FC2ブログ
スマホで増加??? 緊張型頭痛
2014年10月31日 (金) | 編集 |
仕事でPCとにらめっこしたり、ゲームに熱中したり、目を酷使している時にやってくる頭痛



そんな症状が現れた人は、「緊張型頭痛」の可能性がある。
症状としては
後頭部から首筋、こめかみが締め付けられるような重苦しい痛みがだらだらと続くのが特徴です
「緊張型頭痛は、肩や首の筋肉・神経の緊張状態が続き、血流が悪くなって周囲の神経を圧迫することで起こるもの。近年では、PCに加えてスマホを使用する時間が長くなり、深夜まで目を酷使する人が多くなっているため、同様の状態に陥る患者は増加傾向にあります。また、体を動かす日常動作が少なくなりがちで、筋肉がほぐれにくいことも原因のひとつでしょう」

頭痛の種類を見分けるチェックリストは以下の通り。
□運動すると楽になる
□風呂に入ると楽になる
□飲酒で楽になる
□吐き気はない
□生活に支障がないレベルの痛み

5つのうち3つ以上当てはまる人は、緊張性頭痛の疑いアリ。スマホやPCの使いすぎによる眼精疲労にも気をつけたいところですが、ダイエットや睡眠不足による肉体的ストレスや、人間関係などによる精神的ストレスも原因になるという。
とはいえ、オン・オフ問わず必需品となっているスマホ・PCの利用を断つのは不可能に近いですね…

「人間は本来、太陽が沈んだ後は休むようにできています。利用をやめることが難しくても、“夜9時以降はなるべく使わない”など、目を休ませる時間を作ると良いかもしれません」

それでも緊張型頭痛になってしまった時、自分でできる対処方法はあるのでしょうか。

「ストレッチや軽い運動は症状を改善させるようです。また、体を温めて血行を良くしたり、心をリラックスさせると痛みが緩和されるので、ホットタオルを目や首筋に当てたり、お風呂に入るのも効果的です」

また、先日の話ですが・・・会員さんのお母様が『PCとスマホを使い始めて、とにかく目が疲れて、頭痛もする』ということで、超音波治療器(ソニマック)を使ったらすごく楽になったとのこと。
お持ちの方は、是非活用して下さいね。
その日の疲れは、その日のうちに  ・・しっかりとってあげることが大切です   (久)

近視・遠視・弱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。