FC2ブログ
眼鏡
2019年03月19日 (火) | 編集 |
クルマやバイクを運転するには一定以上の視力が必要になります。
普通自動車一種免許であれば、両眼で0.7以上、かつ、一眼でそれぞれ0.3以上
なければいけません。
大型免許や二種免許などであれば両眼で0.8以上、かつ、一眼がそれぞれ0.5以上。
原付と小型特殊であれば、両眼で0.5以上とされています。

 視力が足りない場合は、メガネやコンタクトレンズで視力矯正することで
運転をすることが可能になりますが、その場合、運転免許証に「眼鏡等」の条件が
記載され、クルマを運転する際にメガネなどで視力の矯正をすることが
義務付けられています。

近年ではレーシック手術などで視力が回復する人も多く、裸眼で十分に目が
見えているため「眼鏡等」の条件がついたままメガネやコンタクトレンズを
着用せずにクルマを運転している人もいるかもしれません。
しかし、運転免許証に「眼鏡等」の条件が残っている状態だと、例え視力が回復
していたとしても違反になってしまいます。

そうならないためには、必ず「眼鏡等」の条件解除を行なう必要がありますが、
実は「眼鏡等」の条件はいつでも消すことができるのです。
「眼鏡等」の解除は「眼鏡等条件解除審査」といい、免許の更新時であれば、
裸眼であることを伝えて視力検査をすることで、条件を解除することができます。
更新時以外の場合は、運転免許に記載されている住所地を管轄する
運転免許試験場、あるいは警察署で条件解除を行なうことができます。

免許証を持参し、申請用紙に必要事項を記載して検査を受けることで、
運転免許証の裏面に条件解除を記載してもらえます。
条件解除の手数料は無料です。

センターにも免許証の更新を目的に通われている方もいらっしゃいます。
もし回復したとしても、申請もなく視力を矯正していない状態で運転を
していた場合は免許の条件違反となり、違反点数2点と反則金7000円、
大型車などでは9000円の反則金が課せられますの忘れないようにしましょう!!

なお、角膜矯正用コンタクトレンズを使用して、一時的に視力を回復させている
状態での条件解除審査は受けることが出来ません!
(na)

compact_a10.png


近視・遠視・乱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。