FC2ブログ
学校保健統計調査
2016年04月26日 (火) | 編集 |
文部科学省が公表している、平成26年度学校保健統計調査によると
裸眼視力が1.0未満の児童は増加傾向にあるとされていました。
しかし1年後の27年には、さらに増加し小学校では過去最高との事です。








☆27年度調査対象☆
 国立/公立/私立の幼稚園・小学校・中学校・中等教育学校・高等学校
 の満5歳~17歳までの児童等の一部
        →全幼児・児童及び生徒の24.2%(3.351,047人)

☆調査時期☆
 平成27年4月1日~6月30日
 学校保健安全法による健康診断の結果に基づき実施

(出典:文部科学省学校保健統計調査)


今年も既に新学年がスタートし、視力検査もぞくぞくと実施されていますが、
お子様の視力低下に気づかれた場合は早めの対処が必要です。
ご不安な事がありましたら、いつでもご相談を。(石)


近視・遠視・乱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。