FC2ブログ
犬も白内障に?
2017年04月18日 (火) | 編集 |
白内障の原因には、加齢、アトピー性皮膚炎、糖尿病、先天性白内障、外傷、薬の副作用、
その他の目の病気などさまざまありますが、ほとんどは加齢=老化によるもので「老人性白内障」
と呼ばれています。

年を取れば足腰が弱ってきたり、体力が落ちて風邪を引きやくすなったり、
身体機能が低下してきます。白内障も同じく年を取ることにより、
目の機能が老化して起きる病気です。

カメラのレンズと同じ役割をする「水晶体」が、加齢によりだんだんと濁ってきて、
物が見えにくくなったり、ダブって見えたりしていくのです。

ここ10数年で急速にパソコンが普及したことや、オゾン層の破壊による有害紫外線などにより、
最近では早い人で30歳代後半から発症したり、白内障の若年化が目立ってきています。

一般的に白内障になる年齢の確率は、60歳代で70%、70歳代で90%と言われ、
80歳以上になるとほとんど100%の人が白内障になります。

そして犬も、人間と同様に白内障を発症します。

人の場合は日帰り手術で眼内レンズを受けられ、よりクリアな世界を手に入れることができますが、
ペットの場合は、老齢性の場合、「もう年だから仕方ない」で済まされることが多くみられます。

ですが、若年性の場合、現在では人と同様な白内障手術が可能となっているようです。

ここで、関連記事を紹介します。

<「動物用コンタクト」で市場をけん引する、ドイツの女性社長>
2009年07月18日 11:32 発信地:ヘニングスドルフ/ドイツ
【7月18日 AFP】ライオン、キリン、トラ、ウサギ、クマ、サイ、フクロウなどの動物は、白内障
で視力を失うことがある。これらの動物たちを失明から救っているのは、ドイツ東部の小さな会社
がつくるカスタムメードの「コンタクトレンズ」だ。
 完全に視力を失った動物の眼球内にアクリル製のレンズを埋め込むというもので、ネコからサイ
まで、大きさや種を問わず、多様な動物に適用できる。
 手術は難しく、獣医には特別な訓練が必要だ。しかし、この技術がドイツの化学者で女性実業家
のクリスティーネ・クライナー(Christine Kreiner)氏(64)が立ち上げた小さな会社「S & V
Technologies」をこの分野で世界市場をけん引するまでに飛躍させた。
「人間の場合と異なり、動物にとって白内障は失明を意味する」と同社獣医部門の責任者インゲボ
ルク・フロムベルク(Ingeborg Fromberg)氏は語る。
 2008年の創業以来、米国、オーストラリア、ルーマニアなど世界各地の動物園から要請を受け、
視力低下で芸ができなくなってしまったアシカ、全盲のカンガルーやライオンなどを救ってきた。
 動物が視力を失えば芸を仕込むために費やした投資が無駄になることもある。手術や術後のケア
にかかる費用は数千ユーロ(数十万円)と高額だが、視力を失った動物やそのオーナーにとっては
それだけの価値があることが多い。
http://www.afpbb.com/article/environment-science-it/science-technology/2622160/4365409
(AFPBBニュースより引用いたしました)

技術もかなり進歩したんですね。

inuchan.jpg

近視・遠視・乱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。





トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック