FC2ブログ

はやり目「角結膜炎」拡散中!!

流行性角結膜炎は、アデノウイルスによって引き起こされる感染症で主な症状は目やにや充血、まぶたの腫れで、涙やかゆみを伴うこともあります。
数日~2週間程度の潜伏期間を経て、急に症状が表れます。
感染力が強く、かかった場合は学校保健安全法により幼稚園から大学までの学校で7~10日程度、出席停止となります。

 ◆通常、ピークは夏◆

通常は6月下旬頃から流行し始め、8月下旬以降には患者数が減っていく傾向にありますが、今年は8月下旬以降も患者数が増加しているようです。

流行性角結膜炎を引き起こすアデノウイルスは主に6つの型がありますが、今年は特に感染力が強いとされる54型が主流で、過去5年以上流行していなかったため、抗体がない人が多く、患者が増えたのではないかと言われています。
そのため、流行がすぐに収束するとは考えにくいことから、今後も感染が拡大する可能性が高いそうです。

◆治療は?◆

有効な治療薬がないため、抗菌剤を点眼する対症療法が主流となります。
適切な治療を受ければ症状は約2週間で治まることが多いですが、重症化して炎症が広がると角膜に濁りが生じたり、濁りのせいで視界がぼやけたりすることもあり視力にも影響がでます。
また、ウイルスによって抵抗力が弱まっているところに、細菌感染で起こる「混合感染」にも注意が必要です。
混合感染が重症化すると、角膜が濁って視力が低下します。最悪の場合には失明する恐れもあります。

 ◆家族感染に注意

 ウイルスは患者の目やにや涙を触った手を介して感染することが多く、特に子供は目を触った手でいろいろな物に触れてしまうため注意が必要です。
また、目のかゆみや充血といった症状がアレルギー性結膜炎と似ており、感染に気づかないままウイルスを広げてしまう例もあり予防にはタオルを分けることや、こまめな手洗いが効果的なようです。(ま)

近視・遠視・乱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。


年末年始のお休みのお知らせ!

今年も早いもので残すところ1週間となりました。


東京視力回復センターの年末年始のお休みは、


12月28日(月)~1月4日(月)までとなります。

【福岡天神センターは、28日(月)午前中までの受付。
12月29日(火)、1月4日(月)は電話予約のみの受付です】

※受付け曜日はセンタによりことなりますので、初回の来所の際にはお電話にてご予約ください。



nennmatu.png


以上、お間違えないようご注意ください。(中)



近視・遠視・乱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。


子供の目の病気

子供の目の病気で最も多いのが「結膜炎」です。

結膜炎は、目とまぶたの裏にある、目を守る役目をする結膜に、
ウイルスや細菌が感染して炎症を起こす病気で、
アレルギー性結膜炎と、ウイルス細菌感染による結膜炎とに分けられます。

最も多いのが細菌による結膜炎で、子供では、インフルエンザ菌や
肺炎球菌などが原因で起こる場合が多いそうです。

症状として、白目が赤くなったり、目やにや涙が多くなったりして、
結膜がむくんだように見えるようになります。

上記の症状が出た場合、すぐに眼科で受診することをお勧めします。

ウイルスによる結膜炎には、アデノウイルスが原因になっている流行性結膜炎や、
エンテロウイルスが原因になっている急性出血性結膜炎などがあるそうです。


流行性結膜炎は、「はやり目」とも呼ばれるもので、感染力がとても強い病気です。

流行性結膜炎と診断された場合は、他の人に感染させないよう、幼稚園や学校を休ませましょう。

大人も感染することがありますし、赤ちゃんがかかると、まぶたに膜が張ってしまうほど、
重症の結膜炎になってしまいますので注意が必要です。

症状としては、目ヤニや涙が多く出るようになり、まぶたの裏にできる小水疱のために
目を動かしたときに、ゴロゴロした違和感を覚えるのが特徴的です。

感染した人の目ヤニや鼻水、便などからも感染しますので、目ヤニを拭いたティッシュペーパーなどは
すぐに捨てるようにして、タオルや枕カバーなどはしっかりと消毒して予防しましょう。(I)

近視・遠視・乱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。

フィギュアスケートの選手はなぜ目が回らないのか?

高らかな回転ジャンプや、キレのある高速スピン。
氷の世界で繰り広げられるフィギュアスケートの美しさはいつ見ても素晴らしいものですよね。
それと同時に、競技を観る度に思うのが、
「あんなに回転しているのに、どうして目が回らないんだろう?」という素朴なギモン。


そもそも目が回るってどういうこと?

耳の奥にある三半規管には、身体の回転を感知してバランスを保とうとする働きがあります。
三半規管はリンパ液で満たされており、身体が回転すると、リンパ液に波が生じます。
ただし、身体の回転がストップしてもリンパ液の波はしばらく生じたまま。
そのため、身体の回転がストップした後もグルグルと回り続けているような錯覚に陥るのです。

また、身体が回転すると、クプラとよばれる受容器が、リンパ液の波を感知して脳に伝えます。
すると脳は、目に指令を出して身体の回転と反対方向に目を動かし、視界のブレをなくそうとします。
⇒これを「眼振」といいます!
ところが、激しい回転が起こると、眼球の動きの調節がうまくいかなくなります。
そのため、身体の回転が止まっても、眼球の動きが完全に止まるまでに時間差が生じ、
「目が回る」という状況が起きてしまうのです。


練習しなければ、プロの選手でも目がグルグル・・・

フィギュアスケートの選手は日々の練習によって、脳からの指令がスムーズになり眼振をコントロールできるようになっているんだとか。
また、「回転軸を安定させる」「視点を一点に集中させる」など目が回らないコツ(?)もあるようです。
すなわち、「回転しても目が回らない」というのは日々の訓練による「慣れ」というワケですね。
ちなみに、普段の練習で「右回りの回転」に慣れている選手が左回りで回転すると、普通の人と同じように目が回ってしまうのだとか。
長期にわたり練習を休んでいた選手も、練習を再開し始めたばかりの時期には、やはり目が回ることもあるようです。


そう考えると、世界の大舞台で活躍する選手たちは、努力を惜しまず、日々の積み重ねを大切にしているということを改めて感じますよね~。
(医教コミュニティ つぼみクラブ 人体のフシギ を参考にさせていただきました。)
(植)



近視・遠視・乱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。

お子様のメガネ大丈夫ですか

当センターに通われている方のなかにはメガネをお持ちの方もいらっしやいます。
以前の記事でも触れた様に、その種類や使い方はそれぞれ異なるため
ひとりひとりに合ったご指導をさせて頂いております。

低年齢のお子様の場合は、
ある程度自分自身で管理ができる年齢になるまでは
ご家族からの声掛け等もお願いしています。

そんな日常のなかで、ふとお子様のメガネや掛けたその姿を見た時に
「あれ??」と違和感を覚えられたお父さんお母さんから
ご相談を受けることがあります。

違和感の理由として1番多いのがメガネがズレてしまっているケースです。

ではなぜズレてしまったのでしょうか??

①メガネ自体が歪んでしまっている
 遊んでいるうちにメガネを汚してしまったり、ぶつけた衝撃で破損や変形、
 片手での掛け外しが原因でテンプル(つる)が一方に広がってしまった。

②鼻パッドのサイズや形があっていない
 子供の鼻は大人ほど高くないため、とくに鼻パッドが固定されているデザインが多い
 セルフレームに多く見受けられます。

③テンプル(つる)が耳にそっていない
 まだ顔が小さいため、激しい動きをした時にズレ易く、
 できれば耳の後ろにフィットするように調節してあげた方が良いでしょう。
 なかには成長期で、購入時の調整が合わなくなっている場合もあるため
 定期的なチェックが必要です。

メガネを選ばれる際に素材(弾力性が高く復元力のある形状記憶合金)や
鼻パッド(しっかりしているか)を確認されたり、
テンプルにゴム製のズレ防止グッズを付けるというのも1つの手かもしれません。

お父さんお母さんの目が届かない場所でも
自分自身で判断して正しく、大切に扱えるようになるまで
一緒に練習していきましょう(石)

近視・遠視・乱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。

魅力が3割増し??

顔の形は人それぞれです。
丸顔・面長・四角・卵型など…
顔の形によって似合うメガネフレームも異なってきます。


ふっくら丸顔の人…角張ったフレームや、太めのフレーム
ほっそりした面長の人…楕円形で曲線的なフレーム
あごが四角い、エラが張っている人…丸みのある、太めのフレーム
あごがとがっている三角顔の人…小ぶりで細めの、丸みのあるフレーム


【顔とのバランスを考えよう

横の幅は、自分の顔の横幅と同じ長さ。
縦の幅は、自分の眉からアゴの長さまでの、1/3以内。
フレームの上半分が眉毛に沿っているものを選ぶ。
鼻の長さとフレームの縦幅を比例させる。
(メガネ下のラインが鼻先から5mm~1cm以上離れていると、
すっきりした印象に)

顔の色見に合わせる。
□肌になじむ色や光沢のあるものを選ぶと、顔色が明るく見えます。


フレームの方向で、目尻の印象を調整する。

■たれ目気味の人は上向きのものを選びましょう。
リフトアップ効果も期待できます。
□目尻が上がっている人は下向きのものを選ぶと、
印象がやわらかくなります。

自分の顔のに合ったフレーム選び。
参考にしてみて下さい(ma)


近視・遠視・乱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。

めがね正しく使えてますか?

視力回復にとってメガネの使い方は、
軽視できない大切なことです。
視力回復にむけて正しいメガネの使い方を理解しましょう。
遠方用メガネはあくまでも「遠くがよく見える」ようにかけるメガネです。
決して近くを見るためのメガネでありません。
視力0.1までの中程度の近視では
裸眼で遠くを見るときはボケますが近く(30~40cm)は楽に見えるはずです。
つまり、勉強、読書、デスクワーク等の近業には裸眼でOKなのです。

また、強度近視(0.1以下)の人で、裸眼だと近くさえも見えづらい人でも、
近くが楽に見える範囲のゆるいレンズの方が目には良いということになります。


誤ったメガネの使い方

「メガネをかけたりはずしたりすると目に悪い」といった言葉をよく耳にしますが
これは前項(正しいメガネの使い方)の理由から全くの誤りということになります。
逆に、視力低下を早める原因にもなります。(但し、強度近視の人、乱視の強い人、遠視の強い人は別です)。
誤ったメガネの使い方は、視力回復にとって効果的ではありません。

次の2点が注意点です。*視力回復にとっても大変重要なポイントです。

1.近くが裸眼で楽に見えていれば、近くを見る時はメガネをはずす。
2.強度近視で、近くが裸眼では見えにくい人は、遠くを見るメガネと近くを見るメガネを上手に使い分ける。
(※遠くがよく見えるメガネで近くを見ると度数が強すぎることになり目が疲れます)。

めがねを正しく使い視力回復に励みましょう!!!ヾ(o´∀`o)ノむら


近視・遠視・乱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。

眼底検査

みなさん、眼底検査受けられたことありますか?

眼底検査で何がわかるのでしょうか?
網膜の病気だけがわかるだけでなく、動脈硬化の進み具合がわかります。眼底には脳へと繋がる視神経の出入り口がありますので、脳の病気や診断にも役立ちます。そのため、脳ドックで眼底検査を実施することがあります。

眼底検査は散瞳薬を点眼して瞳孔を広げて行ないますが、最近では無散瞳カメラを使って検査する場合もあります。検査時間は数分で痛みはありません。

異常な場合に疑われる病気はさまざまあります。
緑内障、網膜剥離、糖尿病性網膜症、眼底出血、網膜色素変性症、眼内腫瘍、視神経萎縮、乳頭浮腫、脳腫瘍、くも膜下出血など。

異常があった場合、網膜の病気が見つかれば、治療を行ないます。特に、眼底出血が認められた場合は、放置しておくと失明の恐れが強いので、至急の治療が必要です。高血圧や糖尿病で動脈硬化が進行していることがわかれば、生活管理を徹底して病気をコントロールしないと、危険な事態に・・・ 怖いですね。

近視が強い方、年齢が40過ぎた方は、半年に一度もしくは1年に1度眼底検査を受けられることをお薦めします。(もり)

近視・遠視・乱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。
プロフィール

コルシカル

Author:コルシカル
トレーニング機器です。
医療機器ですよ!

視力回復見込みチェック、
好評実施中!!
ご希望の方はお近くの
センターまで!
お電話お待ちしてます!


===================

ケーブルテレビで放映されました!


画像をクリックすると
大きな画像で見れます!

※うまく表示されない場合は
最新のFlash Playerを入手下さい。

ランキング参加中!!

FC2Blog Ranking
にほんブログ村 健康ブログ 視力・レーシックへ 人気ブログランキングへ

Facebook始めました!
よかった「いいね!」お願いします。
カテゴリ
東京視力回復センター発行書籍
これで視力がグングン回復する
これで視力がグングン回復する
↑ ご希望の方はここから

当センター理事長著最新版。
公式の治療実験で効果が実証された本物の視力回復法。
小さな子供から大人まで、自宅でできる本格的なトレーニングを わかりやすく紹介。




医者いらずの視力回復メソッド
医者いらずの視力回復メソッド
↑ ご希望の方はここから

"東京視力回復センター監修の書籍「医者いらずの視力回復メソッド 」、書店、 コンビニ、アマゾン等で好評発売中!


超音波治療器ソニマック
眼精疲労を取り除き、
視力の低下予防と
視力回復の効果を高めます。
東京視力回復センター関連サイト
携帯サイトこちらから!
QR
携帯からの資料請求はこちら
QR
最近の記事
バックナンバー

2020年 07月 【1件】
2020年 06月 【5件】
2020年 04月 【2件】
2020年 03月 【5件】
2020年 02月 【3件】
2020年 01月 【4件】
2019年 12月 【2件】
2019年 11月 【5件】
2019年 10月 【5件】
2019年 09月 【3件】
2019年 08月 【3件】
2019年 07月 【2件】
2019年 06月 【4件】
2019年 05月 【4件】
2019年 04月 【6件】
2019年 03月 【3件】
2019年 02月 【4件】
2019年 01月 【4件】
2018年 12月 【4件】
2018年 11月 【3件】
2018年 10月 【2件】
2018年 08月 【1件】
2018年 07月 【4件】
2018年 06月 【2件】
2018年 05月 【4件】
2018年 04月 【4件】
2018年 03月 【4件】
2018年 02月 【4件】
2018年 01月 【4件】
2017年 12月 【3件】
2017年 11月 【2件】
2017年 10月 【4件】
2017年 09月 【4件】
2017年 08月 【3件】
2017年 07月 【5件】
2017年 06月 【4件】
2017年 05月 【5件】
2017年 04月 【4件】
2017年 03月 【4件】
2017年 02月 【4件】
2017年 01月 【4件】
2016年 12月 【4件】
2016年 11月 【5件】
2016年 10月 【4件】
2016年 09月 【4件】
2016年 08月 【5件】
2016年 07月 【4件】
2016年 06月 【4件】
2016年 05月 【5件】
2016年 04月 【4件】
2016年 03月 【5件】
2016年 02月 【4件】
2016年 01月 【5件】
2015年 12月 【8件】
2015年 11月 【7件】
2015年 10月 【8件】
2015年 09月 【8件】
2015年 08月 【6件】
2015年 07月 【8件】
2015年 06月 【8件】
2015年 05月 【8件】
2015年 04月 【8件】
2015年 03月 【8件】
2015年 02月 【8件】
2015年 01月 【8件】
2014年 12月 【9件】
2014年 11月 【8件】
2014年 10月 【8件】
2014年 09月 【9件】
2014年 08月 【7件】
2014年 07月 【9件】
2014年 06月 【8件】
2014年 05月 【10件】
2014年 04月 【7件】
2014年 03月 【13件】
2014年 02月 【12件】
2014年 01月 【14件】
2013年 12月 【11件】
2013年 11月 【12件】
2013年 10月 【13件】
2013年 09月 【13件】
2013年 08月 【12件】
2013年 07月 【14件】
2013年 06月 【13件】
2013年 05月 【14件】
2013年 04月 【13件】
2013年 03月 【12件】
2013年 02月 【12件】
2013年 01月 【12件】
2012年 12月 【13件】
2012年 11月 【13件】
2012年 10月 【15件】
2012年 09月 【12件】
2012年 08月 【13件】
2012年 07月 【13件】
2012年 06月 【12件】
2012年 05月 【12件】
2012年 04月 【12件】
2012年 03月 【13件】
2012年 02月 【12件】
2012年 01月 【12件】
2011年 12月 【13件】
2011年 11月 【13件】
2011年 10月 【13件】
2011年 09月 【12件】
2011年 08月 【14件】
2011年 07月 【12件】
2011年 06月 【13件】
2011年 05月 【13件】
2011年 04月 【13件】
2011年 03月 【11件】
2011年 02月 【4件】
2011年 01月 【5件】
2010年 12月 【4件】
2010年 11月 【4件】
2010年 10月 【4件】
2010年 09月 【5件】
2010年 08月 【3件】
2010年 07月 【5件】
2010年 06月 【4件】
2010年 05月 【5件】
2010年 04月 【5件】
2010年 03月 【4件】
2010年 02月 【4件】
2010年 01月 【5件】
2009年 12月 【6件】
2009年 11月 【4件】
2009年 10月 【6件】
2009年 09月 【4件】
2009年 08月 【5件】
2009年 07月 【6件】
2009年 06月 【3件】
2009年 05月 【4件】
2009年 04月 【3件】
2009年 03月 【4件】
2009年 02月 【3件】
2009年 01月 【4件】
2008年 12月 【3件】
2008年 11月 【4件】
2008年 10月 【5件】
2008年 09月 【4件】
2008年 08月 【4件】
2008年 07月 【3件】
2008年 06月 【4件】
2008年 05月 【5件】
2008年 04月 【4件】
2008年 03月 【4件】
2008年 02月 【4件】
2008年 01月 【4件】
2007年 12月 【4件】
2007年 11月 【4件】
2007年 10月 【4件】
2007年 09月 【3件】
2007年 08月 【6件】
2007年 07月 【3件】
2007年 06月 【3件】
2007年 05月 【2件】
2007年 04月 【4件】
2007年 03月 【5件】
2007年 02月 【5件】

最近のトラックバック
ご訪問有難うございます!!
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示