FC2ブログ
ドライアイ」での運転は危険? 安全運転には目の健康が大切!
2019年10月29日 (火) | 編集 |
クルマの運転は、周囲の状況判断や運転操作を同時におこなわなければ
なりません。
なかでも、視覚からの情報は大きな役割を担っています。
しかし、現代人の多くは、パソコンやスマートフォンなどの多用によって、
疲れ目やドライアイになりやすくなっています。
そんなドライアイ状態での運転にはどのような危険がともなっているのでしょうか。

ドライアイとは、涙の不足によって目の表面の健康が損なわれる状態で、
常に目が乾燥しているのが特徴です。
目に違和感があっても本人がドライアイと認識していないケースも多く、自分が
ドライアイの傾向にあるのか把握できていない人も多いとされています。

日本では、ドライアイ患者は年々増えており、その数は約2200万人と
いわれています。さらに、日常的に長時間パソコンの画面を見つめる
人であればその数は増加し、日本眼科医会によると、オフィスワーカーの
60%以上が、ドライアイもしくはドライアイの疑いがあるようです。
 
また、JAFのドライアイに関する実験によると、運転中はいかに
目に負担がかかっているかがわかります。

14637.jpg

[READ MORE...]