FC2ブログ
インフルエンザが原因で‥
2020年01月21日 (火) | 編集 |
冬本番の寒さとなってきましたが、インフルエンザの予防接種は受けましたか?

アメリカでは今インフルエンザB型が流行しているそうです。
そのアメリカで4歳のお子さんがインフルエンザB型に感染し、重度のインフルエンザ脳症を起こし、一週間以上生死をさまよった後、奇跡的に意識を取り戻しましたが、目が覚めると視力を失っていたそうです。

この場合、目に異常があるわけではなく、インフルエンザ脳症で脳全体が腫れあがったことにより視力を司る部分も大きなダメージを受け、視力を失ってしまったと考えられます。今後の治療等により回復する可能性はありますが、元の視力に戻す事は難しいかもしれないですね。

このお子さんはインフルエンザの予防接種を今年は受けていなかったそうです。
予防接種を受けたからと言って全くかからない訳ではありませんが、万が一感染してしまった場合でも脳症や肺炎、脳炎などの重症化の予防に役立つと言われています。
また、接種後すぐに効果が出るわけではなく、4週でピークに達し、3~5カ月後から低下します。
その間、ウィルスが体内に侵入してくると免疫系が反応して抗体の量はまた増えるため、ワクチンの効果はもっと長く続く可能性もあります。
ですので、毎年流行する前にしっかり受けておくのが良いですね。まだの人も遅くはないので接種しましょう。(か)

近視・遠視・乱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。