FC2ブログ
大事なひと休み
2015年04月21日 (火) | 編集 |
このような場面、思い当たる方はいますか??

観たいTV番組が始まると熱中して長時間観続ける
本が大好きで周囲の声が聞こえなくなる程集中して読みふける
勉強量やPC操作等、同じ姿勢で集中的な作業を行うことが多い・・・などなど。

これらは続けているうちに脳や体に疲労を招く行為です。
しかし、分かってはいても仕事や学業で、それらの時間を大幅に削ることができないため、
最終的に日々の疲れが蓄積されて、視力低下や体調不良に陥るケースも。

ではどうすれば良いのか。
できているようで、できていない人が多い、『適度な休憩』を心掛けましょう。

特にTVや読書は、自分自身で加減ができる時間となるため、
1つのことに熱中し易いお子さんの場合、ご両親からの声掛けであったり、
自発的にタイマーを使用するなど工夫するよう話しています。

光を放つ液晶画面は目にとっても負担は大きく、併せて長時間の場合は尚更です。
CM中の隙間時間を有効活用するとgood
目を閉じたり、画面ではない少し遠くを見たりして、疲れた目を休ませてあげましょう。

また、勉強中や仕事中も敢えて休憩を挟むことで、
より効率が良くなると言われています。

どのような人でも集中力には限界がありますし、
目も脳も使い続けると疲れます。
体力も同様です。
良い結果に繋げる=集中力・モチベーションを維持するためにも、
意識的に休憩を挟むことが必要とされるのです。

短い時間からでも休憩を意識するだけで、今後の状態が変わっていきます。
日々の積み重ねが、後々もたらす結果に大きく影響してくるため、
視力低下や疲労で悩んでいる方は、今日から早速休憩を取り入れた生活を(石)

近視・遠視・乱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。