FC2ブログ
船舶免許
2015年11月24日 (火) | 編集 |
小型船舶の免許更新のために通われていた会員Aさん。
船舶の免許は矯正して(メガネまたはコンタクトレンズで)片眼0.6が必要です。
当時、裸眼視力は0.2。ただ、メガネ・コンタクトレンズに頼らず、出来るだけ裸眼で更新したいとの希望で、半年間センター似通われました。
お仕事ではパソコン作業が多く、毎日が疲れた状態でしたし週の半分は、帰宅時間も遅いため自宅でのトレーニングが思うようにできない状態で、いよいよ更新の期限が迫ってきました。
Aさんが、、『このままでは、裸眼での更新は厳しいかもと・』と不安になられた時期もありましたが、
最後まで諦めず、センターに通われました。私たちも何とかAさんの希望を叶えたいという気持ちで、色々なトレーニングを取り入れ
お手伝いさせていただきました。

その結果、更新は裸眼でクリア
本当に嬉しそうでした。
次の目標は、3年後の普通自動車免許の更新を裸眼でクリアすることです。
精一杯、応援させていただきます。 

今回のように免許更新だけではなく、就職する際に(資格取得)視力の規定がある職業があります。
視力の規定といっても、裸眼視力の規定があるもの・矯正視力での規定のもの・矯正視力でも、近視の強さに限度があるもの
様々です。将来、希望の職業に就きたいと思ったときに、この規定があるために・・・視力だけで諦めることがないように、今から目を(視力を)大切にしていただきたいと思います。 (久)

近視・遠視・乱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。