FC2ブログ
スマホ&タブレット依存症
2018年08月31日 (金) | 編集 |
スマートフォンやタブレットの普及によって、色んなシーンで使われるように
なってます。学習のツールとしても子ども達の教育の一部にも使われて
いますが、危険性をご存知でしょうか?


○子どもを夢中にさせるので依存しやすい

【自分が働きかければ反応するスマホ、TVより興味がわきやすい】
 …自動的に動くTVより、自分がしたことで反応してくれる
  スマホやタブレットの方が夢中になりやすい。

【指先を動かすのは脳にも刺激があり中毒になる可能性もある】
 …脳に刺激があり脳には良い影響があるのですが、
  長時間使うことで、中毒を引き起こす可能性も含んでいます。

【長時間使用することで様々な悪影響が出る】
 …画面から出ているブルーライトによる視力低下。
 …「見たものをつかむ」という事ができないので発達に
  大きな影響が出る可能性がある。

【注意欠陥障害や自閉症を引き起こす可能性がある】
 …注意力がなくなったり、コミュニケーション能力の不足が原因で
  リスクが高まる可能性も。
  特に年齢が若い程にその傾向が強いようです。


スマホやタブレットの普及によって、子ども達の教育の一部にも使われるなど、
色んなシーンで使われるようになってきています。
お子さん1人でも簡単に操作が出来、自分が興味のあるものを見たり
聴いたり、遊んだりと、つい子守り代わりにしているご家庭も多いのでは?
しかし、お子さん任せにしてしまうと、視力はもちろん脳や身体、
コミュニケーション能力も低下させてしまう危険性もあるのです。

用い方によっては、発育や教育にプラスになるスマホ。
使用する時にはきちんとルールを設け、お子さんの健康を守ってあげて下さい。(ma)


近視・遠視・乱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。