おくらのレシピ
2017年07月18日 (火) | 編集 |
a74eef63beffaabee329758a275a83b8_t.jpg


オクラは南国の野菜なので、日本での露地栽培物が収穫できるのは暑い夏の時期、6月から8月の夏季で、その頃が旬の時期と言えます。栄養価の高い夏野菜ですのでしっかり食べていきましょう。

●オクラのぬめりが体にいい

オクラ
 オクラに含まれるぬめりの成分はガラクタン、アラバン、ペクチン、といった食物繊維で、ペクチンは整腸作用を促しコレストロールを排出する作用や便秘を防ぎ大腸ガンを予防する効果があると言われています。
●オクラは緑黄色野菜βカロティンも豊富

 オクラにはβカロテンがレタスのおよそ3倍以上も含まれているようです。抗発ガン作用や免疫賦活作用で知られていますが、その他にも体内でビタミンAに変換され、髪の健康維持や、視力維持、粘膜や皮膚の健康維持、そして、喉や肺など呼吸器系統を守る働きがあるといわれています。
オクラのごま和え
3bc4628dca31c1bcf2bc9055fb51222d_t.jpg


■材料■
オクラ2パック(20本程度)
すりごま 大さじ4~
めんつゆ(2倍濃縮) 大さじ1、5
■作り方■
①ごまを入れ、めんつゆと合わせておく。
②湯がわいたら、塩少々入れて、オクラをゆでる。1分以内でOKです。
オクラをざるにあげ、水をよく切ったら、熱いまま①に合わせる。
(小)
近視・遠視・乱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック