FC2ブログ
伝わる風習
2014年09月30日 (火) | 編集 |
日本にはその土地その土地で特有の風習があり、現在まで伝わっているものが
多数存在します。
三重県の特に伊勢志摩地方では生まれてくる赤ちゃんのために
あることをするのだとか・・・


☆願いを込めて・・・☆
 ○目がきれいな赤ちゃんが生まれてくるように
 ○目のぱっちりした赤ちゃんが生まれてくるように
 ○視力が良い赤ちゃんが生まれてくるように
など、地域によって若干内容は異なるようですが目に関する願いを込めて、
昔から妊娠中の女性がアワビを食べる風習があるのだそうです。

現段階ではアワビを食べるだけで視力が上がったり、
きれいな目になるという説は医学的根拠がないことが明らかになっていますが、
アワビには赤ちゃんの網膜形成に必要な成分を含んでいる、
食べることで目の新陳代謝を促進する、アワビに含まれる
タウリン(栄養ドリンクに含まれている)には疲労回復の効果がある、など
当時の人々が栄養価の高いアワビの持つ力を信じて食べていたことが
今日まで風習として残っているようです。
また、伊勢志摩のアワビを伊勢神宮に奉納していたことから、
神が召し上がるものをお腹の赤ちゃんに栄養として与えるという意味もあったと
いうことですから、めでたいことを皆で祝うという目的もあるのかもしれません。

○アワビの効能○
眼精疲労、肝機能強化、老化防止、美肌効果、高血圧の予防、
動脈硬化の予防、滋養強壮、疲労回復

その他にも日本には柚子湯など、節句に水を使用した厄除けを行う風習もあります。
柑橘類の成分は肌に良く、ひびやあかぎれに効果があり、なおかつ良い香りのなかで
体を温めることができるためリラックス効果もありそうです。

風習には変わっているものや面白いものなど種類は様々ですが、なかには
昔の過酷な生活の中で編み出された数多くの知恵が詰っているものも存在します。

最近は冷たい風も吹くようになり、冷えを感じる方も多いのでは。
風習にならい、冷えて疲れた体を温かいお風呂につかって
癒してみるのはいかがでしょうか。(石)

近視・遠視・弱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。




老眼
2014年09月26日 (金) | 編集 |
近視で若い頃からメガネやコンタクトを使用している人が、
「近視だから年をとっても老眼にはならない」という話をしているのを聞いたことが
ありませんか?
一般に近視は遠くが見えにくく、老眼は近くが見えにくい、とされているので、
近視の人はメガネを外せば近くも見え易いことから、
『老眼にはならない』と信じられていることが多いようですが、
これは間違いです。
実際は、近視の人も老眼になるのです。


人間の目は水晶体と呼ばれるレンズの役目をする部分が、
近くを見るときは厚く、遠くを見るときは薄くなってピントを調節して
合わせているのですが、年をとってくると、この水晶体をコントロールする
筋力が徐々に衰え、ピントが合う範囲が狭くなっていきます。
これが、老眼の症状です。
いわゆる老化現象の一種なので、近視であるないに関わらず40歳を過ぎた辺りから、
自覚症状の大小はあれ、遅かれ早かれほとんどの人がなるものなのです。
ただ、近視の人は正視の人に比べて進行速度がゆっくりということも多く、
裸眼なら近くが見易いということからも、老眼になったことに気付きにくいと
いうことがあるのかもしれません。
そのため近視=老眼にならないと勘違いしてしまうのかも…。


ですが、なるべくなら老眼になる時期は遅らせたいというのが人間の性。
身体と同じく、目のアンチエイジングには普段からの食生活がとても大切です。
特にビタミン群は目にとって、とても大切な栄養の宝庫。
中でもビタミンAは「目のビタミン」とも言われ、目を活性化させる働きがあります。
レバーやうなぎ、ほうれんそう、チーズなど、ビタミンAが多く含まれる食品を
積極的に食事に取り入れてみるのもいいでしょう。(ma)

近視・遠視・弱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。



なぜ秋は食欲が増すの?
2014年09月23日 (火) | 編集 |
昔から「食欲の秋」と言われていますが、実際、夏が終わり涼しくなってくると
「食べたい」欲求が増して食べる量が増え、 体重増加につながってしまう人が多いようです。

なぜ「秋」に食欲が増すのでしょうか?

食欲に影響のある要因は様々あり,それぞれが複合的に絡んでいるので
単純には言えませんが、これまで研究結果として出てきていることの中から
ある程度根拠と裏付けのあるものをいくつか挙げてみます。

1)日照時間減少・照度低下との関係(セロトニン分泌低下)

夏から秋になると、日照時間が減少して明るさが低下しますが、
精神の安定化を保つ作用のある脳内の神経伝達物質で、
食欲の調整にも深く関わっているセロトニンは、
日光にあたった時間によって分泌量が調整されることがわかってきました。
つまり、日を浴びることが少ない秋には、
夏に比べセロトニン分泌量は減少してしまうのです。

日光にあたる以外に、セロトニン分泌量を増やす方法は、
糖質、乳製品、肉類の摂取や睡眠をとること。

秋になると食欲が増すのは、たくさん食べたり眠ったりすることでセロトニンを増やし、
精神の安定を保とうとするからではないかと言われています。

9月~10月にかけて、日照時間・日射量ともにガクンと落ちます。
確かに9月以降は暗くなる時間が早い!と感じますよね。

では、たくさん光を浴びればいいのか、と部屋の明かりを煌々とつけて過ごせば
心が落ち着き食欲も抑えられるかと言うと…そうもいきません。


「明るさ」の計測値で比較するとどんなに明るく見える室内照明も、屋外の
大雨の日にすら及ばず、晴れた日の日中の明るさと比較すると、なんと1/200にも満たないのです。

これは明るさを感じる仕組みが室内照明と自然の日光とでは違うというのもあるのですが、
どんなに頑張って室内を明るくしても、外で太陽の光を浴びるのとは全然違うことがわかりますよね。

気分良く食欲コントロールするためには、やっぱり室内に籠っていてはダメ なんですね。
これからどんどん日が落ちるのが早くなりますが、食欲の調整のためにも
晴れた日には外に出て、気分転換することを心がけた方が良さそうです。

2)気温変化に対するからだの反応

≪気温が低下すると、基礎代謝がアップする?≫

これまでもよく言われているのが気温の低下による基礎代謝の変化です。
気温が下がると、体温保持のためからだの熱産生が高まり、
基礎代謝が上がることは良く知られています。

過去の文献では、夏に低下した基礎代謝が秋から冬にかけて上昇することが示されています
基礎代謝が上がれば、それだけエネルギーを多く使ってしまうため、
その分を補給しようとお腹がすくことも頷けます。

しかしながら、近年ではエアコン等空調機能の発達で、季節変化による基礎代謝への
影響はほとんど考慮しなくても良いのではないかと言われています。

3)その他に考えられること

「夏バテ気味で低下していた食欲が、涼しくなって回復する」
「秋は美味しくなる旬の物が多いので、食べたくなるのは自然なこと」
「食べ物が捕れなくなる冬に向けて秋のうちに食べて身体に蓄えておくという、
生き物の自然の摂理」 など、とにかく「食欲の秋」の出所を探ろうとするといろいろな話があり、
「ナルホド、そうかもしれない」と、納得のいく説がたくさんあります。

秋になり食欲がアップするのは、こうした様々な要因が影響しあい、
相互作用しあって「食欲の秋」へとつながっているのだと思います。
とはいえ、納得して食べてばかりもいられませんよね~。

運動もしやすい季節なので、てきどにカラダも動かすといいですね!(むら)

近視・遠視・弱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。


昔遊びは身体によい!
2014年09月19日 (金) | 編集 |
スマホや携帯ゲーム、PC。
最近1点を見つめることが多くなっています。

先日、テレビで昔遊びが体を鍛え、疲れを解消してくれると紹介していました。

ここでは目についてのことを紹介します。

目にとっていいのは【お手玉】

お手玉をする時、あえて目を動かすことを意識して行うと、目の筋肉のトレーニングになります。
1点をじっと見ていると目の筋肉はこわばってしまい、目が疲れれしまうことがありますが、
お手玉は、そんな疲れ目の改善に効果が期待できます。

■ポイント&注意点
 ・お手玉の数は、自分の出来る数で。
 ・お手玉を見るのに顔全体を動かすのではなく、
  目だけ動かすよう意識して行います。
 ・1日3~5分ほど行えば十分効果が期待できるそうです。
 ・お手玉は、目だけでなく、
  素早く手を動かさないといけないので反射神経の訓練にもなります。

最近、小学校では剣玉など昔遊びをやっているようです。
大人も昔を懐かしんで、けんけんぱや竹馬などやってみてはいかがでしょうか?
けんけんぱは骨密度を上げる効果があり、竹馬は姿勢をよくする効果があるそうです。(森)

近視・遠視・弱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。

メガネの使い方
2014年09月16日 (火) | 編集 |
近視、遠視、弱視・・・

人によって目の状態は様々です。

「見えないからメガネをかけよう」という考えに陥りがちですが・・
実は、それぞれの目の状態に合わせたメガネの使い方が大切になってきます。


▼近視の場合▼ 
年齢や個人差はありますが、見えないときに使用するということが大原則です。

・軽度近視・
基本的には裸眼。メガネはすぐにかけないほうが望ましいでしょう。

・中度近視・
過矯正のメガネを使用したり、メガネを常用すると近視が進行する恐れがあります。
常用をせず、必要な時のみ使用しましょう。

・強度近視・
近距離用(30cm以上)中距離用(3m以上)遠距離用(5m以上)と用途に応じメガネを使い分けましょう。


▼遠視の場合▼
遠視については、屈折の強さだけではなく

①矯正視力が出るか
②年齢と近くを見るために必要な力(調節力)
③生活状況

これらによって、使い方が変わってきます。

・裸眼視力が1.0以上ある場合・
完全常用は必要ありませんが近業の際は、疲れさせないように使用することが望ましいでしょう。

・遠視の度数が強い場合・
見る力がついてくればレンズの度数を落とすことができます。
内斜視を起こす心配がある場合は、急に外すのではなく、少しずつ度数を落として
スポーツの時に外すなど様子をみていきます。


▼弱視の場合▼
目の状態に最適なメガネを作成し、常用必須です。
メガネによって網膜に光の刺激を与え、『見る力』を育てていくことが重要になります。
矯正視力が出れば、近視、または遠視などの目の状態に該当する使用法となります。


秋は読書に運動、色々なことに没頭したり挑戦したくなる季節です。
それぞれの目の状態に応じたメガネの使い方をして、しっかり目を守っていきましょう!(安)


近視・遠視・弱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。


読書の秋
2014年09月12日 (金) | 編集 |
食欲の秋・スポーツの秋など様々な秋がありますが、読書の秋は注意が必要です。
読書は近くを見ているわけですから、調節に関わる毛様体筋は緊張し疲労しています。
その疲労を放っておくと、視力低下や近視の進行につながります。


★読書の注意点★
・必ず机やテーブルの上で読みましょう。正しい姿勢で目との距離を充分にとりましょう。
・暗すぎず明るすぎない場所で。(300~400ルクス前後)
・時間を決めて読みましょう。(30分に1度は休憩を入れましょう)
・読み終わったら遠方凝視をして緊張した筋肉をほぐしましょう。
・目の体操をゆっくり丁寧にしましょう。


★本を読むときには、書見台がおすすめ!!!

読む方に合わせた正しい角度に調節する事により、疲れを予防出来ます。角度は3段階に調節可能です。
パソコンの作業時にもお勧めです。


★視力低下予防メガネがおすすめ!!!

長時間、近くの物を見る『近業状態』が続くと目の調節筋は緊張をおこし、近視は進行していきます。
しかし、このメガネを使用すると30センチの距離で本を読んでも、50センチ~1メートル程度、離して読んでいる状態となり近視の進行を予防します。
読書のみならず、勉強、パソコン、ポータブルゲームやタブレットなどの近業に予防効果を発揮します。
また、このメガネをトレーニングに応用すると『雲霧法(うんむほう)』と呼ばれる目の中の筋肉をより鍛える回復効果の高い訓練がご自宅でも行えます。


ご家族の方も作成することが可能です。
ご入学や受験勉強を控えた方に…パソコンやデスクワークが多いご両親に…
目の状態に応じて作成致しますので、ご希望の方はお気軽に所員までお尋ね下さい。(7)

近視・遠視・弱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。




何故目が疲れると、充血するの?
2014年09月09日 (火) | 編集 |
長時間パソコン・スマートフォンをやったり、本を読み続けると、目が疲れ、そして場合によっては白目が
真っ赤になります。

充血の赤と言うのは、目の内側を流れる血液の色。
目が疲れると、目の内側にある毛細血管が太くなり、それと同時に血液の流れる量も増加。
そのため、目が赤く見えるのです。
では、何故目が疲れると、毛細血管が太くなるのでしょうか?
目にある毛細血管の太さを操っているのは、自律神経と言う神経。
自律神経とはその名のとおり、自律している神経、つまり自分で自分をコントロールできる神経です。
自律神経以外の神経は、常に脳からの指令を待っており、脳から指令が来ると、その指令通りに動きます。
しかし、この自律神経は、脳からの指令を待たず、勝手に動くのです(つまり、意図的に操る事が出来ません)。
そして先ほども述べたように、この自律神経は、目の毛細血管を操っています。
普段、自律神経は、毛細血管を収縮、つまり細くさせています。
ですので、目の内側を流れる血液の量も減り、白目の部分は白く見えるのです。
ところで、人間は酸素を吸って二酸化炭素を吐き出します。
体内のどこで酸素が二酸化炭素に変わるかと言うと、体中の細胞内。
細胞たちはみな、酸素などをエネルギー源として、働いています。
そして、目の細胞も、酸素などをエネルギー源として働き、働いた後には、二酸化炭素などの不要な物質だけが残ります。
この酸素と二酸化炭素を運ぶのは、血液の役目。
目を長時間使うと言う事は、目の奥の視神経や筋肉なども含め、長時間目の細胞をこき使う、と言う事。
目の細胞たちは、脳からの指令に応えようと、一生懸命働きます。
そして、働くためには酸素が必要。
そこで、自律神経が、目の細胞たちに酸素を大量に送り込み、それと同時に二酸化炭素を運び出します。
酸素を大量に送り込む方法は、実に単純。
そう、目の内側の毛細血管を拡張させる、つまり太くするのです。
このため、白目部分が赤く見えるようになり、俗に言う「充血」状態になる、と言うわけです。
長時間の目の使用は視力低下の引き金。
たまには、目の細胞たちを重労働から休ませてあげる事も、重要です。
ちなみに、ウサギの目が赤いのも同じ理由。
こちらは、単純に色素が少なく、奥の毛細血管が透けて見えているだけのようですが・・・(久)

近視・遠視・弱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。


デング熱
2014年09月05日 (金) | 編集 |
最近テレビなどで頻繁に報道されている「デング熱」。
デング熱の典型的な主な症状は、
蚊に刺されてから3日〜14日(多くは4〜7日)の潜伏期間の後、
突然の発熱(38〜40度)で始まり
頭痛・眼窩痛・筋肉痛・関節痛・全身の倦怠感などを伴うことが多く、
食欲不振・腹痛・発疹を伴うこともあります。
これらの症状は一週間ほどで回復し通常は後遺症なども残らないそうです。
ただ、稀に視力障害などが起こり程度により、
手動弁(眼前の手の動きがわかるだけ程度の視力)になってしまう場合もあるそうです。
この場合はステロイド剤などによる治療によって視力の改善を試みるそうですが、
デング熱発症前の視力まで回復しない症例も多いとのことです。

一方「デング出血熱」とは、原因は同じデングウイルスですが症状は重く、
デング熱の症状である熱が下がり始めたころ(約2~7日後)、
循環障害と出血傾向により、
消化管出血・呼吸困難などを呈しショック状態に陥ることがあり、
適切な治療を受けない場合は死亡する可能性もあるそうです。

また、デング熱は感染しても半数は発症せず軽症例も多く医療機関に受診されても、
海外渡航暦がないとかからないと思われているため、
風邪と診断されていたかもしれないそうです。

しかし、普通の風邪と異なる症状もあり
風邪やインフルエンザは熱が1、2日で下がることが多いが、
デング熱は4、5日続くことが多く、一度下がった熱が再び上がる事もあるそうです。

国立国際医療研究センター国際感染症センターによると
デング熱では多くの患者が目の裏の痛みを訴えるそうです。
症状としては発疹もありますが、発疹が出るのは熱が下がった後。
発熱直後は見分けがつきにくいが、
熱が何日も続いて目の裏が痛い場合はデング熱の恐れがあるそうです。
解熱後も倦怠感が続き、食欲がなく水も飲めないといった場合は
医療機関を受診した方が良いでしょう。

また、デング熱には有効なワクチンがない為
外出時は市販されている虫除けスプレーなどを使用し、
蚊に刺されないよう予防することも大切です。(池)





近視・遠視・弱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。



間違い探し
2014年09月02日 (火) | 編集 |
今回は遠視についてのお話です。
まず、正視は眼に入ってきた光が角膜・水晶体を通過し、網膜上でピントが合い、
良好な視力が出ます。
遠視は調節力に対し、眼軸(眼の奥行きの長さ)が短い、
もしくは、調節する力が弱く、網膜の後方で結像するため、遠くも近くも
見づらくなります。
また、視機能は6歳までに備わるため、そのままにしておくと裸眼視力だけではなく、
矯正視力(眼鏡越しの視力)も出なくなり、弱視になってしまう場合があります。
また、眼精疲労から内斜視を引き起こす事もありのです。
その為、強い遠視であれば、今、一番視力が出るメガネ(凸レンズ)を掛けて、
網膜上に光(像を映す)を入れてあげないといけません。

遠視のお子さんは、状態に合った最良のメガネを掛けて、
目を使うことが大事なのです。



この様な間違い探し↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
420-matigai-himawari-01.gif




などを行う事も大切です。
当センターでは近視とは異なる遠視・弱視の方のための弱視トレーニングも行っております(三)

近視・遠視・弱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。