FC2ブログ
目の保養
2018年11月27日 (火) | 編集 |
先日、散歩がてら大山まで紅葉を見に行ってきました!

今年は暑い日が長かったからか、色付きが遅いと聞いてましたが、

山の方は思った以上に色付いてました。

image1.jpeg

曇ってはいましたが、もみじの赤が綺麗で、ライトアップ前の時間に

行きましたが圧巻の風景でした。

まだまだ、見ごろの場所もあると思います。

勉強にゲームにタブレットばかりではなく、この季節ならではの

紅葉狩りに出かけてみるのもいいのではないでしょうか?

遠方を見るので目のリフレッシュ、保養にもなりますよ~ (な)



近視・遠視・乱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。


子供の事故
2018年11月13日 (火) | 編集 |
発売当初とても話題になった、「ジェルボール型洗剤」。

・手が汚れない
・計量しなくて良い
・詰め替えの祭、こぼす心配がない
・持ち運べて便利 (旅行やコインランドリー等)

第3の洗剤として普及されています。


しかし、その一方で様々な事故も発生しています。

事故報告では、「洗剤が子供の目に入った!」というものもあります。

カラフルで柔らかい形状は、子供の興味を引き付けます。
新しいおもちゃに見えてしまうのです。

特に乳幼児は、口に入れて物を確認する行動を行います。
その為、唾液やよだれにより、フィルムが破れてしまいます。

結果、洗剤が飛び出して、目に入ってしまうのです。


では事故が起こってしまったら、どうすればよいのでしょうか?

★すぐに水で10分以上洗う

★洗う際は勢いの強い水で洗わない
 (目の角膜が弱くなっている恐れがある為)

★まぶたなど目の周囲はぬれたタオルで拭き取る
 (強くこすらない)

その後、病院に。
洗剤の成分がわかるパッケージも持参しましょう。

子供の手の届かない場所で管理することが大切です。 (い)


近視・遠視・乱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。


スポーツと視力の関係
2018年11月06日 (火) | 編集 |
これまでは視力といえば、いわゆる視力検査で測る静止視力のことでしたが、それ以外の動体視力、瞬間視力、周辺視力などの「見る能力」が、最近、注目されるようになりました。ことに、スポーツにおいて、これらの重要さが改めて認識されています。
そこで今回はそれらがスポーツを行うにあたって、どのような働きをしているのかをご紹介しようと思います。


動体視力
走っている電車の中から、窓の外を流れ去って行く看板を読んだり、街頭や電車の中などで、電光掲示板の上を流れて行く文字を読むなど、動いているものを識別する能力を「動体視力」といいます。動体視力がものをいうスポーツとしては野球、サッカー、バレーボール、卓球、テニス、バドミントンなどの、いわゆるボールゲームに多いようです。


瞬間視力
ほんの短い時間見ただけで、複雑な状況などを知覚する能力は、瞬間視力と言います。これは多くの場合、周辺視力と一緒に働いており、敵と味方が狭いスペースに密集して戦うような競技、バスケットボールやラグビー、バレーボールなどには欠かせないものです。


周辺視力
ふつうみなさんが意識して「ものを見よう」とするとき、(目は目の光を感じる部分である)「網膜」の中心でものを見ています。これを「中心視力」といいます。
これに対して「周辺視力」とは、網膜の中心以外の、周りの部分を使って見る視力のことです。「周辺視力」は広範囲のものを視界に入れることができるので、周囲と自分の位置関係を把握するのに役立ち、瞬間視力と同様、バスケットボールやラグビー、バレーボールなどにおいて重要な視力となります。



動体視力や瞬間視力、周辺視力がスポーツを行う時に重要な事は勿論ですが、それらのベースとなっている静止視力を鍛えて上げていくことが何よりも重要な事なのです(I)

近視・遠視・乱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。