FC2ブログ
不同視
2019年05月28日 (火) | 編集 |
不同視と言う目の状態をご存知でしょうか?ガチャ目と言われると分かる方もいらっしゃるかもしれません。
左右差が大きい目の状態の事を言います。基準としては視力として0.3以上の差がある場合、屈折度だと2ディオプトリー以上の差がある状態です。

人は皆、遠視の状態で生まれてきて、成長と共に眼球も成長し、それに伴い目を使う時間も増えることから近視に移行する方が多いです。
先天的なケースとしては、元々両眼とも強い遠視だったため、片方にそのまま強い遠視が残り、もう片方が成長に伴い軽い遠視となった場合があります。
後天的なケースとしては、左右とも正視の良い状態から近視に移行した時、その原因として姿勢が悪かったり、物を斜めに見るなどの癖が挙げられ、片方の目だけが著しく低下した場合があります。
特に良い方の目が生活に支障がない場合、左右差を自覚し始めた頃には弱い方の目がかなり低下している場合が多いのです。

私たちは右、左それぞれの目で見たものを脳で合致させ、物の距離感や立体感を捉えています。それが不同視の場合、左右で見え方が異なる為、物が二重に見えたりと大変疲れやすい目であり、ひどい場合には頭痛や吐き気、肩こりなど身体に支障が出てしまう事もあるのです。
また、メガネでの矯正も左右差が関係しているので最悪メガネでの矯正が出来なくなり、コンタクトレンズでしか矯正出来ない場合もあります。

最近、お子様の学校の視力検査があった方が多いと思います。もし、検査の結果で差があった方は勿論、学校の検査では左右差は特に指摘されなかった場合でも一度お子様に一つ対象物を見せて、片目を隠し左右の見え方に違いがないか確認してみてください。
視力低下の早期発見はとても大切ですが、左右差の発見にも同様の事が言えます。少しでも左右差に気付いた場合は見えるから大丈夫と高をくくらず、弱い方の目を少しでも見える目に鍛えてあげることが大切です。

何か気になることがあれば、ぜひセンターまでご相談ください。
※只今、学校の視力検査の影響等で初回見込みチェックが大変混み合っております。ご予約はお早めにお取りくださいませ。(か)

近視・遠視・乱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。