アサイべり-
2016年09月27日 (火) | 編集 |
アサイベリー(アサイー)にはアントシアニンが豊富に含まれ
アントシアニン(ポリフェノール)には活性酸素を除去する働きがあります。
日常の仕事の疲れ、またはストレスなどの過酷な生活から健康を守り、
免疫力を付けることによりエネルギーやパワーを取り入れることができます。

簡単に『ブラジルの奇跡』アサイベリー(アサイー)に含まれる成分をご紹介します。

アサイベリー(アサイー)のポリフェノールは赤ワインの約30倍
アントシアニンがブルーベリーの4.6倍

・・・・老化防止・視力回復・眼精疲労に

アサイベリー (アサイー)にはアンチエイジング(老化を防ぐ、あるいは遅らせる)
や目の疲れに効果があるとされているポリフェノール、アントシアニンが豊富に含まれています。
ポリフェノールといえば赤ワインが有名ですが、アサイベリーに含まれるポリフェノールは赤ワインの約30倍!
夏の紫外線による肌の老化を防ぐにはアサイベリーはうってつけの食材です。

また、パソコンやTVゲーム、読書で細かい字を見るなど、
現代人の生活においては、常に目が酷使され、視力が低下する状況にあるといえます。

加齢によるものだけではなく、
生活習慣による目の疲れや視力の低下からくる不調に悩まされている人はとても多い時代です。

そこで、近年注目されているのが、ビルーベリーとルテイン。
そのビルーベリーとルテインをしのぐ視力回復効果のある『奇跡のフルーツ』がアサイベリー(アサイー)なのです。

アサイベリー(アサイー)には中でも抗酸化作用が高い「シアニジン」が多く含まれています。

「シアニジン」は疲れ目の改善、視力の向上、近視の予防など、パソコンやテレビ、
ストレスなどで目を酷使している現代人の目の健康にたいへん必要とされる成分で、
活性酸素を除去する抗酸化作用にも優れています。

アサイベリー(アサイー)のカルシウムは牛乳の2倍

アサイベリー(アサイー)はそのカルシウムの豊富さから
「アマゾンのミルク」と呼ばれています。骨粗鬆症の予防などにはカルシウムが有効に働きます。


アサイーを摂取していた方の体験談

日頃からアサイーを摂取している人には、こんなエピソードもあります。
その人も近視なのですが、アサイーのサプリメントを常用していました。
フレームが壊れたので新しいメガネを作りに行きました。
すると、10数年前にメガネを作った時と同じ視力をキープしていたとのことです。

驚くのは昔も今も同じ視力を保っていることです。
普通、メガネやコンタクトを長年使っていると、年齢とともに視力の低下は避けられません。
これはやっぱりアサイーのおかげかもしれないというのです。
(むら)

近視・遠視・乱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。



乗り物酔いを防ぐメガネ???
2016年09月20日 (火) | 編集 |
船酔いをはじめとする乗り物酔いは、一般的に、私たちの目が見ているものと、平衡感覚を司る内耳が知覚するものとの間の不一致から生じると言われています。発明家ユベール・ジャナンは、この原理に目をつけました。

小窓ひとつない船室の中にいることを想像してみると・・・身の回りでは全てのものが動いているので、目に映る光景には水平が存在しない。これに対して、内耳には壁の動きは関係ないので、上と下がどこにあるかしっかりと把握しているままです。
ジャナンが発明したメガネ「Boarding Ring」のフレームには、着色された液体を半分まで満たした4つのリングが備えつけられています。うち2つは前面のレンズのまわりに、残りの2つは側面のつるにセットされていて、内耳と視覚の不一致を解消してくれるわけです。
乗り物酔い
身につけた姿はいかにも奇妙ですが、幸いなことに8分間かけるだけで、乗り物酔いの心配はなくなるそうです。その後、メガネを外しても、内耳と視覚は同調されたままというわけです。
乗り物酔い

近視・遠視・乱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。


世界の視力表
2016年09月13日 (火) | 編集 |
662800.png
視力検査の時に皆さんが多く目にするのが、大きさと方向の異なる“C”が描かれた視力検査表かと思われます。
この“C”マーク、正式な名称を『ランドルト環』といい、国際眼科学会で標準指標として採用されています。

kensahyou_02.jpg
出典:Amazon – 視力表 山地式 3m

このランドルト環のみの視力表の他に、ランドルト環と平仮名を組み合わせた『大島式』や、平仮名と数字を組み合わせた『中村式』。“双魚指標”と呼ばれる魚2匹のシルエットが平行に並んだ『山地式』など、色んな種類があります。
このように各国ごとに異なる文字や記号を使用した視力検査表のことを、『万国式試視力表』と呼ぶそうです。ランドルト環と双魚指標、平仮名を組み合わせたものなど、日本独特の視力表は海外から見るとデザイン性があって独特かもしれませんね。

ランドルト環が国際的な標準指標として採用されたのは1909年といいますから、明治42年のこと。スイスの眼科医エドマンド・ランドルト氏によって開発されたランドルト環は、イタリアの国際眼科学会で全世界共通の標準指標として採用され、今では『国際標準ランドルト氏環』と呼ばれています。

ところが世界を見渡すと、ランドルト環を採用していない国も多く存在しています。
既述のとおり、国際的な標準指標として採用されているランドルト環。しかし、必ずしも全世界共通で使用されているわけではありません。

kensahyou_04.jpg
出典:Tumbling E Eye Chart

例えば中国で視力検査表として広く用いられているのは、ランドルト環ではなくて“E”を用いた『Eチャート』と呼ばれるもの。
古典的なラテンアルファベットを基礎とした視力表で、中国のように母国語としてアルファベットを用いない国でも多く採用されているようです。

kensahyou_05.jpg
出典:C.R.Williams Opticians Blog – New Year Resolution for Your Eyes

その他にも、左から『Eチャート』、『ランドルト環』、『スネレン指標』と言います。
欧米で広く用いられているのは、複数のアルファベットを用いた『スネレン指標』と呼ばれるもの。1862年にオランダの眼科医ハーマン・スネレンによって考案されたスネレン指標は、現在も多くの国で使用されています。

日本人にとって、一番見慣れているのはもちろんランドルト環ですが、ひと口に視力を測る指標といっても世界では様々な視力表が用いられているのですね。

ちなみにランドルト環の形には規定があり、円の直径と円弧の幅、開いている幅の比率は5:1:1に定められています。
一般的な眼科やメガネ屋さんでの視力検査では斜め方向がないものが今は主流となっているようです。センターでの視力検査はより実際の見え方に近い判断をするため、多くの被験者が苦手とする斜め方向があるものを使用しています。(か)

参考:目をゆるーくマジメに考える『目ディア』より

近視・遠視・乱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。


2016年09月06日 (火) | 編集 |
9月になりましたね

まだまだ暑いですが

多少は

過ごしやすくなってきましたね

外出して楽しむことは遠くに

目を向けることができるので

とても良いことです
9.jpg

紅葉

d0fe3c48.jpg

そして、、、

oiwaigozen.jpg

お昼 ランチして

1316d4c2ea7ecb009e2a3dac962f2e3f_l.jpg

夜に素敵なところで

o0800059313391387315.jpg

また、美味しいものを頂く

最高です

皆さまも秋を楽しまれてはいかがでしょうか(三)

近視・遠視・乱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。