FC2ブログ

学校保健統計調査

文部科学省が公表している、平成26年度学校保健統計調査によると
裸眼視力が1.0未満の児童は増加傾向にあるとされていました。
しかし1年後の27年には、さらに増加し小学校では過去最高との事です。








☆27年度調査対象☆
 国立/公立/私立の幼稚園・小学校・中学校・中等教育学校・高等学校
 の満5歳~17歳までの児童等の一部
        →全幼児・児童及び生徒の24.2%(3.351,047人)

☆調査時期☆
 平成27年4月1日~6月30日
 学校保健安全法による健康診断の結果に基づき実施

(出典:文部科学省学校保健統計調査)


今年も既に新学年がスタートし、視力検査もぞくぞくと実施されていますが、
お子様の視力低下に気づかれた場合は早めの対処が必要です。
ご不安な事がありましたら、いつでもご相談を。(石)


近視・遠視・乱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。



あなたの瞳の色は??

瞳の色は何によって決まるかご存知ですか?

肌の色の違いとも似ているのですが、目の中の『メラニン色素』の量によって決まります。
肌の色が薄い(白い)人は、瞳の色も薄いケースが多いです。
メラニン色素は波長の短い有害な紫外線を吸収したりして、身体を守る働きをします。
生まれ育っている場所の日照条件などにより、このメラニン色素の量が変化し、
瞳の色の違いを生むのです。

メラニン色素の量が多いと、肌や瞳の色が濃く・暗く・黒色の様に見え、
メラニン色素の量が少ないと、肌は白く、そして瞳の色はブルーやグリーンに見えます。
メラニン色素が多い順に『黒い瞳→茶色の瞳→グリーンの瞳→ブルーの瞳』に見える訳です。


ブラウン(濃褐色)

ブラウンの瞳は、多量のメラニン色素を虹彩のストロマに含んでおり、
ダークブラウンは黒く見る場合が多い。
人類の中で最も多い色であり、日本人の大半がブラウンに属す瞳の色を持っています。

ヘーゼル(淡褐色)

ヘーゼルの瞳は、レイリー散乱と中程度のメラニン色素量によります。
ヘーゼルは、ライトブラウンとダークグリーンの中間の色であるため時として
複数の色に見えることがあり、太陽光にさらされた時、瞳孔に近い部分がライトブラウンに、
その周りがライトグリーンに(逆もあり)なることがあります。
アメリカやヨーロッパの人々に多く、アフリカ、中東、アジア圏ではほとんど見られないです。

アンバー(琥珀色)

アンバーは、イエロー、ゴールドの他小豆色や銅色の混じった色の瞳です。
リポクロームと呼ばれるイエローの色素の沈殿によってもたらされ、通称「狼の目(Wolf eyes)」
と呼ばれます。これは、狼の目にアンバーが多いためです。

グリーン(緑色)

グリーンの瞳は、適度なメラニン色素によって形成されます。
南ヨーロッパや東欧や中東、中央アジアにも多少見られるが大半は北ヨーロッパに集中しています。
アイスランドにおいては、人口の88%がグリーンかブルーの目を持っています。
その他、スウェーデン、デンマーク、ノルウェー、オランダ、ドイツなどにもグリーンの瞳を持つ者が非常に多いです。

グレー(灰色)

グレーの瞳は、ブルーの目に比べメラニン色素の割合が多く、時としてダークブルーと呼ばれます。
ロシア、フィンランド、バルト海沿岸の国に多く見られます。
グレーの瞳を持つ個体は色素の欠落が顕著な場合が多く、肌は非常に白く、
髪の毛はブロンドや赤毛などが非常に多いです。

ブルー(青色)

ブルーの瞳は、ストロマの中のメラニンが極端に少ない為形成されます。
メラニン色素は生後数年のうちに一気に形成される為ブルーの目を持つ幼児は、
環境次第で年と共に暗くなっていくことがあります。ブルーの目は遺伝的に劣性です。
ブルーの瞳は、北ヨーロッパに多く見られ、西ヨーロッパには少ないです。
アイルランド、ドイツ、イギリス、オランダ、オーストリア、ポーランド、ノルウェー、
スウェーデン、フィンランドに多いです。

ヴァイオレット(青紫色)

ヴァイオレットの瞳は、レッドとブルーの混合と反射によって形成されます。
出現率は極稀。アルビノを患う個体がヴァイオレットの目をもつ場合があります。

レッド(赤色)

レッドの瞳を持つものは非常に少なく、その数は人類の人口の0.001%です。
大量の色素の欠如による血液の色であり、先天性白皮症(アルビノ)がこれに相当します。

虹彩異色症 (オッドアイ)
  
左右の虹彩の色が違うことを虹彩異色症(heterochromia iridis)と呼びます。
ヒトでは極めて稀であり、問題のない先天性の遺伝子疾患のほか、怪我が原因の視力障害でも
色が変わることがあます。


あなたの瞳の色、何色でしたか??(ma)

近視・遠視・乱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。


うれしい報告

渋谷センタ-にこの間まで通われていた会員さん

茨城県から毎月1回、2時間半かけて来ていた男子高校生。
1年前は0・08だったが、今回目標としていた自衛隊に
なんとっ右0・4 左0・5で見事合格ー!!

そのことを伝えにわざわざ渋谷まで来てくれた。
本当に嬉しかった。

今までご苦労様。
本当に本当におめでとう。
そして有難う。

この仕事をしていて良かったと思えた
出来事でした。

(むら)

近視・遠視・乱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。


目の周りが(ぴくぴく)痙攣する

先日、社会人の会員さんより『最近、左目がぴくぴくするんですよね』と相談されました。最近仕事が忙しく、一日中パソコンを使用されているとのことだったので、疲れからくるものだろうと言われていました。

確かに目がぴくぴくする、まぶたが痙攣しているといった症状は、目の疲れが主な原因のようです。
医学用語では、眼瞼ミオキミア(がんけんみおきみあ)と呼んでいます。

まぶたの開閉を担っている眼輪筋という筋肉が、異常な興奮を生じたときに発症しますが、通常であれば、数秒~数日で治ることが多い症状です。ただ、なかなか治まらない場合は、眼瞼ミオキミア以外の病気の可能性もあるので、要注意。以下では、まぶた痙攣から疑われる病気について解説していきます。

VDT症候群
VDT症候群は、現代病の一種で、症状としてまぶたの痙攣を伴う場合があります。VDTとは、パソコンのディスプレイやその周りの端末、環境のことを指す「Visual Display Terminals」の略語。VDT作業(PCを使った業務)に従事している方が増えている現代では、ディスプレイを見続けることによる健康被害が深刻化しています。

対策としては通常の眼精疲労への処置と変わりませんが、VDT症候群に心当たりがある場合は、目だけではなく首や肩のこり、頭痛やストレスにも注意が必要。悪化してしまった場合、精神病を患ってしまうこともあるそうなので、VDT作業に従事している方は、姿勢などを意識して仕事をするようにしましょう。

眼瞼痙攣

眼瞼痙攣(がんけんけいれん)は、目の不快感やまぶしさ、目の乾きなど、ドライアイに似た症状からはじまります。進行していくにつれて、まばたきが増えたり、まぶた痙攣や、ひどくなると目が勝手に閉じることも。意思とは関係なく発症するため、患者が電柱に激突したり、階段を踏み外したり、車両事故を起こすなどといった事例もあり、非常に危険です。

原因は神経系の異常とされていますがまだよく分かっておらず、治療はそれぞれの症状によって異なります。薬物投与や、手術などの方法がありますが、現在の主流は「ボツリヌス注射」という神経を麻痺させる注射だそうです。初期症状に当てはまる状態が続くようであれば、一度検査を受けてみることをおすすめします。

片側顔面痙攣

片側の目の周囲でけいれんが起きている場合は、片側顔面痙攣(へんそくがんめんけいれん)の可能性があります。悪化していくと、目の周りだけではなく、片側の顔全体に痙攣が広がり、顔がゆがむ、目が開けられないなどの状態にもなり得る病気です。

高血圧や高脂血症の方に多くみられ、原因は血管が顔面の神経を圧迫しているからだそう。目だけではなく脳の病気に起因していることもあるので、早めに検査を受けるようにしましょう。


疲れからくる一時的な痙攣の場合、一番簡単な対策法は、蒸しタオルで目のまわりを温め血行をよくすることです。
ただし、長期的に続くようならば、やはり一度眼科を受診することをお勧めします。(久)

近視・遠視・乱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。

プロフィール

コルシカル

Author:コルシカル
トレーニング機器です。
医療機器ですよ!

視力回復見込みチェック、
好評実施中!!
ご希望の方はお近くの
センターまで!
お電話お待ちしてます!


===================

ケーブルテレビで放映されました!


画像をクリックすると
大きな画像で見れます!

※うまく表示されない場合は
最新のFlash Playerを入手下さい。

ランキング参加中!!

FC2Blog Ranking
にほんブログ村 健康ブログ 視力・レーシックへ 人気ブログランキングへ

Facebook始めました!
よかった「いいね!」お願いします。
カテゴリ
東京視力回復センター発行書籍
これで視力がグングン回復する
これで視力がグングン回復する
↑ ご希望の方はここから

当センター理事長著最新版。
公式の治療実験で効果が実証された本物の視力回復法。
小さな子供から大人まで、自宅でできる本格的なトレーニングを わかりやすく紹介。




医者いらずの視力回復メソッド
医者いらずの視力回復メソッド
↑ ご希望の方はここから

"東京視力回復センター監修の書籍「医者いらずの視力回復メソッド 」、書店、 コンビニ、アマゾン等で好評発売中!


超音波治療器ソニマック
眼精疲労を取り除き、
視力の低下予防と
視力回復の効果を高めます。
東京視力回復センター関連サイト
携帯サイトこちらから!
QR
携帯からの資料請求はこちら
QR
最近の記事
バックナンバー

2020年 09月 【3件】
2020年 08月 【3件】
2020年 07月 【2件】
2020年 06月 【5件】
2020年 04月 【2件】
2020年 03月 【5件】
2020年 02月 【3件】
2020年 01月 【4件】
2019年 12月 【2件】
2019年 11月 【5件】
2019年 10月 【5件】
2019年 09月 【3件】
2019年 08月 【3件】
2019年 07月 【2件】
2019年 06月 【4件】
2019年 05月 【4件】
2019年 04月 【6件】
2019年 03月 【3件】
2019年 02月 【4件】
2019年 01月 【4件】
2018年 12月 【4件】
2018年 11月 【3件】
2018年 10月 【2件】
2018年 08月 【1件】
2018年 07月 【4件】
2018年 06月 【2件】
2018年 05月 【4件】
2018年 04月 【4件】
2018年 03月 【4件】
2018年 02月 【4件】
2018年 01月 【4件】
2017年 12月 【3件】
2017年 11月 【2件】
2017年 10月 【4件】
2017年 09月 【4件】
2017年 08月 【3件】
2017年 07月 【5件】
2017年 06月 【4件】
2017年 05月 【5件】
2017年 04月 【4件】
2017年 03月 【4件】
2017年 02月 【4件】
2017年 01月 【4件】
2016年 12月 【4件】
2016年 11月 【5件】
2016年 10月 【4件】
2016年 09月 【4件】
2016年 08月 【5件】
2016年 07月 【4件】
2016年 06月 【4件】
2016年 05月 【5件】
2016年 04月 【4件】
2016年 03月 【5件】
2016年 02月 【4件】
2016年 01月 【5件】
2015年 12月 【8件】
2015年 11月 【7件】
2015年 10月 【8件】
2015年 09月 【8件】
2015年 08月 【6件】
2015年 07月 【8件】
2015年 06月 【8件】
2015年 05月 【8件】
2015年 04月 【8件】
2015年 03月 【8件】
2015年 02月 【8件】
2015年 01月 【8件】
2014年 12月 【9件】
2014年 11月 【8件】
2014年 10月 【8件】
2014年 09月 【9件】
2014年 08月 【7件】
2014年 07月 【9件】
2014年 06月 【8件】
2014年 05月 【10件】
2014年 04月 【7件】
2014年 03月 【13件】
2014年 02月 【12件】
2014年 01月 【14件】
2013年 12月 【11件】
2013年 11月 【12件】
2013年 10月 【13件】
2013年 09月 【13件】
2013年 08月 【12件】
2013年 07月 【14件】
2013年 06月 【13件】
2013年 05月 【14件】
2013年 04月 【13件】
2013年 03月 【12件】
2013年 02月 【12件】
2013年 01月 【12件】
2012年 12月 【13件】
2012年 11月 【13件】
2012年 10月 【15件】
2012年 09月 【12件】
2012年 08月 【13件】
2012年 07月 【13件】
2012年 06月 【12件】
2012年 05月 【12件】
2012年 04月 【12件】
2012年 03月 【13件】
2012年 02月 【12件】
2012年 01月 【12件】
2011年 12月 【13件】
2011年 11月 【13件】
2011年 10月 【13件】
2011年 09月 【12件】
2011年 08月 【14件】
2011年 07月 【12件】
2011年 06月 【13件】
2011年 05月 【13件】
2011年 04月 【13件】
2011年 03月 【11件】
2011年 02月 【4件】
2011年 01月 【5件】
2010年 12月 【4件】
2010年 11月 【4件】
2010年 10月 【4件】
2010年 09月 【5件】
2010年 08月 【3件】
2010年 07月 【5件】
2010年 06月 【4件】
2010年 05月 【5件】
2010年 04月 【5件】
2010年 03月 【4件】
2010年 02月 【4件】
2010年 01月 【5件】
2009年 12月 【6件】
2009年 11月 【4件】
2009年 10月 【6件】
2009年 09月 【4件】
2009年 08月 【5件】
2009年 07月 【6件】
2009年 06月 【3件】
2009年 05月 【4件】
2009年 04月 【3件】
2009年 03月 【4件】
2009年 02月 【3件】
2009年 01月 【4件】
2008年 12月 【3件】
2008年 11月 【4件】
2008年 10月 【5件】
2008年 09月 【4件】
2008年 08月 【4件】
2008年 07月 【3件】
2008年 06月 【4件】
2008年 05月 【5件】
2008年 04月 【4件】
2008年 03月 【4件】
2008年 02月 【4件】
2008年 01月 【4件】
2007年 12月 【4件】
2007年 11月 【4件】
2007年 10月 【4件】
2007年 09月 【3件】
2007年 08月 【6件】
2007年 07月 【3件】
2007年 06月 【3件】
2007年 05月 【2件】
2007年 04月 【4件】
2007年 03月 【5件】
2007年 02月 【5件】

最近のトラックバック
ご訪問有難うございます!!
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示