FC2ブログ
視力矯正を始めた理由
2019年06月04日 (火) | 編集 |
■ 視力矯正を始めた理由は「勉強」のため?

日常生活において視力はとても重要で、視力矯正を行う人は少なくありません。
「ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社 ビジョンケア カンパニー」では、視力矯正(眼鏡・コンタクトレンズの利用)をしている15~19歳の学生996名にアンケートを実施。
視力矯正と学生生活の変化について意識調査が行われました。

「視力矯正してよかったと思いますか?」という質問では、全体の95.3%が「とてもよかった・よかった」と回答。
視力矯正をはじめた理由については勉強(64.4%)、2位が部活/スポーツ(36.8%)という結果に。
3位以下の「ファッション」(17.7%)や「恋愛」(6.6%)に大差をつけています。

また「視力矯正したことで、学生生活上のパフォーマンスが上がったことはありますか」という設問でも、「勉強がはかどるようになった」(41.5%)、「部活/スポーツで力を発揮できるようになった」(32.9%)と回答。
視力矯正で学校生活の向上を実感している人が多いようです。

ただ、強すぎる眼鏡を常用することで近視が進行してしまうことがあります。視力の回復ができる目なのにすぐに眼鏡やコンタクトレンズを使用してしまうのは注意が必要です。
眼鏡について不明な点がありましたら、いつでもご相談ください。

眼鏡・コンタクトレンズは自分に合ったものを選んで、生活力の向上につなげてくださいね。
(レタスクラブニュースより)(o)

近視・遠視・乱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。