FC2ブログ

生感覚コンタクトレンズって・・・???

最近、某コンタクトレンズのCMで、「生感覚レンズ」というキャッチフレーズが印象的なものがあります。
コンタクトレンズを日頃使っている人は気になったのではないでしょうか?
生感覚って、どんだけ着け心地がいいんだろうって思いますよね。
そんな、生感覚レンズについて、特徴や着け心地など調べてみました。

〇本当に生感覚?特徴?
コンタクトレンズの着け心地を左右するもので一番影響があるのが、コンタクトレンズと目の間におきる摩擦。
人間の目は、1日に14,000回も瞬きをするそうです。
そのため、少しでもコンタクトレンズと目の摩擦が多ければ、着け心地が悪くなってしまいます。
この生感覚レンズは「水分三層」というアルコンの独自設計によって作られていて、その最表面が、含水率100%という高い水分量でできているとのこと。
含水率というのは、物質に含まれる水分の割合を示したものです。
100%ということはほとんど水分ですので、それによって目にかかる摩擦がかなり低減されることになります。
ここが、生感覚レンズと表現されるほど着け心地がよい理由の1つなのでしょう。

〇シリコーンハイドロゲルが酸素不足を低減
もう1つ、コンタクトレンズの着け心地を左右するのが酸素です。
実は、目も肌と同じで呼吸をしています。
しかし、目に蓋をするコンタクトレンズは、目の呼吸をさえぎってしまうので、それだけ目に負担をかけてしまいます。
だから、できるだけ目に酸素を送ることができるコンタクトレンズが理想と言えます。
さきほどもありましたが、このコンタクトは三層構造になっていて、中央部分にシリコーンハイドロゲルという素材が使われています。このシリコーンハイドロゲル素材を使うことによって、従来のコンタクトレンズと比べ、6倍の酸素を目に送ることができるとのことです。また、中心部を含水率33%にすることでコンタクトレンズに適度な固さができ、扱いやすくする工夫もされているのですね。
特に、ドライアイの症状があって今までのコンタクトでは辛い…という方にはに装用しやすいかもしれませんね。
(久)

近視・遠視・乱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。


正しいフォーム

先日、久々に筋肉トレーニングをやりました

筋肉痛が二日後にくるという年齢に入ったことを

実感しました

筋肉トレーニングで大切なのは正しいフォームで

筋肉にアプローチをかけること

間違った鍛え方ではすじを痛めたり

効果が半減してしまうこともあります

視力回復トレーニングにしても鍛えていく時の

フォームというのはとても大切です

正しいフォームで目の筋肉を鍛えていく、

それを知って鍛えるのか?知らずに我流で

やってしまうのかでは進行の抑制率、

視力の伸び方も全く変わってきます

正しいフォームを覚えておく(マスターする)ことで

今後もずっと、いつでもどんな場面でも

正しい視力トレーニングができます

大げさではなく、一生使える正しいトレーニングを(三)


近視・遠視・乱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。


熱中症に注意!!

全国的に猛暑の続く中、熱中症の方が増加しています。
会員さんの中にも熱中症にかかって。。。なんて声も聞きます。
 
私たちの体は、暑いときには、自律神経を介して末梢血管が拡張し、
汗をたくさんかいて体温を低下させるなど、異常な体温上昇を抑える
ための調節機能が備わっています。

 熱中症は、暑い環境にいると、体の中での熱の生産と熱の放出のバランスが
崩れることで、体内の水分や塩分バランスがくずれ、体温の調整ができなくなる
ことで起こります。


次のような症状が生じている場合には、熱中症が疑がわれます。

  ◎ 高い体温
  ◎ 赤い、熱い、乾いた皮膚(全く汗をかかない、触るととても熱い)
  ◎ ズキンズキンとする頭痛
  ◎ めまい、吐き気
  ◎ 意識の障害(応答が異常である、呼びかけに反応しないなど)

上記の症状が見られたら
涼しい場所へ移動し、衣服をゆるめ、からだを冷やし、水分・塩分などを補給
しましょう。
呼びかけに答えない、意識がない場合はすぐに救急車を手配します。

また、お出かけの前には熱中症情報を確認してから出かけるのもいいですね。
まだまだ夏も始まったばかり。
個人個人の予防も大切になってきます。(な)

▶▶▶ 熱中症情報サイト
▶▶▶ 環境省 熱中症予防情報サイト


近視・遠視・乱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。


テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

温める?冷やす?

最近、会員の方から「目は温めたほうが良いの??」と
いうご質問を、よく受けます。

温めたほうがいいのか、冷やしたほうがいいのか。
それは、疲れ目の症状にあります。


ドライアイなどのショボショボ目は温める!

エアコンの効いた室内で長時間のパソコン作業。
1日コンタクトレンズを装用し続けることによる疲れ目。
こうしたドライアイなどのショボショボした目には
温める解消方法が効果的です。

目や目の周辺を温めることで、血流が良くなり、
筋肉がほぐされるほか、新陳代謝の改善も見込まれます。
疲れ目やドライアイだけではなく、
眼精疲労が原因の頭痛や肩こりにも効果的です。


充血目には冷やす!

寝不足や結膜炎によって引き起こされる目の充血。
目の中の血管が膨張することによって生じます。
炎症や充血をおこしている目を温めるのは逆効果です。
こうした場合は冷やした方が良いでしょう。

目や目の周辺を冷やすことで、血管や筋肉が収縮し、
元に戻る活動を行います。
ただ、視神経症のある方は逆効果の場合もあるので注意しましょう。


目の症状によって違った眼精疲労の解消方法。
眼病などの原因から生じるものもあります。
心配な場合は一度眼科医の診療を受けることをおすすめします。 (い)


近視・遠視・乱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。

プロフィール

コルシカル

Author:コルシカル
トレーニング機器です。
医療機器ですよ!

視力回復見込みチェック、
好評実施中!!
ご希望の方はお近くの
センターまで!
お電話お待ちしてます!


===================

ケーブルテレビで放映されました!


画像をクリックすると
大きな画像で見れます!

※うまく表示されない場合は
最新のFlash Playerを入手下さい。

ランキング参加中!!

FC2Blog Ranking
にほんブログ村 健康ブログ 視力・レーシックへ 人気ブログランキングへ

Facebook始めました!
よかった「いいね!」お願いします。
カテゴリ
東京視力回復センター発行書籍
これで視力がグングン回復する
これで視力がグングン回復する
↑ ご希望の方はここから

当センター理事長著最新版。
公式の治療実験で効果が実証された本物の視力回復法。
小さな子供から大人まで、自宅でできる本格的なトレーニングを わかりやすく紹介。




医者いらずの視力回復メソッド
医者いらずの視力回復メソッド
↑ ご希望の方はここから

"東京視力回復センター監修の書籍「医者いらずの視力回復メソッド 」、書店、 コンビニ、アマゾン等で好評発売中!


超音波治療器ソニマック
眼精疲労を取り除き、
視力の低下予防と
視力回復の効果を高めます。
東京視力回復センター関連サイト
携帯サイトこちらから!
QR
携帯からの資料請求はこちら
QR
最近の記事
バックナンバー

2020年 07月 【1件】
2020年 06月 【5件】
2020年 04月 【2件】
2020年 03月 【5件】
2020年 02月 【3件】
2020年 01月 【4件】
2019年 12月 【2件】
2019年 11月 【5件】
2019年 10月 【5件】
2019年 09月 【3件】
2019年 08月 【3件】
2019年 07月 【2件】
2019年 06月 【4件】
2019年 05月 【4件】
2019年 04月 【6件】
2019年 03月 【3件】
2019年 02月 【4件】
2019年 01月 【4件】
2018年 12月 【4件】
2018年 11月 【3件】
2018年 10月 【2件】
2018年 08月 【1件】
2018年 07月 【4件】
2018年 06月 【2件】
2018年 05月 【4件】
2018年 04月 【4件】
2018年 03月 【4件】
2018年 02月 【4件】
2018年 01月 【4件】
2017年 12月 【3件】
2017年 11月 【2件】
2017年 10月 【4件】
2017年 09月 【4件】
2017年 08月 【3件】
2017年 07月 【5件】
2017年 06月 【4件】
2017年 05月 【5件】
2017年 04月 【4件】
2017年 03月 【4件】
2017年 02月 【4件】
2017年 01月 【4件】
2016年 12月 【4件】
2016年 11月 【5件】
2016年 10月 【4件】
2016年 09月 【4件】
2016年 08月 【5件】
2016年 07月 【4件】
2016年 06月 【4件】
2016年 05月 【5件】
2016年 04月 【4件】
2016年 03月 【5件】
2016年 02月 【4件】
2016年 01月 【5件】
2015年 12月 【8件】
2015年 11月 【7件】
2015年 10月 【8件】
2015年 09月 【8件】
2015年 08月 【6件】
2015年 07月 【8件】
2015年 06月 【8件】
2015年 05月 【8件】
2015年 04月 【8件】
2015年 03月 【8件】
2015年 02月 【8件】
2015年 01月 【8件】
2014年 12月 【9件】
2014年 11月 【8件】
2014年 10月 【8件】
2014年 09月 【9件】
2014年 08月 【7件】
2014年 07月 【9件】
2014年 06月 【8件】
2014年 05月 【10件】
2014年 04月 【7件】
2014年 03月 【13件】
2014年 02月 【12件】
2014年 01月 【14件】
2013年 12月 【11件】
2013年 11月 【12件】
2013年 10月 【13件】
2013年 09月 【13件】
2013年 08月 【12件】
2013年 07月 【14件】
2013年 06月 【13件】
2013年 05月 【14件】
2013年 04月 【13件】
2013年 03月 【12件】
2013年 02月 【12件】
2013年 01月 【12件】
2012年 12月 【13件】
2012年 11月 【13件】
2012年 10月 【15件】
2012年 09月 【12件】
2012年 08月 【13件】
2012年 07月 【13件】
2012年 06月 【12件】
2012年 05月 【12件】
2012年 04月 【12件】
2012年 03月 【13件】
2012年 02月 【12件】
2012年 01月 【12件】
2011年 12月 【13件】
2011年 11月 【13件】
2011年 10月 【13件】
2011年 09月 【12件】
2011年 08月 【14件】
2011年 07月 【12件】
2011年 06月 【13件】
2011年 05月 【13件】
2011年 04月 【13件】
2011年 03月 【11件】
2011年 02月 【4件】
2011年 01月 【5件】
2010年 12月 【4件】
2010年 11月 【4件】
2010年 10月 【4件】
2010年 09月 【5件】
2010年 08月 【3件】
2010年 07月 【5件】
2010年 06月 【4件】
2010年 05月 【5件】
2010年 04月 【5件】
2010年 03月 【4件】
2010年 02月 【4件】
2010年 01月 【5件】
2009年 12月 【6件】
2009年 11月 【4件】
2009年 10月 【6件】
2009年 09月 【4件】
2009年 08月 【5件】
2009年 07月 【6件】
2009年 06月 【3件】
2009年 05月 【4件】
2009年 04月 【3件】
2009年 03月 【4件】
2009年 02月 【3件】
2009年 01月 【4件】
2008年 12月 【3件】
2008年 11月 【4件】
2008年 10月 【5件】
2008年 09月 【4件】
2008年 08月 【4件】
2008年 07月 【3件】
2008年 06月 【4件】
2008年 05月 【5件】
2008年 04月 【4件】
2008年 03月 【4件】
2008年 02月 【4件】
2008年 01月 【4件】
2007年 12月 【4件】
2007年 11月 【4件】
2007年 10月 【4件】
2007年 09月 【3件】
2007年 08月 【6件】
2007年 07月 【3件】
2007年 06月 【3件】
2007年 05月 【2件】
2007年 04月 【4件】
2007年 03月 【5件】
2007年 02月 【5件】

最近のトラックバック
ご訪問有難うございます!!
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示