バイトレットライト
2018年01月12日 (金) | 編集 |
taiyou_156474890_201801121204124a5.jpg



皆さん、近視を抑制するバイオレットライトはご存知ですか

2016年12月、慶應義塾大学医学部の研究チームは、太陽光に含まれる「バイオレットライト」が

近視の進行をおさえる可能性があることを世界で初めて発表しました

バイオレットライトとは紫外線の手前にあたる波長360〜400nmの紫色の光を言います

太陽光には豊富に含まれていますが、屋内で使われる蛍光灯やLEDライトにはほとんど含まれていません

バイオレットライトは近視の進行を抑制すると考えられている遺伝子

「EGR1」を活性化されることがわかりました

バイオレットライトが目に入るとEGR1が活性され近視が抑制する

(近視で眼球が伸びていく率を減らす)とされています

バイオレットライトの有効にとり入れるには、

出来るだけ午前中に外に出ましょう(夕方はバイオレットライトが減ってしまう)

1日2時間くらいが目安です。(曇りでもOK!)

外へ出られない時は部屋の窓を開けましょう(窓ガラスがUVカットの場合もある為)

特に近視がの進行が早いお子様は外あそびやスポーツ等も良いでしょう

もちろん、太陽光は紫外線も含まれますので浴び過ぎや直視するのは

止めましょう

まだ寒い日が続きますが出来るだけたくさん外に出る意識を持って

過ごしてみてはいかがでしょうか(三)

近視・遠視・乱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。










トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック