FC2ブログ
猫の目
2020年01月14日 (火) | 編集 |
みなさま こんにちは

やっとお正月気分も抜けて~

いつもの 通常モードへ心も体ももどりましたでしょうか?

私はまだお餅を食べています。

さて 今日は最近調べたなるほど~と感心したことがございまして・・・


皆さんは 目 と聞いて何を連想しますか?

私は 猫 です。(動物が好きで猫を飼っていたこともあり・・・)

猫の目って すごくはっきりと大きくなったり細くなったりします。

何故 あんなにも コロコロと表情がかわるのでしょう?

・・・それは・・・調べてみたところ・・・

猫の間は 人には無い特別な反射機関(タペタム)を持っているからだそうです。

それは目に入ってきた光を反射させて 人の約6倍 もの明るさで見ることが出来ます。

そのおかげで 猫は 夜中の暗闇でも 昼間と同じように なんの問題もなく

活動することが出来るそうです。  すごいですね~


今度 猫をみかけたら 思い出してみてみてください 私たちの6倍の目です。

少し違って 見えるかも しれませんね。
  【T】

猫



近視・遠視・乱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。




光害
2020年01月08日 (水) | 編集 |
光害と書いて「ひかりがい」と読みます。

夜間に人工的に照らされた地域が、世界で年に2%ずつ増えていることが
宇宙からの観測データでわかった。過剰な光による光害が健康や生態系に
悪影響を生じさせるおそれがあると警告した。

省エネ型の発光ダイオード(LED)が普及したものの、夜間の照明全体が
増えて、省エネ効果を相殺する「リバウンド効果」のおそれがあると指摘。

今回の研究ではスマートフォンなどから出る「ブルーライト」の波長は含めて
いないため、実際には光害がさらに大きい可能性もあるという。

光害は安眠や、星空観測への悪影響、ウミガメの産卵の妨げ、農作物の
成長遅れなどを起こす。国内では条例で深夜消灯や、遮光を進める自治体もある。(植)

tottori-hanakairo-illumination75a.jpg


近視・遠視・乱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。