愛菜ちゃんの視力ってどのくらい?
2014年11月28日 (金) | 編集 |
天才子役の芦田愛菜ちゃん。

話によると、一ヵ月で60冊もの本を読むのだそうです。

換算すると、一日に2冊は読んでいることになります。

普段は小学校に通いながら、テレビのドラマやバラエティの仕事をしているはずなので、

合間に読書をしていると思われます。

幼少の頃から続けていて愛菜ちゃんももう10歳、この読書の量はすごいことです。


しかし、愛菜ちゃんにとって心配なのが「視力低下」です。

まず、小学校の授業でノートをとったり、宿題したり、ドラマなどの台本をよんだり、

そして読書をしたりと、かなり目を酷使しているはずです。

愛菜ちゃんが最近出演したバラエティ番組では、VTRを見る時はメガネを掛けていました。

近視がかなり進行していると思われます。


もし、愛菜ちゃんが近視の場合、この年齢の時期が一番近視が進行しやすくなります。

近業が多いのは仕方がないにしても、見る姿勢に気をつけたり、

時間を区切り、30分で休憩を入れたり、

遠くを見る時間を増やしたりして少しでも目への負担を軽減していただきたいです。


でも、愛菜ちゃんってホントにすごいですね。(井)

近視・遠視・弱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。



魚が体にいい訳
2014年11月25日 (火) | 編集 |
脂は温度の低いところで固まる性質があり、
もし人間の体の中で脂が固まったら
動脈硬化から様々な病気を引き起こしやすくなります。
糖尿病からのつながりでもちろん目にもよくありません。

人の体温は平均36℃で、それより体温の高い生物の
肉を食べると体内で脂が固まりやすく、体によくない訳です。

牛 38.5℃
豚 39℃
鶏 42℃

魚の種類や、生息している海域の違いはあるでしょうが、
例として日本近海のクロマグロは体温20℃(水温より5℃高い)
なので、ご理解いただけると思います。

魚中心の食生活はカルシウムも摂取できて、とても健康的だと
思います。(植)


近視・遠視・弱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。
 

早めの予防
2014年11月21日 (金) | 編集 |
乾燥の続く季節になりましたね
風邪対策の一環としてや、乾いた肌・目を潤すため、
加湿器や目薬を使用する人も多いのでは。
保湿することで美容効果をもたらすことも期待できるため
毎年この時期になると何らかの対策をうつ女性も増えます
美容のため健康のため、目的は様々ですが早めの対策を必要とするのは
今も昔も同じようです。

古代エジプトでは、現代女性が美容のために身に付けるあるもので
眼病予防をしていたとされています。
仕事のときやプライベートのとき、
身だしなみとしてや美しくなるために使用する『あれ』です


☆古代エジプトでの暮らし☆
彼女達の暮らしていた当時のエジプトという地は強い陽射しや乾燥しやすい空気、
舞い上がる砂埃といった過酷な環境でした。
特に酷暑の中ではハエが繁殖しやすく、そのハエが媒介する菌で眼病が広まり、
最悪失明の危険性も・・・

そんな環境のなかで行われた対策こそが、
現代女性の多くが行う化粧、正確には目もとに付ける『アイシャドー』です。

当時の人々が使用した孔雀石(くじゃくいし)をすりつぶした
粉状のアイシャドーの成分に、殺虫剤にも使用される炭酸銅という毒性が
含まれていることがフランスの研究者達によりわかりました。

まぶたに塗ることで美しく魅せるだけでなく、
強い陽射しやハエから身を守る実用的な効果をもたらしていたんですね。
そのため女性だけでなく、男性や子供も使用していたようです。
世界三代美女の1人と謳われるクレオパトラもまたその1人

起こりうる被害の予防として広まり、多くの人々に親しまれていたと思われます。

生活の中での知恵と工夫が自らの生命を守ることに繋がりやすい時代では
あったものの、早めの予防が重要視される点は今と何ら変わりません。
視力低下や風邪も防げるのなら早めに対策をうちたいもの。
日頃の生活習慣を見直すことや体調管理を徹底することから
予防対策を始めてみてはいかがでしょうか。(石)


近視・遠視・弱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。


視野
2014年11月18日 (火) | 編集 |
『視野』とは目を動かさずに見える範囲のことを言います。

人間の場合…片目の水平方向では耳側に約90~100度、鼻側に約60度、
         上下方向では、上側に約60度、下側に約70度。

両目がほぼ平面の顔面上にあり、左右の視野の重なりが大きいので
両目で同時に見える範囲が約120度と広いのに対して、
両目が顔の側面に付いている動物と比べると、総合的な視野は広いとは言えず、
左右約180度~200度と言われています。

動物の場合…人間と同じように主に正面から両目が真っ直ぐ見えるイヌやネコ、
         ライオンなどの肉食動物は視野が狭く、
         左右の目がほぼ横に付いている、ウサギ、ウマ、ネズミなどの
         草食動物、魚類は視野が広いと言われています。

肉食動物は一般的に、真後ろ80度~180度位が全く見えない領域なのに対し、
視野の広い草食動物は真後ろまで360度見ることが出来ます。


そのため、後ろからそっと近付いてウサギや鳥を捕まえようとしても、
難しいことが頷けますね。
また、見え方は、両目の視野の重なりが少ないと見える範囲が広がる一方で、
立体感に乏しくなります。逆に視野の重なりが大きいことは、
見える範囲が狭くなる反面、対象を立体的に捉えられる利点に繋がります。


弱肉強食の野生の世界には理にかなった視野。
天敵が居ない人間界には、直接視野の意味とは繋がらなくなっていますが…
将来、職種によって視野を変えられる、
そんな未来が待っているのかもしれませんね。(ma)



近視・遠視・弱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。


目をほそめると
2014年11月14日 (金) | 編集 |
近視の傾向が出てくると、遠くを見るとき目を細めるようになることがあります。
目を細めると、はっきり見えない距離のものでも、ピントが合いやすくなるからです。
なぜ、ピントが合いやすくなるのでしょうか?

じつは、目の構造に似ているカメラでも、同じ現象があります。
カメラには、「絞り」という機能があります。
絞りは、レンズに入ってくる光の量を調節します。

目を細める事は、カメラでいえば絞りを強くすることにあたります。
絞りを強くすることで、光の入ってくる角度が制限されます。

そうすると、被写体にピントをあわせた時に、
その前後にもピントの合っている範囲が拡がります。
(カメラの専門用語では、「焦点深度」といいます)

よって、目を細める事は、

•ピントを合わせている位置の前後に、ピントが合う範囲が広がる
•はっきり見える距離が伸びる
•遠くが見えやすくなる
という現象が生じます。

ちなみに、絞りを弱くすると、この逆の現象が起きます。
カメラの場合は、この現象を利用して、被写体の背景にピントを合わせたり、
逆に背景をぼかしたりすることに使われます。

目を細めるということは、この原理によって、
遠くのものを見やすくしようとしているのです。


目を細めるクセはキケン信号!!!

遠くの黒板や、テレビが見えにくい時、目を細めると見えやすくなるので、
つい無意識にやってしまうことがあります。
ですが、これがクセになると良くないことがあります。

目を強く細めると、眼球に力を加えてしまいます。
それによって、眼球の表面の角膜を変形させてしまう事があります。
それが、乱視の原因となってしまう場合もあります。
乱視は一度なってしまうと、直すのは難しくやっかいです。

お子さまが、目を細めるクセをしていたら、要注意です。
目を細めないと見えない = 近視がすでに進行している
という図式が成り立ちます。

こういった信号に気づいたら、すぐに行動することが大切です。
そして、今回ご説明したように、目を細めるクセは、なるべく早く止めましょう。

(むら)


近視・遠視・弱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。

就学時検診大丈夫でしたか???
2014年11月11日 (火) | 編集 |
そろそろ就学時検診の季節です。
結果が出ているお子さんもいらっしゃることでしょう。

下記は視力測定の測り方と測定基準。
「はじめに0.3 視標から開始するのを原則とする。
上下左右のうち4方向を任意に見させ、視標の提示時間は約5 秒間、
4方向のうち3方向を正しく判別できれば「正しく判別」と判定する。
判定できれば、次に0.7 の視標にうつる。4方向のうち2 方向以下の場合は「判別できない」
と判定する。
0.7 の視標も同様に4方向のうち3方向を判別できれば「正しく判定」とする。
判定できれば、次に1.0 の視標で実施する。同様に1.0 の指標が「正しく判別」できれば右眼
の検査は終了し、右眼の判定をA とする。左眼も同様に検査を勧める。」

学校検診もそうですが、いまは結果が0.○と具体的な結果ではなく、A~D判定と抽象的な判定が多いようです。
いろいろな事情があるとは思うが、具体的な方がその後の対策が立てやすい気がします。

就学児検診でひっかかったお子さんは早めに眼科へ行くことをおすすめします。
早期発見・早期対策が大切です。

視力が悪いお子さんが増えていかないことを願うばかりです。(森)

近視・遠視・弱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。

目の冷えは大敵
2014年11月07日 (金) | 編集 |
だんだん冷え込みが厳しくなってきました。
皆さん、少しずつ本格的な寒さ対策を取り入れている時期だと思います。

温めるときは、身体だけでなく、目も温めてあげる方が良いこと、ご存じでしたか?

目が冷えると、シワやたるみの原因になるという悲しい報告があるのです。
極度の冷えというのは健康の大敵なのですね!

目を温めるだけも全身がポカポカして、老け顔の予防にもなるそうなのです。

目が冷えると、目の周りの筋肉が固くなり、血流が悪くなります。
血流の悪化は、新鮮な酸素や栄養を不足させます。
つまり酸素や栄養が足りないためシワができ、悪い血液が溜まっているために、クマができるのです。

更に、サーモグラフで視力の良い人・悪い人を測ると・・

視力の良い人の目の温度は28.6度
視力の悪い人の温度は13.9度

なんと14.7度も差があったのです・・!

蒸しタオルなどで目の周りの筋肉を温めてあげながら、遠くを見てあげたり、目の体操をして、目の中の血流もしっかり良くしてあげて、ポカポカで健康な体と目を保っていけるといいですね♪(安)


近視・遠視・弱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。

あ、見える!!
2014年11月04日 (火) | 編集 |
失明した視力を取り戻す事ができるという、スゴイ発明が!!

どのようにして視力を取り戻すかというと、バイオ電子工学によって作られた人間の髪の毛程の
コネクターを持つインプラント装置を使い、見えているイメージを脳に送信 するというものだそうです。

このインプラント装置は目玉の後ろにある網膜のさらに後ろへ注入され、発信器として働きます。

この発信器は電池式のカメ ラとそれを動かすバッテリーに接続されており、チタンで包まれた
チップから細胞経由で脳の視覚的な部分へデータを送信し、「 見える 」ようにすることができ るらしいのです。

これによって、段々視力が失われて盲目になった場合は視力を取り戻すことが可能に!

ただし、効果が期待できるのは加齢黄斑変性症と色素性網膜炎の2種類が原因の失明で、
視神経細胞を以前に持っていたことがある人だけとのこと。


生まれたときから盲目の場合や緑内障では残念ながら適用できません。

これは、脳および完全な視神経細胞として機能する視覚的な受容器を
持っていることが前提であるためです。

なお、実際に人間に外科手術を行って適用するのは後数年後になるそうです。


一方、聖マリアンナ医大の研究グループが視神経を作製することに成功しています。

作製した視神経を失明したマウスに移植したところ、視神経が再生し光を取り戻すことができたそうです。
中高年に多い緑内障の視力回復につながるかもしれません。


医療の発達とともに、今では生活に欠かせないLEDなどの技術も日々向上しています。
上手に生活の中に取り入れることが出来れば便利なものですが、視力低下の原因でもあります。

治療の糸口が開発されてきているとしても、まずは自分でできる目のケアはしていきたいものですね。(7)


近視・遠視・弱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。