FC2ブログ
目線の向き
2017年12月12日 (火) | 編集 |
皆さんは人と話している時、目を見て話していますか?
その時、相手の目線が動いたりしますよね。

目の向きは、心理状態や考えている事の表れ。
今回は目の動きと心理状態についてのお話です。

目が上を向いている時
人間の目は、過去のことを思い出す時は左上に向きます。
また、今まで見たことのないことを想像する場合には右上を向くといわれています。

ただし、これは右利きの人の場合です。
左利きの人だと逆になるケースがあるとのことです。

目が横を向いている時
【左】
聴覚的に形成されたイメージを指します 。
「脳内でとても高い音程を作ってください」と言われた時に、
聞いたこともない音を聴覚的に形成しながら目はこの方向を向きます。

【右】
聴覚的に記憶されたイメージを指します。
「母親の声がどんな声だったか思い出してください」と言われた時に、
耳で覚えている音を考えながら目はこの方向を向きます。

目が下を向いている時
【左下】
嗅覚・味覚・感覚を指します。
「キャンプファイアーの匂いを思い出してください」と言われた時に、
その匂いや味などの感覚を思い出すときに目はこの方向を向きます。

【右下】
内在的な言葉を指します。
いわゆる独り言のことで、これをしているときに目はこの方向を向きます。

いかがでしたか。
目線は無意識に動いてしまいます。
今度、会話をする際に目の動きを意識してみて下さい。
相手の心理がわかって面白いですよ! (い)

近視・遠視・乱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。



トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック