旬な野菜 菜の花レシピ
2018年02月27日 (火) | 編集 |
◆旬の野菜菜の花について◆

菜の花は、ヨーロッパ原産のアブラナ科アブラナ属の二年草。食用にする菜の花の葉やつぼみのことを菜葉(なばな)ともいいます。味はほろ苦く、独特の香りがあります。なばなは、花蕾(からい)を食用とする「和種なばな」と、茎葉を食用とする「洋種なばな」があります。また、種子からは菜種油(なたねあぶら)がとれます。
pr00022.jpg

成分としては、ビタミンA(βカロテン)、ビタミンB群(ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、葉酸、ナイアシン、パントテン酸)、ビタミンC、ビタミンE、ビタミンK、ナトリウム、カリウム、マグネシウム、カルシウム、マンガン、リン、鉄、亜鉛、食物繊維などを含む。

菜の花は、栄養素のバランスが非常に良く、抗酸化作用のあるビタミンA(βカロテン)、ビタミンC、ビタミンEを豊富に含み、特にビタミンCはホウレンソウの4倍近く含まれます。これらの相乗効果により、老化や病気の原因となる活性酸素の発生を抑える作用、免疫力の向上、老化防止、美肌効果などが見込めます。

◆菜の花とホタテのスパゲティ◆
3f44b1577d41e922b4e42ee86b3c0e85.jpg

材料 (3人分)
スパゲティ2束
菜の花6本
ベーコン4枚
スナックエンドウ10本
にんにく 1かけら
ホタテ(むき身の冷凍)5個
イクラ適量
オリーブオイル 大さじ4杯
塩少々

1.フライパンに刻んだにんにくを入れ、香りが出てきたらベーコンを炒めて、4当分に切ったホタテ、スナックエンドウを入れる。
2.軽く下茹でした菜の花を入れて、全体に塩をかけて、炒める。
3.茹でたスパゲティを2に入れて、オリーブオイルがなじむまで炒め、お皿に盛りつけ、上にイクラをのせる。
(小)

近視・遠視・乱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック