FC2ブログ
秋の花粉症にもご用心!!
2015年08月28日 (金) | 編集 |
まだまだ暑い日が続いていますが、皆様体調は大丈夫ですか?
昔はお盆過ぎたら涼しくなると言われていましたが、近年は10月上旬くらいでも暑い日がありますね。

秋に入り、くしゃみが止まらなくて、微熱が出た場合、風邪よりも花粉症・ハウスダストを疑ってもいいかもしれません。
秋の花粉症の代表定的な植物は、イネ(7月下旬~8月)、
ブタクサ(8月~10月)、ヨモギ(8月下旬~10月)、
セイタカアワダチソウ(9月下旬~11月)などがあります。
また、ダニなどハウスダストによるアレルギーも増え、花粉症の人はハウスダストのアレルギーも出やすいのです。夏に繁殖したダニの死骸や排泄物が、秋に溜まりやすいのが理由です。
くしゃみや鼻水が出た場合、時期が季節の変わり目と重なるので風邪と勘違いしやすいのです。
風邪と花粉症の見分け方は症状でだいたいわかるようですが、一番わかりやすいのは鼻水かもしれません。症状の強さには個人差があり、人によっては喘息の症状が出ることもあります。

~予防策~
①原因植物に近づかないようにしましょう。
秋の花粉症の原因植物は、高さ2mくらいで、上空の強い風に乗って数キロ以上先まで花粉を
飛ばすことはあまりなく、せいぜい数十メートルくらいしか飛散しないので、原因植物に近寄ら
ないだけでも十分予防ができます。
②帰宅時には、衣服を払い、花粉を落とし、侵入を防ぎましょう。
③免疫力を高めましょう。
アレルギー反応の強弱はその時々の体調が影響するため免疫力を高く保つことが必要です。
・ストレスを発散させる  ・睡眠を十分に摂る
④部屋の掃除をしましょう。
ハウスダストを排除して、原因を取り除いてください。(もり)

近視・遠視・乱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。