FC2ブログ
スマホで増加??? 緊張型頭痛
2014年10月31日 (金) | 編集 |
仕事でPCとにらめっこしたり、ゲームに熱中したり、目を酷使している時にやってくる頭痛



そんな症状が現れた人は、「緊張型頭痛」の可能性がある。
症状としては
後頭部から首筋、こめかみが締め付けられるような重苦しい痛みがだらだらと続くのが特徴です
「緊張型頭痛は、肩や首の筋肉・神経の緊張状態が続き、血流が悪くなって周囲の神経を圧迫することで起こるもの。近年では、PCに加えてスマホを使用する時間が長くなり、深夜まで目を酷使する人が多くなっているため、同様の状態に陥る患者は増加傾向にあります。また、体を動かす日常動作が少なくなりがちで、筋肉がほぐれにくいことも原因のひとつでしょう」

頭痛の種類を見分けるチェックリストは以下の通り。
□運動すると楽になる
□風呂に入ると楽になる
□飲酒で楽になる
□吐き気はない
□生活に支障がないレベルの痛み

5つのうち3つ以上当てはまる人は、緊張性頭痛の疑いアリ。スマホやPCの使いすぎによる眼精疲労にも気をつけたいところですが、ダイエットや睡眠不足による肉体的ストレスや、人間関係などによる精神的ストレスも原因になるという。
とはいえ、オン・オフ問わず必需品となっているスマホ・PCの利用を断つのは不可能に近いですね…

「人間は本来、太陽が沈んだ後は休むようにできています。利用をやめることが難しくても、“夜9時以降はなるべく使わない”など、目を休ませる時間を作ると良いかもしれません」

それでも緊張型頭痛になってしまった時、自分でできる対処方法はあるのでしょうか。

「ストレッチや軽い運動は症状を改善させるようです。また、体を温めて血行を良くしたり、心をリラックスさせると痛みが緩和されるので、ホットタオルを目や首筋に当てたり、お風呂に入るのも効果的です」

また、先日の話ですが・・・会員さんのお母様が『PCとスマホを使い始めて、とにかく目が疲れて、頭痛もする』ということで、超音波治療器(ソニマック)を使ったらすごく楽になったとのこと。
お持ちの方は、是非活用して下さいね。
その日の疲れは、その日のうちに  ・・しっかりとってあげることが大切です   (久)

近視・遠視・弱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。


VDTと子供
2014年10月28日 (火) | 編集 |
“VDT”という言葉を聞いたことはありますか?
VDT(別名 テクノストレス眼症)とは、Visual Display Terminalsの略で、
パソコンや携帯電話、テレビゲームの端末などの表示機器のことをいいます。
近年私たちが仕事や生活する上で欠かせないこれらの表示機器なのですが、
長時間使用することで目や体に不調がおこる“VDT症候群”という
新しい現代病に悩まされている人が急増しているそうです。
ますは、新たな現代病“VDT症候群”についてお話していきます。

■VDT症候群の特徴7つ
1日に8時間以上VDTを使用した作業に従事するという人は、
以下のような症状が現れたことがないでしょうか?

(1)疲れ目 (2)ドライアイ
(3)充血   (4)視力低下
(5)頭痛   (6)肩こり
(7)腰痛
これらの症状は、「作業で疲れただけ」「放っておいても大丈夫」などと
軽視してしまいがちなのですが、新しい現代病として、近年急増しているのです。
また、上記の症状が進行するとイライラや不快感を伴うようになるので、
作業効率の低下にもつながり、悪循環…。
さらに、VDT作業が原因で女性を悩ませるアノ症状を悪化させてしまっているという
興味深いアンケート結果もありますので、ご紹介します。

■VDT作業が原因で体が冷える!?
点眼薬で有名な参天製薬株式会社が、
首都圏と関西圏に在住のVDTを多く使用するであろう20代から30代の
女性400名を対象としたパソコンの使用時間と
体の症状に関するアンケート調査を行いました。
そして、その結果、1日8時間以上VDT作業に従事する女性は、
パソコンの使用頻度が低い女性と比べると、眼精疲労、体の疲れだけでなく
冷え症を併発していると答えた人が68%もいたことが明らかになっています。
空調の効いたオフィスで座ったまま作業をすることで、
血行が悪くなり体のすみずみまで温かい血液が行き届かなくなるので、
VDTを使った長時間の作業と冷え症には関係があるというのには納得ですよね?
そうとわかっていても、VDT作業を避けられない人は、
次のVDT症候群を予防する方法を参考にしてみてください。

■VDT症候群の予防法5つ
目や体、心に負担をかけないVDTの作業方法は以下の5つです。

(1)適度に休憩をとる
作業に没頭してしまうのはわかりますが、
1時間に10分から15分ほど中断し休憩をとるようにしましょう。
その時に体を伸ばしたり、軽くストレッチをすると
体のコリを予防することができます。

(2)矯正器具を見直す
度の合わないメガネやコンタクトレンズを装着していると、
視力低下だけではなく、眼精疲労や頭痛を悪化させます。
自分の視力にあった矯正器具を使うようにしましょう。

(3)作業環境を整える
部屋の明るさや温度、湿度を快適に整えることで、ストレスを軽減しましょう。

(4)デスクトップを変える
デスクトップの背景色は、モニターからの刺激を抑える効果がある、
ブラックやグレーがオススメです。

(5)食事をしっかりとる
忙しいからといって食事を抜いて作業すると、
自律神経が不安定になりイライラしたり、作業効率が悪くなります。
食事をすることで気分転換にもなりますので、しっかり食べる習慣を身に付けましょう。
対策をしっかりととることで、目や体、心の疲れや不調を軽減させることができます。

また、スマートフォンなどが大幅に普及した現代では
電子メディアに接する機会は大人に限りません。子供にも注意が必要です。
特に子育て中の女性は、忙しい時ついついスマホに頼ってしまうことが
多いのではないでしょうか?
知育アプリや、しつけアプリといわれているもののダウンロード数が、
近年激増しています。
確かに、幼児にスマホを触らせておくと、静かになるし、楽しそうにしているし、
家事もはかどるし、と便利な存在です。
しかし、スマホが幼児に与える影響についてどう考えているでしょうか?
実は、まだスマホ自体が新しいため、詳しくわかっていないようですが、
テレビやゲーム機などの電子メディアの影響が参考になるようです。
そこで、雑誌『母の友』(福音館書店)2014年4月号の
「電子メディアと子どもたち」の記事から、
この分野の調査・研究を続けている旭川赤十字病院の
諏訪清隆さんが述べていることを引用しつつ、
“スマホが子どもの発達へ与える影響”についてもご紹介します。

■電子メディアの刺激とは
電子音は、人の声であっても自然界にはないものなので、右脳で処理されます。
脳の受け止め方が全く異なるのです。
また、人工的な電子映像、電子音は、自然界の刺激に比べるときわめて単純で、
複雑さに欠けます。
まだ脳がしっかりとできていない乳幼児が、
“強くて単純な刺激”を常に受けていると、微弱な刺激に対し鈍くなる恐れがあります。
幼児期は、五感を育んでいく時期だとされていますが、
こういった電子メディアの刺激では、視覚と聴覚のみに偏ってしまうのですね。
その上、その刺激自体も自然界の刺激とは異なるので、
子どもに複雑な刺激を与えられないこととなってしまいます。

■言葉の発達が遅れやすい
テレビの場合、長時間見ている子どもほど、
「言葉の遅れ」が出やすいと言われています。
日本小児科学会が2003年に一歳六カ月児千九百人を対象に調査したところ、
テレビを見ていたり、近くでテレビがついていたりする時間が長いほど、
言葉の発達に遅れが見られる比率が高くなるという結果が出ました。
テレビ視聴と言語能力の発達遅れとの関連が、脳科学的にも証明されたということです。
子どもの言語能力は、双方向の対話でのやりとりの中で発達してゆくものなので、
同じことがスマホにも当てはまるのではないか、と言われています。

■視力低下の原因に
テレビの場合、ずっと見ていると、同じ距離で長時間見ることになるため、
目の筋肉は緊張した状態が続き、視力低下の原因になることがわかっています。
手元でスマホを見続けるのも同じでしょう。

またそれ以外にも、心理面での影響も心配されており、
電子メディアとの接触時間が長いほど、自己肯定感が低く、
対人関係に消極的、我慢強さがなくなる傾向があると言われています。

以上が“スマホが子どもの発達へ与える影響”についてです。
小さな子どもが、電子メディアとどう接していくかについては、
時間制限を設けるなど、親がコントロールしていかなくてはいけません。
スマホの子どもへの発達影響は、まだハッキリとわかっていないようですが、
影響が出てからでは遅いので、電子メディアが与える影響を参考に、
スマホが与える影響についても考えておきたいですね。(池)

ただ今『2014 目の愛護月間キャンペーン』 好評実施中!!
視力の低下でお悩みの方は、ぜひ一度ご来所ください。



近視・遠視・弱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。




ブルーライト 肥満?
2014年10月24日 (金) | 編集 |
液晶テレビ、ゲーム機器、タブレット端末などのモニタから発せられる「ブルーライト」

パソコンやスマートフォンなどのLEDディスプレイやLED照明には、ブルーライトが多く含まれており

LEDの普及や使用時間の増加で、日常生活でのブルーライトの暴露量は年々増えている

また、これらを扱う世代は子どもから高齢者まで広がっており

これほど人工的な光を長時間見つめ続ける生活となったのは、人類の歴史上初めてだ

そのため、近年、ブルーライトによる身体へのダメージが危惧されている

 ブルーライトとは、波長が380~495nmの青色光のこと。人間の目で見ることのできる光=可視光線の中で

最も強いエネルギーを持つ。ブルーライトがやっかいなのは、目の角膜や水晶体は350~800nmの波長を

透過させるため、網膜にまで到達して影響を及ぼすことだ

 厚生労働省のガイドラインでも、ブルーライトが眼や身体に大きな負担をかけると認められており

「デジタルディスプレイ機器で1時間作業を行ったら、15分程度の休憩を取ること」を勧めている

 ブルーライトの受け過ぎには、大きく2つの問題が指摘されている。1つは目への影響

ブルーライトが到達した網膜に負担がかかり、眼病を引きおこす恐れもある

もう1つは、光による生体リズムの乱れだ。もともと日中にしか浴びていなかった光を

夜になっても受け続けることで、睡眠障害などの健康被害が起きるのだ

●体内リズムをコントロールする

 ヒトの体は、地球の自転による24時間周期に合わせて

体温や血圧、ホルモンの分泌などの働きを変化させている

この生物に備わる約24時間周期のリズムをサーカディアンリズム(概日リズム)という

 慶應義塾大医学部学眼科教授の坪田一男医師が代表を務める「ブルーライト研究会」によると

ヒトの目の網膜には、光の色を感知する「錐体(すいたい)」と、明暗を感知する「桿体(かんたい)」という

2つの視細胞に加えて、近年、サーカディアンリズムをコントロールする役割を果たす「第3の視細胞」が発見されたという

この「第3の視細胞」は、460nmという強いエネルギーを持つ光のみに反応する

つまり、自然界からブルーライトを感知することは、体内リズムを整え

健康を維持する上で重要な役割を果たす一方、夜に感知することで、サーカディアンリズムを大きく狂わせてしまうのだ

 また最近では、シカゴのノースウェスタン大学が、3時間以上ブルーライトを見続けると、空腹感が増すことで肥満を誘発

するのではないかという新説を発表。原因不明のさまざまな身体の不調との関係も指摘されている

 ブルーライトの影響を抑えるには、夜はできるだけ暗い環境で過ごし

サーカディアンリズムに沿った生活することだ。とはいえ、パソコンやスマホから離れた暮らしを続けることは難しい

 そこでよく利用されているのが、ブルーライトをカットするフィルムや「PCメガネ」

ブルーライトを軽減した蛍光灯型LED照明などだ。これらをうまく活用しつつ

ブルーライトの受け過ぎを防ぐのが現実的な付き合い方だといえる

 研究段階とはいえ、ブルーライトの浴び過ぎは健康を蝕み、身体の不調を招くことだけは間違いない(三)

(文=チーム・ヘルスプレスより引用)

ただ今『2014 目の愛護月間キャンペーン』 好評実施中!!
視力の低下でお悩みの方は、ぜひ一度ご来所ください。



近視・遠視・弱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。



秋も注意!
2014年10月20日 (月) | 編集 |
台風一過のあと、さわやかな秋風が…と思っていると妙に目鼻がかゆい。そんな経験をしている人はいませんか。
実は秋は、アレルギーの多い季節なんです。秋になるとかゆくなる2大原因は「秋の花粉」と「ダニの死骸」と言われています。早速チェックしてみましょう!

●秋の花粉症とは
秋の花粉症とは、秋に花を咲かせるイネ科やキク科の植物の花粉によるアレルギー症状です。有名なものに以下のものがあります。
ブタクサ
ヨモギ
カナムグラ
カモガヤ
春の花粉症がスギやヒノキといった樹木の花粉であるのとは違い、秋の花粉は身近な草木の花粉が原因です。
夏の疲れが出る時期と重なるため、風邪と間違いやすいのも厄介なところです。

◆風邪との見分け方は?
・サラサラした鼻水がでる
・目がかゆい
・晴れた日に症状がひどい
・かゆみや鼻水などの症状が1ヶ月以上つづく

当てはまる症状が多いようなら、秋の花粉症かもしれません。
耳鼻咽喉科やアレルギー外来にかかってみましょう。

◆秋にダニの死骸が増える理由
アレルギーの原因となることで有名なダニ。ふとんや畳、衣服、ホコリの中などに生息しています。
アレルギー性のぜんそくやアトピー性皮膚炎の原因になるとも言われています。

ダニが厄介なのは、生きている間だけでなく、糞や死骸もアレルギーの原因になるということ。
ダニは梅雨時から夏に繁殖のピークを迎えたあと、乾燥がすすむ秋から冬に死滅していきます。
夏の間に発生したダニの死骸をしっかり駆除しておかないと、秋の間中、アレルギー症状で
苦しむことにもなりかねません。

ダニは乾燥が苦手なので、『布団を干す』『洗濯のあとはよく乾燥させる』『ホコリを舞い上がらせない』
『マメに掃除機をかける』『マスクをする』などの対策が有効です。

秋は過ごしやすい季節、というイメージが強いですが、花粉やダニに注意が必要な季節でもあります。
楽しい秋を過ごすためにも、「ちょっとかゆいな~」と思ったら、秋のアレルギー対策をしておくといいですね。
img_kiso04.gif


10月10日は目の愛護デー、目の愛護月間キャンペーン実施中。近視・遠視・弱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。


長時間ネット利用の子どもに朝食抜き・睡眠時間の短い傾向
2014年10月17日 (金) | 編集 |
神奈川県・横浜市・川崎市・相模原市は10月10日、県内の小・中・高等学校の
児童生徒を対象にした「子どもたちのネット利用に係る実態調査」の結果を発表した。
長時間ネット利用の子どもに「朝食を食べない」「睡眠時間の短い」傾向が見られた。

同調査は、横浜市・川崎市・相模原市の三政令市の小学校(5・6学年)と
中学校(1~3学年)より各学年20学級を抽出、県立高等学校(1~3学年)より
各学年28学級を抽出し、各学校を通じて児童生徒へ調査票を配布することにより
実施した。
回答者数は13,251人(小学校3,980人、中学校6,506人、高等学校2,765人)。
調査期間は6月~7月。

 インターネットに接続可能な端末の所持率は96.6%に上り、ほとんどの子どもたちが
何らかの機器でインターネットに繋がる環境にある。
端末の種類は、「ゲーム機」59.8%、「スマートフォン」52.5%といずれも半数を超え、
高校生のスマートフォン所持率は90.2%に上る。

 1日の情報端末利用時間は、「5時間以上」20.9%と「1時間以上2時間未満」20.4%が
それぞれ2割を占めた。3時間以上の利用者は約4割に上る。

 利用ルールについて、「家族で決めている」46.9%と「友達同士で決めている」5.2%の
合わせて52.1%が何らかのルールを決めている。
利用のルールを決めていない子どもの方が長時間利用する傾向が見られ、特に
5時間以上使う子どもは顕著にその傾向が見られた。

 朝ごはんの食べ方や睡眠時間といった生活習慣と端末利用時間の関係を調査した
ところ、「朝ごはんを食べない」「睡眠時間が短い」子どもに端末の長時間利用の傾向が
見られた。

センターに来所されてる皆さんの中にも、スマホの時間が長かったり、就寝時間の
遅い方もいらっしゃるようです。
せっかく頑張ってトレーニングには励んでるのであれば、ちょっとした節度も、
必要かもしれませんね。(タマ)


ただ今『2014 目の愛護月間キャンペーン』 好評実施中!!
視力の低下でお悩みの方は、ぜひ一度ご来所ください。



近視・遠視・弱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。



lgf01a201401031300.jpg



 「機能性表示食品」
2014年10月14日 (火) | 編集 |
◆消費者庁、健康新制度で表示基準案◆

1991年の「特定保健用食品に続き」、「機能性表示食品」制度を来年3月31日までにスタートさせるそうです。

「機能性表示食品」と表示する為の要件は大きく2点

①健康の維持・増進に役立つ旨を科学的根拠に基づき事業者責任で証明する事
②それらの有効性データを含めた必要事項を消費者庁長に事前届出をする事
c0450.jpg

特保とは異なり国による個別の審査は受けていない旨を表示し、事業者責任を明確にしている一方、一定の科学的根拠がある事を示す内容となっている。

1991年の「特定保健用食品」が市場規模6100億円、に対し「機能性表示食品」の市場規模は、いわゆる健康食品含め1兆2100億円。
今まで以上に情報をよく確認し、個々が求める食品購入に繋げていきたいですね。

(小)

10月10日は目の愛護デー、目の愛護月間キャンペーン実施中。近視・遠視・弱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。


まぶたについて
2014年10月10日 (金) | 編集 |
今回は、まぶたについて。

上まぶたのまつ毛の少し上に、溝があって開けた時に折り畳まれて二重になるまぶたを

二重まぶた(ふたえまぶた)、溝の無いまぶたを一重まぶた(ひとえまぶた)といいます。


二重まぶたで、まつ毛と溝の間の幅が狭く溝が隠れてわかりにくいまぶたを、奥二重(おくぶたえ)と呼びます。


先天的に遺伝で、二重まぶたが優性遺伝、一重まぶたが劣性遺伝だそうです。


一重まぶたは、氷河期にモンゴロイドの中に生じたそうです。

防寒の為に脂肪が厚く、二重まぶたより開ける機能に劣り、平均的に開きが狭く目が細いです。

まぶたの筋肉が頭の筋肉と肩の筋肉まで繋がっていて、まぶたを動かすのにそれらも使われる為、

二重まぶたより肩がこり易いようです。


まぶたが一時的に三重以上のようになったり、一重まぶたが二重の状態になったり、

逆に二重まぶたが一重まぶたの状態になる事もあります。

また、後天的に自然に一重まぶたが二重まぶたになる事もあります。

その為、左右片目ずつ一重まぶたと二重まぶたという人もいます。


まぶたのこすり過ぎ等でまぶたの筋肉の機能が衰えてまぶたが伸縮しなくなると、

目を開けるのに額を動かしてまぶたを持ち上げるようになり、眉毛も動き、額に皺ができやすくなります。

ちなみに「瞼(まぶた)の母」の意味は、

目を閉じると思い浮かぶ遠い母の面影を表すそうです。



「♪~上と下の瞼をあわせりゃ 逢わねえ昔のやさしいおっ母の面影が浮かんでくらぁ~…」(井)


mabutanohaha.jpg

10月10日は目の愛護デー、目の愛護月間キャンペーン実施中。近視・遠視・弱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。




ゲームをいつするか
2014年10月03日 (金) | 編集 |
どうしてもゲームはやめられないの? 
回復トレーニングを始めて3ヶ月、なかなか結果の出ないA君に
こう切り出してみたところ、予想通りの答えが返ってきました。
「ゲームがないと友達と話が合わない。」

A君の視力低下の原因はゲームによるところが大きく、まずは
時間を減らすことから取り組んでいきましたが、ゲームの魔力は
強く、最近は入会当初よりもむしろ時間が増えているようです。
このままいけば回復どころか更なる低下は目に見えているので
お家の方とも話し合い、新しく決まりをつくりました。

1日30分までという条件は以前と変わらないのですが、
”ゲームは外出30分前に始めること”としました。
時間に余裕のある時は30分と決めても、つい流されてしまい
あっという間に1時間位経ってしまいます。その結果、疲労度は
倍以上になります。30分で一度区切って休み、また30分なら
疲労度は倍ですが、休憩なしで続ければ倍以上疲れます!
それなら続けたくても続けられない状況でゲームをすれば・・・
例えば塾に行く前、家族と出かける前などであれば嫌でもゲームを
中断せざるを得ません。
ただし、友達と遊びに行く前は×です。これから友達と会って
ゲームをするかもしれないからです。

この決まりをつくって以降、A君の視力は低下することなく、まだ
メガネをつくらずに生活できています。入会して1年が経ちました。

ゲームをとりあげてしまえば簡単だったかもしれませんが、A君の
性格を考えると、モチベーションを維持するのが難しいでしょうし、
トレーニングに身が入らなくなるのも困りますので、この方法を
とりました。

恐縮ですが、A君とご家族の方に感謝の気持ちをいただきました。

これからもA君には頑張ってほしいと思います!!   (植)



近視・遠視・弱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。