FC2ブログ
スイミングゴーグル
2016年06月28日 (火) | 編集 |
学校でもプールの授業が始まりました。
水のなかを直接見ると視界が歪んでしまうと思います。人間の目は水中で視界を確保する使用になっていないので、仕方ないのですが・・そこで、登場するのが水中ゴーグルです。
プールや海で水に顔をつけるなら、ゴーグルを使うことをお勧めします。ゴーグルを使うと有害な紫外線や、プールの塩素や海水、水の汚れ等から眼を護ることができます。

種類は、クッション付き、クッションなし、ミラーになっているもの、度付きのもの、競泳用など様々です。

よくご質問されるのが、透明タイプとミラータイプでは、どちらがいいですか?ということです。
泳ぐ面では全く変わりません。違いをあげるとしたら透明なほうが視界がクリアということでしょうか。
ミラータイプはレンズ面に加工がされていますので、若干薄暗く感じるかもしれません。
ミラータイプのいいところは、オープンウオーターなどで、眩しいときには良いですね。外から自分の目が見えないことも 利点と言えると思います。

もう一点よく言われるのは、ゴーグル内が曇って見えない。ということです。
これは、ゴーグルの外(冷たい水)と内側(体温)の温度差によるものです。
冬に車や家の窓が結露で曇りますがこれと同じ現象なんです。
曇ってしまったら、ゴーグルの内側をブールの水にさらしてみてください。
基本的には、レジャー用ではなく、スポーツ用の一般的なゴーグルであれば、初めから曇り止めが塗ってあるようです。もし、使い続けているうちに内側の曇り止めが取れてしまったら、市販のゴーグル用の曇り止めを塗って下さい。
また、ゴーグルの中に水が入ってくるという場合は、サイズが合っていないのです。 ベルトを調整しても解消されないときは自分の顔にあったものを使用するようにしましょう。
センターでもゴーグルの購入が出来ますので、お気軽に所員にご相談ください。(久)

近視・遠視・乱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。



目の疲れ、溜まっていませんか?
2016年06月21日 (火) | 編集 |
パソコンやテレビなどで目を酷使する現代人の生活は、疲れ目を招きがちです。疲れ目が慢性化すると、頭痛や肩こり、眼精疲労や視力低下などの問題を引き起こすこともあります。

医師が作ったセルフチェックであなたの「目の疲労度」を調べてみましょう。質問は全部で10問!何個当てはまるかチェックしてみましょう。

□メガネやコンタクトレンズを長時間使用している。

□目の乾燥を感じることが多い。

□最近、近くのものが見えづらくなった。

□首や肩こりがひどい。

□夜更かしすることが多い。

□ストレスが溜まっている。

□食事の栄養バランスがとれていない。

□パソコンやゲームなどをよくする。

□天気が良い日でも、サングラスをかけることは少ない。

□エアコンの効いた場所にいることが多い。


いくつ当てはまったでしょうか?


結果は…


◎ひとつも当てはまらない方
疲れ目ではないようです。
今は疲れていないようですが、油断は禁物。日頃から十分な睡眠を心掛けるようにしましょう。(最低でも6、7時間は寝るようにしましょう。)
そして、眼球や眼球周囲を温めましょう。温めることにより、血液の流れをよくして筋肉の疲労物質を取り除き、筋肉を柔らかくします。身近なもので利用できるものとして蒸しタオルがあります。温めたあとで冷やすと温冷の反動で血液の循環を促すので効果的です。充血がひどい時や炎症を起こしている時は温めると症状が悪化する場合もあるので気をつけましょう。

◎当てはまるものが「1~3個」
疲れ目予備軍です。
たまに目が疲れたと感じることがありませんか?悪化する前に、生活習慣を見直して目の疲れを改善しましょう。
もし、メガネやコンタクトレンズと使っているのであれば、定期的に度があっているかチェックしましょう。
長時間の読書やパソコン作業を行うときは、ときどき遠くを見たり、目を閉じたりして、目を休ませるようにしましょう。
加えて、ストレスによって自律神経が乱れると筋肉が緊張し、涙の分泌量も低下し、疲れ目の原因になります。ストレス軽減も図りましょう。

◎当てはまるものが「4個以上」
疲れ目で悩んでいませんか?肩こり、首のこりを感じていませんか。
もしかしたら、それは目の疲れからきているものかもしれません。早めに生活環境の改善、休養をとるなどして、目の疲れを解消しましょう。

また、以下の点に気をつけましょう。
1.パソコンやテレビと適正な距離を保つようにしましょう。
パソコンやテレビの画面と、目の距離は30cm以上離すようにしましょう。またこれらの画面が自分の目より上の位置にあると上目使いの状態になり、より一層目が疲れやすくなります。画面が目線より下の位置になるように、椅子の高さや配置などを調節しましょう。

2.コンタクトレンズをしているときは、涙と同じ成分の点眼薬をさしましょう。
仕事や勉強に集中すると、目を知らず知らずのうちに酷使しています。意識的にまばたきの回数を多くして、涙の分泌を増やしましょう。

3.こまめに休憩を取るようにしましょう。
理想的には30分に1度のペースで目を閉じて手で覆い真っ暗にして目を休憩させましょう。こめかみや目のツボをマッサージするのも効果的です。センターの目の体操を知っている方は丁寧に体操をしましょう。


視界のかすみやぼやけ、頭痛など、目の疲れ以外の症状が続いたときは、白内障、緑内障、網膜障害などの病気が隠れている場合もありますので、一度眼科を受診することをおすすめします。
センターでは眼精疲労の緩和を目的とした超音波機械『ソニマック』を販売しています。レンタルも行っていますので、まずはお問い合わせください。(か)

近視・遠視・乱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。





メガネケース
2016年06月13日 (月) | 編集 |
今回はいろいろなメガネケースをご紹介致します

ダウンロード
なんかお腹がすいてきますね
ダウンロード (3)
メガネケースだと思わないです
ダウンロード (2)
色がとてもきれいですね
ダウンロード (4)
跳び箱はおしゃれ
ダウンロード (1)
履いてしまいそう
images (3)
完全にコントローラーです
images (4)
可愛すぎです(三)

近視・遠視・乱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。


将来、世界の人口の半数が近視に?
2016年06月07日 (火) | 編集 |
日本人はメガネをかけてカメラを首からぶら下げているからすぐ分かる・・・。
それほど日本人は近視が多かったのですが、今後は世界人口の半数に当たる約50億人が近視になり、そのうち10億人は失明リスクにさらされる恐れがあるそうです。

これは、オーストラリアの研究機関が発表したもので、パソコンなどのデジタル機器を見続けることがその原因ということです。

豪ブライアン・ホールデン視覚研究所の推計によると、2000年時点では世界人口の22.9%に当たる約14億人が近視で、うち1億6,000万人が強度の近視だそうです。

ところが今後はますます増加し、2050年には予測世界人口の49.8%に当たる47億6,000万人が近視となり、9億4,000万人が強度の近視になると予測しています。そして、失明の要因にもなりうるとのことです。

原因のひとつとして生活スタイルの変化が挙げられ、屋外で過ごす時間が減り、PCやスマートフォンなどのデジタル機器を近くで見続ける生活が増えたためです。
パソコンやデジタル機器を見続ける時間を減らし、屋外で過ごす時間を増やすことが大切です。
また、ブルーライトをカットして眼精疲労を軽減できるメガネも有効かもしれません。
眼病や失明リスクを回避するためにも、デジタル機器と上手に付き合っていきたいものです。(ま)

近視・遠視・乱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。