FC2ブログ
左右差
2015年11月17日 (火) | 編集 |
近視において進行することは、良くないことではありますが

それと同じくらい気をつけないといけないのは

視力の左右のバランスが悪くなることです

左右差がつきすぎる(不同視)とメガネでの

矯正がうまくいかなります。(見るものの像の大きさが違い

違和感が出てしまう。)

それにより、メガネが使用できなくなります

また、頭痛を訴える方も多いようです

左右差は普段の生活ではなかなか気付かないので

そのままにしていると、ひろがってしまいます

(良く見える目は遠くをみる時に使い

手元は近視が強い方がピントが合いやすいため、

見づらい方の目は近くを優先的に使ってしまう為)

早い段階で正しいケアをすると左右の視力の

バランスを保つことも可能です

ご自分でも片目ずつを隠して

チェックをしてみてはいかがでしょうか

当センターでは

屈折(オートレフという機械で近視、遠視、乱視などの進行度合)

視力検査

矯正視力(レンズによる自覚的検査)

トレーニング(近視・遠視により異なる)

により進行の度合いや左右差のチェックを

しておりますので気になる方はお近くのセンターに

お問い合わせください(三)




近視・遠視・乱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。