FC2ブログ
赤ちゃんからの絵本選び
2016年03月29日 (火) | 編集 |
基本、子どもの視力は徐々に良くなっていくと言われています。(弱視などは除きます)

cached.jpg

生まれて3ヶ月の赤ちゃんの視力は0.01程度。1歳になっても0.2程度の視力しかないのです。
さて、それくらいの視力しかない赤ちゃんが絵本に全く興味を持たないと思っていませんか?もしかしてそれは、絵本が良く見えていないだけなのかもしれません。

【赤ちゃんの絵本を選ぶコツは月齢】
生後6か月程度まで赤ちゃんの視力は0.1ありません。なので、そんな視力でも分かるようなはっきりした色、輪郭の絵本を選ぶのがコツです。

【6ヶ月までにおすすめの絵本】
絵本
パパ大豆の白黒赤絵本(出典 http://kakaku.com)
赤ちゃんが反応しやすい白黒赤で作られた絵本です。

絵本2
じゃあじゃあびりびり( 出典 http://www.kizuna-avenue.jp)

【手触り、握ったりして遊べる絵本】
7ヶ月ぐらいで赤ちゃんの視力は0.1ほどになります。こうなると少しはものが見えるようになってくるので絵本の選び方も変わってきます。
絵本3
ミッフィー おでかけかみかみえほん(出典 http://item.rakuten.co.jp)
歯固めから鏡、カサカサ音がしたりとあらゆる感覚で遊べる本です。

【読み聞かせで最後までついてこれる本】
長い絵本を読めるほどの集中力はまだまだありません、短時間で読み終えるような本を読んであげるようにしましょう。ストーリーが繰り返しになっているものがおすすめです。

rank4_darumasan.jpg
だるまさん『が』
こちらのシリーズは大変人気ですね!!私個人としてもおすすめの絵本です(^^♪


350_Ehon_240.jpg
大きなかぶ


350_Ehon_623.jpg
ぞうくんのさんぽ

このふたつも王道の絵本です。1,2歳児から年少さんくらいの年齢にぴったりです。ひらがなが読めるようになったら、自分でも読めますね。

【絵本の読み方について】
初めは絵本の通り文章を読まなくても大丈夫です。子どもには絵とそのニュアンスが伝わればそれでOK、親も子供も楽しく読めばそれでOKです。ストーリーを気にせず、子どもと一緒にどんなお話しかどうか創作してみるのも楽しそうですよ♪

また、絵本を使って簡単な視力チェックをすることも可能です。まず、親御さんが絵本の中の絵をひとつずつ指さしして「これはリンゴ、これはバナナ」と言うように教えてあげます。次に2~3メートル離れたところから、絵本の中の絵が見えているかどうか、子どもに「これは何?」と尋ねます。答えられれば問題ありません。ぜひ試してみてください!!

参考資料(spotlightより)

近視・遠視・乱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。
(か)