FC2ブログ
目の愛護デー
2015年10月06日 (火) | 編集 |
皆様、『目の愛護デー』ってご存知ですか?

≪中央盲人福祉協会が1931(昭和6)年に「視力保存デー」として制定。戦後、厚生省(現在の厚生労働省)が「目の愛護デー」と改称した。
「10 10」を横に倒すと眉と目の形になることから。
また、1963(昭和38)年のこの日、アイバンクが開設された。 ≫
≪引用:今日は何の日?より≫

普段は見えている景色が当たり前のように感じているとは思いますが、現代社会の中ではパソコンやスマートフォン、タブレットの普及や家庭用テレビの大型化、24時間眠らない街があるほどの明るい環境など、目にとっては近視の進行につながりやすい生活環境になっています。

特に子どもの近視の進行は大人と比べて3~5倍と言われ、春の学校検診では何も問題なかったのに夏休み明けからどうも見辛そうにする姿が見られ、眼科を受診すると「メガネをかけた方がいいでしょう」と言われ、びっくりしたと言うケースも増えています。

センターではお子様の目の状態を踏まえ、親御様とお子様本人の気持ちを第一に考えながら、なるべくかけないで済むようにトレーニングに励んだり、もしメガネが必要となっても『見えづらい時のみに使う事』を前提とし、トレーニングをして軽い度数で済むようにするなど、お子様にとって一番合った方法を提案させていただいています。

この機会に、ぜひお子様の目の使い方を今一度見直してみてはいかがでしょうか??(か)

近視・遠視・乱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。