FC2ブログ
思い出
2009年04月15日 (水) | 編集 |
まだ私が、小学校低学年に頃の話です。

母方の実家に帰省していた時、よく祖父と家の向かいの川にコイを見に行っていた思い出が
あります。口下手な祖父でしたが一緒に川でコイを見ているだけで心が通い合い、とても暖かい
気持ちになったことを今でも鮮明に思い出されます。



皆さんも素敵な思い出がたくさんあることでしょう


桜の花が舞う中の入学式…夏の太陽が眩しい中、真っ黒に日焼けして泳いだこと…
おにぎりを口いっぱいに頬張った遠足…



これから先、様々な人との素敵な思い出を記憶の中に残してくれるのも自分自身の目なのです。
私が小学生の頃、もし視力が低下していれば、思い出もこんなに鮮明ではなかったと思います。



目を健康に保つという事はとても大切なことです。

毎日、悪い習慣を積み重ねていき放ってけば、間違いなく急激な視力低下につながります。
低下を防ぐために、日頃から疲れを残さない様な習慣を身に付け、目を大事にしてあげましょう。
そして、鮮明な情景で幸せいっぱいの思い出をたくさん残していきましょう。(福)



近視・遠視・弱視でお悩みの方、東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック