新人育成
2017年09月19日 (火) | 編集 |
日々の業務に加え、新人育成にも力を入れています。
今日も何か参考になるものはないかと探していたら、
ありました。

Best Performance Laboratory というサイトに



あなたの部下が、
自分の感覚
自分の経験
などで物事を判断する傾向が強いのであれば『内的判断重視』であり、
基本的に自分で決定したいと思っています。

そのため、内的判断重視の部下は、周りからの情報や意見を受け入れるのが
苦手で、自分で「いいな」と思ったモノを否定されると、否定してきた相手を疑問視
する傾向があるので注意が必要です。

つまり、、、

自分の中に答えを持っている人
それが『内的判断重視』ということです。



一方、あなたの部下が、
客観的な情報や数値
相手の意見
などで物事を判断する傾向が強いのであれば『外的判断重視』であり、
基本的に自分以外の情報や意見を尊重した上で決定したいと思っています。

そのため、外的判断重視の部下は、他者の意見や指示を欲しがり、
周りの人の反応を敏感に確認する特徴があるでしょう。

よって、、、

自分の中に答えを持っていない人
それが「外的判断重視」ということになります。



色々なタイプの人に合わせた育成方法。勉強になります。
一辺倒の教え方にならないよう気を付けないといけませんね。(植)



近視・遠視・乱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。


トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック