FC2ブログ
就学時検診大丈夫でしたか???
2014年11月11日 (火) | 編集 |
そろそろ就学時検診の季節です。
結果が出ているお子さんもいらっしゃることでしょう。

下記は視力測定の測り方と測定基準。
「はじめに0.3 視標から開始するのを原則とする。
上下左右のうち4方向を任意に見させ、視標の提示時間は約5 秒間、
4方向のうち3方向を正しく判別できれば「正しく判別」と判定する。
判定できれば、次に0.7 の視標にうつる。4方向のうち2 方向以下の場合は「判別できない」
と判定する。
0.7 の視標も同様に4方向のうち3方向を判別できれば「正しく判定」とする。
判定できれば、次に1.0 の視標で実施する。同様に1.0 の指標が「正しく判別」できれば右眼
の検査は終了し、右眼の判定をA とする。左眼も同様に検査を勧める。」

学校検診もそうですが、いまは結果が0.○と具体的な結果ではなく、A~D判定と抽象的な判定が多いようです。
いろいろな事情があるとは思うが、具体的な方がその後の対策が立てやすい気がします。

就学児検診でひっかかったお子さんは早めに眼科へ行くことをおすすめします。
早期発見・早期対策が大切です。

視力が悪いお子さんが増えていかないことを願うばかりです。(森)

近視・遠視・弱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。