アントシアニンとルテイン
2018年06月08日 (金) | 編集 |
先日、会員の方からブルーベリー(アントシアニン)と
ルテインの違いは何か?とご質問を受けました。
今までも何度か質問がありましたので
今回は2つの効果の違いをお話し致します。


まず、ブルーベリー(アントシアニン)は網膜にある
ロドプシン(光を感知して脳に伝達する色素)の再合成を助ける働きが
あります。ロドプシンが活性すると、視野が広がることや物が
いつもよりクリアに見えるため、
物を長い時間見なくて済む=疲れが残らない
=近視の進行抑制に効果が高いということです。

ルテインも目にとってかなり良いものです。
ルテインはカルテノイド色素のうちの一つで、
抗酸化作用が大きく、特に活性酸素の害を受けやすい
紫外線から目を守ってくれます=白内障・緑内障
加齢黄班変性などの眼病予防に効果が高いと言えます。


それぞれ、目には良いものですので
目の状態に合わせて摂取されることをお勧め致します。(ma)


近視・遠視・乱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。






トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック