FC2ブログ
目の色、いろいろ
2019年11月12日 (火) | 編集 |
眼科の病気には、病名に色の名前が入っている病気がいくつかありますね

例えば白内障の『白』です
白内障は、カメラのレンズに相当する水晶体が濁り、視力が低下する病気のことです。
進行した白内障の眼を外から見ると、文字通り、瞳が白くなっているのです。

そして緑内障は『緑』ですね
緑内障は、眼圧(眼球の内部から外側に向けてかかる力)が高くなり、視神経が圧迫されて、視力が低下したり視野が狭くなる病気です。
眼圧が高くなるのは、眼球内の房水が過剰に溜まることが原因なのですが・・
この時、瞳の奥が青みかがって見えることがあります。

日本では、古くから目が見えなくなる病気のことを『そこひ』と呼んできました。

瞳が白く濁る白内障は、白そこひ。
緑内障は、青そこひ・・という具合です。

黒そこひ(黒内障)という病気もあります。

『瞳が黒く見えて、目が見えなくなってしまう病気』という意味ですが・・
瞳はもともと黒っぽいものなので、それをわざわざ病名にするのも、ちょっと変な話ですよね。

黒そこひは、白そこひ、青そこひに対して、外見上は全く異常がなく、原因がよく分からないまま視力が低下してしまったことを表現した病名と言えるでしょう。


現在では、眼の外見に問題がなくても検査によって、例えば網膜剥離や硝子体出血のように正確に診断されますので、黒そこひ、という言葉は使われなくなっています。

ところで・・目の色の話といって、皆さんが真っ先に、思いつくのは病気のことより、外国の人の青い瞳のことかもしれません。

瞳の色は、透明な角膜ごしに見える虹彩(カメラの『絞り』にあたります)表面の色素量で決まります。

虹彩表面の色素が豊富な人・人種ほど、瞳は濃い茶色になります。
逆に、色素量が少なければ薄い茶色になります。

白色人種の場合は虹彩表面には色素がなく、虹彩実質(虹彩そのもの)が透けて見えていて、虹彩内の色素の量によって、瞳が青く見えたり、灰色に見えたりするそうですよ。

人によって目の色も、状態も本当に様々ですね。

きちんと自分の目の健康を守っていきましょう!(I)

近視・遠視・乱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。