FC2ブログ
夏は、スタンドいらず?
2015年06月30日 (火) | 編集 |
つい先日、夏至を迎えて夕方から夜にかけて、だいぶ日が延びてきましたね。お子様が学校から帰ってきて宿題をする時間帯もまだ外は明るい!なんてご家庭もあるのではないでしょか??

明るさについてのお話はセンターでもよくします。その場面でびっくりされる話があります。それは「目にとって明るさにおいての良い環境は《明るい場所より暗い場所》だと言うことです。長時間近くを見ることで目の筋肉に負荷をかけ、目が疲れやすくなると言う事はもうおなじみですが、明るさにおいてそれは『明るい所』と言うことなのです。逆に遠くを見ることによって目の筋肉がリラックスしている状態は、明るさにおいての『暗い所』と言うことになります。

よく、「そんな暗いところで本なんて読んでいたら、目が悪くなるよ!」なんて怒られた記憶がある方もいらっしゃるのではないでしょうか?しかし、この場合、本を読んでいると言う条件を除けば、目にとって『暗い』と言う条件はとてもリラックスした良い環境なのです。ただし・・・先に「本を読んでいる」と言う条件を除外したら・・と記載しました。これは目の疲れとして蓄積すると近視の要因とも言われる『近業(目から30㎝以内の作業のこと)』にあたるからです。暗いと言う条件の中でも30㎝以上の距離を離しても、文字が読める位の暗さなら問題ないのですが、どうしても本を読むにはちょっと暗い‥と感じる環境では、文字が見えづらく本に集中する前に目と本の距離が近くなりがちです。これでは、せっかく『暗い』と言う目にとって良い環境だったのが、『近業』と言う条件があることで、目にとって『疲れやすい状態』になってしまい、近視の進行要因にもなり得ます。

つまり、『文字等が難なく読める暗さ』であれば、目にとっては良い環境なのです。
逆に、最近の明るい夕方の時間にスタンドがなくても宿題や読書をするにあたり、なんら不便を感じない目にとって良い環境なのに、スタンドをつけて目にとって明るすぎる環境にしてしまうの方が、『明るすぎる』ことによっての目への疲労と『近業』によっての目への疲労と二重になって、目への負担が倍増してしまう可能性があるのです。

もうすぐ、夏休みに入り、明るい昼間の時間帯に宿題が出来る事も増えるでしょう!読書感想文のため、もう本を読み始めてる方もいるかもしれません。ぜひ、まだ外も明るいし、部屋の中も明るいなと感じましたら、スタンドなしで試してみて下さい。もちろん、勉強・読書の後の目の体操もお忘れなく!!(カシ)

近視・遠視・乱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。

クロスワード
2015年06月26日 (金) | 編集 |
くろすわ

たての問題

① 視力の差がある方や乱視が強い方は
  メガネより○○○○○の使用が望ましいです。

② 夜になると見づらくなる病気。
  夜盲症→○○○とも言います。

③ 近視の方は近方ではなく、
  ○○○○を見るように心掛けましょう。

④ ○○〇○とは目で物体を認識できる
  能力のことです。

⑤ 最近の○○○○(調査してデータをとる)
  によると近視のお子さんが増加しています。

⑥ ○は大切です。

⑦ イヌや○○の視力は0.1~0.3くらいと
  言われています。

⑧ ○〇○はストレス等で瞬きなどが増える
  お子様に多い症状です。

⑨ ○○○の摂り過ぎは目にも良くないです。

⑩ お子様は家の中ばかりではなく
  外○○○もしましょう

よこの問題

① 大人より○○○の方が近視の進行が
  速いので気をつけましょう。

② 目の錯覚を利用した絵です。
  ○○〇○○○○。

③ 近視、○○○、弱視、乱視を
  屈折異常と言います。

④ ○○学期は席替えがあるので
  見づらい方は前の席を選びましょう。

⑤ ○○をとると老眼の症状が出てきます。

⑥ ガンキョウの事→○○○。

⑦ 「昨日は深夜まで起きていたので
   今日は○○○○だ!」

⑧ 視力はその日の○〇○○(コンディション)
  によって変動します。

⑨ 眼球は12~13○○迄、成長します。

⑩ 学校の視力検査は春と○○に行われる
  事が多いです。


近視・遠視・乱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。
(三)


 そら豆の美味しい季節
2015年06月23日 (火) | 編集 |
◆そら豆の美味しい季節になりました
      旬の野菜を沢山食べて健康になりましょう!!◆


soramame2s.jpg
●植物性たんぱく質

豆類については大豆に代表されるように、植物性たんぱく質を豊富に含んでおり、そらまめもそのひとつです。

●そらまめはカリウムを豊富に含んでいます

ナトリウム(塩分)を排泄する役割があり、高血圧に効果があります。

●そらまめにはミネラルも豊富

マグネシウム、リン、鉄分などのミネラルを豊富に含みます。マグネシウムは血圧を調整する働きや、骨の成分でもあり、イライラの解消にも効果があるそうです。

●ビタミンB群をたくさん含んでいます

消化液の分泌を促すビタミンB1や、粘膜をつくるビタミンB2、そして、血行をよくしたり、エネルギーの代謝を促すナイアシンなどのビタミンB群が豊富です。

●そらまめに含まれるビタミンC

ビタミンCも含んでいます。風邪の予防や疲労の回復、肌荒れなどに効果があります。


   そら豆レシピ 
★そら豆のグリル焼★


● 材料 ●
そら豆(さやつき)   6本
ミニトマト   6個
エリンギ   1/2パック(50g)
オリーブ油   大さじ1/2
塩   少々
$   
 練りがらし   小さじ1/4
 しょうゆ   大さじ1
200805102.jpg


● 作り方 ●
1 そら豆はさやを開き、豆の入っていないほうのさやをはずします(さやがかたいときは、筋目にナイフを入れるととりやすい)。

2 エリンギは縦に4つに割り、長ければ半分に切ります。ミニトマトは、10×15cmくらいのアルミホイルにのせます。

3 (1)、(2)をグリルの網にのせ、オリーブ油をスプーンでかけます。強火で8~10分焼きます。塩か、からしじょうゆで食べます。

(小)
近視・遠視・乱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。


ドライアイの子供が増えています!
2015年06月19日 (金) | 編集 |
センターに通われている保護者の方から、子供がドライアイと診断され、ヒアルロン酸の点眼を処方されたというお話を聞きました。
今や学習にもタブレットPCなどが導入されるなど、幼少期からゲームやスマートフォンも含めたIT機器を使うのが当たり前の生活になったことで、子どもの目のトラブルが急増しています。代表的なトラブルが「ドライアイ」ですが、ドライアイは単に目が渇くというだけではありません。
眼の機能が成長する大切な時期に、子どもをドライアイにさせないためには早い段階での注意が必要です。

ドライアイの原因は、涙の分泌量と質が低下することによって起こります。
一般的なドライアイは環境的な要因が大きく、「目の酷使」により「瞬きの回数が極端に減る」ことで涙が減少することが大きいと考えられています。
ドライアイを知るには「涙の役割」と「まばたきの異常」を理解する必要があります。

◆涙の役割
▶涙は目の表面を潤す
▶角膜や結膜の細胞に栄養を供給する
▶外界からの菌や異物から目を守る
▶角膜の表面をなめらかにして鮮明な画像を脳に送る
涙にはこのような役割があるため、ドライアイになると目の健康と視力に影響を及ぼします。


まばたきの異常
テレビやパソコン、携帯などのモニターを長時間見続けていると、ピントを合わせる目の筋肉や目の周りの筋肉が固まって上手く動かなくなります。
同じところをじっと見ている間、まばたきが極端に少なくなり涙が分泌されず渇きやすくなります。

また、まばたきが少なくなるだけではなく、まばたきの異常がみられます。
ドライアイになるとまばたきの瞬間に「まぶたがしっかり閉じられていない」ことが起きています。まぶたが閉じられないと、まばたきをしても眼球表面全体が潤わないことになります。

その他、ドライアイは内科的な疾患や角膜などの目の手術によるもの、結膜炎などの炎症なども原因となり、加齢によるものもありますが、子供のドライアイの多くは、目の酷使によるものが大きく近年急増しています。放置しても生活スタイルが変わらない限り悪化の一途をたどります。子どもの様子を注意して観察することが必要です

◆子どもの様子に注意
▶画面を見ている時に目を大きく見開いている
▶まばたきが多くなった
▶目を頻繁にこする
▶目つきが悪くなった


◆ドライアイをチェック
▶目が疲れる
▶しょぼしょぼする、かすむ
▶充血している、かゆい
▶違和感、ゴロゴロする
▶目の奥が痛い
▶目やにが多い
▶光がまぶしい
▶10秒間まばたきせずに目を開けていられない

このような症状が見られたら、ドライアイ予備軍、またはドライアイになっているかも知れません。
一度眼科を受診してみましょう。

ドライアイが進行すると、目の疲れなどだけではなく、頭痛、肩こり、吐き気などを伴うこともあります。

また子供は無意識に目を強くこすって角膜を傷つけてしまい、視力の低下につながります。
幼いうちからの視力低下は、のちに深刻な視力の悪化につながり、最悪は失明になることもあります。
決して軽視してはいけないものです。
子供のドライアイは本人が気付きにくいため保護者が注意してあげることが大切です。

◆ドライアイにしないための日常の注意点
テレビやゲーム、携帯の使用時間を制限する
モニターを見ることを継続する場合は、1時間に10分は休憩させる
意識してまばたきをするよう心がける
モニターを見る時に目を大きく見開かない
エアコンの風に直接当たらないようにする
部屋の湿度を保つ
ホットタオルなどで目を温める
ブルーライト対応のメガネをかける
目薬は防腐剤の入っていないものを使用する
日頃から子どもにはこのような注意をしてあげる必要があります。

今や聞きなれている「ドライアイ」ですが、幼い子供は、目も成長過程にある為、まずは普段からの予防が大切です。
子どもの様子を確認し、少しでも当てはまることがあれば早めに眼科を受診し確認しておきましょう。
1_20150612155425352.gif
近視・遠視・乱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。

(ま)
上?右? 山腹に謎の視力測定マーク
2015年06月16日 (火) | 編集 |
今朝はこんなニュースを見つけました!
スマホやゲームの多い今の時代でも、設置されるとちょっとトレーニングに
なりそうですよね~!

 ========================================================================m_kobe-20150616001.jpg



兵庫県養父市大屋町明延で、視力測定に使う「C」字形のマークが描かれた金属板が、
山の斜面に掛かっている。
半世紀近く前、廃校になった明延小学校の教諭たちが制作したものだが、現在では
詳しい経緯を知る市民も少なく、「何でこんな所に?」と不思議がる人もいる。

標高約400メートルの斜面にある板は約2メートル四方。視力測定で使う
「ランドルト環」と呼ばれるマークが描かれている。

1965年ごろから9年間、同校で勤めた同町の女性(77)によると、設置は70年ごろ。
「当時、テレビが普及しだしており、児童が遠くを見て目を休めるためだった」と
振り返る。
近視予防策として、別の女性教諭が提案したという。

同校は88年の廃校後、改修され宿泊研修施設「あけのべ自然学校」に生まれ変わった。
板は成長した樹木に隠れていたが、2002年ごろ、同施設の職員らが見つけて
塗り直し、見えやすい斜面の上方に移動した。

あけのべ自然学校から、マークの向きが分かっても、細かい視力の数値は不明。
同施設職員の高田和幸さん(43)は「視力1・5の人なら見えて、0・7の人では
見えにくいようです」と話している。


この記事のリンク先はこちら

(たま)

近視・遠視・乱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。




目の正月
2015年06月12日 (金) | 編集 |
目の保養という言葉があります。

目の保養とは、別名・目の正月と言われます。

正月は一年中で一番楽しい時であるところから美しい物、珍しい物などを見て楽しむことが、
目を通して心に栄養を与えるという意味だそうです。


雨の多い梅雨の時期、鎌倉のあじさいがオススメだと思います。

色とりどりのあじさいを見ることで、充分、目の保養になることでしょう。(井)

近視・遠視・乱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。



ajisai.jpg






自由研究を今から始めてみては
2015年06月05日 (金) | 編集 |
早いもので今年ももう6月、来月から夏休みなんですね。
長い夏休み、ゲームや、TVの時間に気を付けることはもちろんですが、
宿題の進め方も視力に関わってくるのではないでしょうか。

毎年夏休み明け、子供達の視力検査をしていて気が付くのですが、
宿題を後回しにしてしまった子は視力が保てないケースが多いようです。
夏休みの残り日数が少ない中、宿題の追い込みをするのでしょうが、
休憩をほとんど入れずにやらなければならず、相当目の負担になると思われます。
宿題は早めに手をつけ、しっかり休みをとりながら進めましょう。

真っ先に手をつけた方がいいもの、それは"自由研究"でしょう。完了するまで
時間がかかるものですから、なんとなく億劫になるのもわかりますが、自由研究さえ
完成させてしまえば後はスムーズにいくのではないですか。

今から題材を探して、とりかかるのもいいでしょう。目のためにはその位の方が丁度
いいと思います。(植)


近視・遠視・乱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。


梅雨の時期は・・・
2015年06月02日 (火) | 編集 |
6月に入り、雨量が増える日本独特の時期になりました。

これまでは晴れの日は暖かい陽射しの中、外で元気に遊ぶ子供たちの声を聞いたり、
楽しそうな姿を公園で見かけることも多かったですが、
雨の日となると流石にそうはいきませんよね。
ましてや雨が降り続く梅雨の時期は、子供たちの遊び場が外→室内に移行するため、
結果的に家の中で過ごす時間が増えてしまいます。

そんな状況下で陥り易いのが、

『TV/ゲーム/PC/読書時間の大幅な増加』です。

持て余した時間を埋めようとする際に
1番手っ取り早く手を伸ばすことができるためとても魅力的なものですが、
同時に目に対しては大きな疲れをもたらすものでもあります。

特に子供の場合は夢中になると他のことが目に入らないほど集中してしまい、
気付いた時には既に目を酷使していた、ということも多いようです。
なかには暗い室内で上記の行為を繰り返し行っている子も・・・
そうなると目への影響は避けられません。

そのため室内遊びが主になる場合は、

○暗い場所は避け、適度な明るさの中で行う
●時間を決めて、合間で必ず休憩を挟む
○画面や本に近づき過ぎていないか姿勢と距離をチェック
  →お友達の見ている本やゲーム画面が気になって
   横から至近距離で覗き込むのも×

以上のことが守れているか再度確認してみましょう。 
避けることができない状況の中でも意識的な対策を。(石)


近視・遠視・乱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。