FC2ブログ
免疫力を高めるさといも 2
2019年03月26日 (火) | 編集 |
前回の 免疫力を高めるさといも 1 からの続きです。

漢方では、里芋は肝臓、腎臓を補益するといわれています。
あの独特なぬめりの中にはムチンという物質が含まれていて、
常食していれば肝臓や腎臓の弱りを助け、老化防止にもなります。

また、ムチンは、タンパク質の消化・吸収を高めて胃腸の働きを
活性させ、潰瘍の予防に役立ちます。

慢性腎炎には、薄切りにして鍋でこげるまで焼いたものを粉末にして、
1回に50g、1日3回服用するといいと言われています。

また、糖尿病には、煮たものを朝晩適量食べると効果的だとも
言われています。

里芋のムチンは唾液腺ホルモンの分泌を促進し消化を助けて、
便秘を解消させます。里芋を常食していれば、自然なお通じが
得られるようになります。

ムチンは里芋のぬめりの中にある物質ですから、調理する前に
洗い落としてしまっては、せっかくの効能も半減してしまいます。
料理の見栄えは多少劣るかもしれませんが、ぬめりをなるべく
生かした仕上がりをおすすめします。

皮をむいたらぬめりをそのままに、いきなり煮ていくと、調味料が
ぬめりに溶け込んで里芋を包んだ形に煮あがるので、味が全体に
からみ、口当たりも滑らかになります。

ぬめりを残したまま煮ると鍋の中にたくさん泡が浮いてきますが、
これを抑えるには、軽く炒めてから煮たり、味噌汁なら先に味噌を
半量溶き入れてから煮ていく方法もあります。

ただしこのぬめりは、のどの粘膜を刺激するため、せきやたんの出る人、
風邪でのどに炎症を起こしている人や、皮膚に化膿がある場合は少し
ひかえたほうが良いでしょう。

下痢をしている人は、乾燥した里芋の葉柄(ぞくにいうズイキ)を
煎じて飲めば、下痢止めに効きます。

煮物や汁の実、田楽、あえ物、揚げ物など、里芋ならではの
味わいを楽しみましょう。



(健康栄養効果効能 
免疫力を高める健康 食べ物・栄養食品
効果効能ナビ さといも)
を参考にさせていただきました。 (植)


近視・遠視・乱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。

眼鏡
2019年03月19日 (火) | 編集 |
クルマやバイクを運転するには一定以上の視力が必要になります。
普通自動車一種免許であれば、両眼で0.7以上、かつ、一眼でそれぞれ0.3以上
なければいけません。
大型免許や二種免許などであれば両眼で0.8以上、かつ、一眼がそれぞれ0.5以上。
原付と小型特殊であれば、両眼で0.5以上とされています。

 視力が足りない場合は、メガネやコンタクトレンズで視力矯正することで
運転をすることが可能になりますが、その場合、運転免許証に「眼鏡等」の条件が
記載され、クルマを運転する際にメガネなどで視力の矯正をすることが
義務付けられています。

近年ではレーシック手術などで視力が回復する人も多く、裸眼で十分に目が
見えているため「眼鏡等」の条件がついたままメガネやコンタクトレンズを
着用せずにクルマを運転している人もいるかもしれません。
しかし、運転免許証に「眼鏡等」の条件が残っている状態だと、例え視力が回復
していたとしても違反になってしまいます。

そうならないためには、必ず「眼鏡等」の条件解除を行なう必要がありますが、
実は「眼鏡等」の条件はいつでも消すことができるのです。
「眼鏡等」の解除は「眼鏡等条件解除審査」といい、免許の更新時であれば、
裸眼であることを伝えて視力検査をすることで、条件を解除することができます。
更新時以外の場合は、運転免許に記載されている住所地を管轄する
運転免許試験場、あるいは警察署で条件解除を行なうことができます。

免許証を持参し、申請用紙に必要事項を記載して検査を受けることで、
運転免許証の裏面に条件解除を記載してもらえます。
条件解除の手数料は無料です。

センターにも免許証の更新を目的に通われている方もいらっしゃいます。
もし回復したとしても、申請もなく視力を矯正していない状態で運転を
していた場合は免許の条件違反となり、違反点数2点と反則金7000円、
大型車などでは9000円の反則金が課せられますの忘れないようにしましょう!!

なお、角膜矯正用コンタクトレンズを使用して、一時的に視力を回復させている
状態での条件解除審査は受けることが出来ません!
(na)

compact_a10.png


近視・遠視・乱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。

花粉と目
2019年03月05日 (火) | 編集 |
花粉症の目のかゆみ。
目以外にも症状は現れますが、目は非常に症状の出やすい場所です。
それにはいくつかの理由が考えられます。

★結膜という部分は直接外界に接しており、花粉が入りやすいこと。

★入ってきた花粉の成分の中でも、体との反応を生じる抗原の蛋白質が、
涙液によって溶かされやすい性質だということ。

★結膜にはアレルギーの反応をひきおこす免疫細胞や血管がたくさんあり、
体から炎症を起こす細胞が入り込みやすいということ。


ただし、花粉が鼻から体に入り、全身のアレルギー反応の結果、目にも症状が出ることも少なくありません。


症状としては、目そのものがかゆく感じる場合。
または、まぶたやまぶたのふちなどの部分にかゆみが現れることもあります。

かけばかくほど症状は強くなってしまいます。
これはアレルギー反応の特徴ですので、適切な治療によってかゆみを止めることが必要です。

次に多いのはごろごろした感じ。
「異物感」というものです。

アレルギーの反応によってまぶたの裏側の結膜に粒状のもりあがりができます。
これがまばたきの際に黒目(角膜)と接触することによって生じる症状です。
小さなゴミが入ったように感じ、場合によっては黒目が傷つくこともあります。


この様な症状が出てきたら、自己判断にて市販点眼薬を安易に用いたりせず、
眼科専門医の適切な診療を受けて、正しい治療を行うことが重要です。(い)

近視・遠視・乱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。